Get access

Surgery for degenerative lumbar spondylosis

  • Review
  • Intervention

Authors


Abstract

Background

Surgical investigations and interventions account for large health care utilisation and costs, but the scientific evidence for most procedures is still limited.

Objectives

Degenerative conditions affecting the lumbar spine are variously described as lumbar spondylosis or degenerative disc disease (which we regarded as one entity) and may be associated with back pain and associated leg symptoms, instability, spinal stenosis and/or degenerative spondylolisthesis. The objective of this review was to assess current scientific evidence on the effectiveness of surgical interventions for degenerative lumbar spondylosis.

Search methods

We searched CENTRAL, MEDLINE, PubMed, Spine and ISSLS abstracts, with citation tracking from the retrieved articles. We also corresponded with experts. All data found up to 31 March 2005 are included.

Selection criteria

Randomised (RCTs) or quasi-randomised trials of surgical treatment of lumbar spondylosis.

Data collection and analysis

Two authors assessed trial quality and extracted data from published papers. Additional information was sought from the authors if necessary.

Main results

Thirty-one published RCTs of all forms of surgical treatment for degenerative lumbar spondylosis were identified. The trials varied in quality: only the more recent trials used appropriate methods of randomization, blinding and independent assessment of outcome. Most of the earlier published results were of technical surgical outcomes with some crude ratings of clinical outcome. More of the recent trials also reported patient-centered outcomes of pain or disability, but there is still very little information on occupational outcomes. There was a particular lack of long term outcomes beyond two to three years. Seven heterogeneous trials on spondylolisthesis, spinal stenosis and nerve compression permitted limited conclusions. Two new trials on the effectiveness of fusion showed conflicting results. One showed that fusion gave better clinical outcomes than conventional physiotherapy, while the other showed that fusion was no better than a modern exercise and rehabilitation programme. Eight trials showed that instrumented fusion produced a higher fusion rate (though that needs to be qualified by the difficulty of assessing fusion in the presence of metal-work), but any improvement in clinical outcomes is probably marginal, while there is other evidence that it may be associated with higher complication rates. Three trials with conflicting results did not permit any conclusions about the relative effectiveness of anterior, posterior or circumferential fusion. Preliminary results of two small trials of intra-discal electrotherapy showed conflicting results. Preliminary data from three trials of disc arthroplasty did not permit any firm conclusions.

Authors' conclusions

Limited evidence is now available to support some aspects of surgical practice. Surgeons should be encouraged to perform further RCTs in this field.

摘要

背景

手術治療退化性腰椎病變

手術介入性治療佔有大量醫療保健的使用和成本,但多數手術的科學證據仍然是有限的。

目標

影響腰椎的不同退化程度被描述為退化性腰椎病變或退化性椎間盤疾病(我們視為同一個範疇)可能有相關的背部和腿疼痛症狀及相關的脊椎不穩定,椎管狹窄和(或)退化性脊椎滑脫等現象。這個文獻回顧的目的是以科學證據的方式評估外科手術治療退化行性腰椎病變的效果。

搜尋策略

我們搜尋了 CENTRAL, MEDLINE, PubMed, Spine和ISSLS的摘要與檢索引文。我們也與專家討論。2005年3月31日之前發現的所有數據均包含在內。

選擇標準

手術治療退化性腰椎病變的隨機(隨機對照試驗)或準隨機試驗。

資料收集與分析

兩位作者從發表的論文中評估實驗的品質和收集數據,必要時從作者取得附加的資料。

主要結論

從各種手術方式治療退化性腰椎變病的研究中,確認31個已發表的隨機對照試驗,這些試驗有不同的研究品質:只有較近期的試驗使用適當的方法隨機取樣,盲測和獨立評估結果,大部份早期發表的結論是臨床手術技術的粗略評分結果。比較多近期的試驗發表以病人為中心的疼痛或失能結果,但仍很少有資料關於職業結果,特別是缺乏兩至三年以上的長期結果。7個關於脊椎滑脫,椎管狹窄及神經壓迫的多樣性研究允許有限的結論。2篇新的關於融合效果的試驗顯示衝突的結果,其中1篇顯示脊椎融合比傳統物理治療產生更好的臨床結果,另1篇顯示脊椎融合未必優於現代運動和復健療程。8個試驗顯示器械輔助的脊椎融合產生較高的融合率(儘管因金屬的存在而難以評估融合的程度),但對於任何臨床結果的改善可能是微不足道,反而有其他證據顯示器械輔助融合可能與較高的併發症有關。3個結論相互矛盾的試驗不允許定論任何關於前,後或環狀融合的相對效果。2個研究椎間盤內電療的小試驗,初步結果顯示衝突的結果。從3個椎間盤置換術的研究得到的初步數據不允許任何確定的結論。

作者結論

目前支持某些手術行為的證據有限,在這一領域應鼓勵外科醫生進行進一步的隨機對照研究。

翻譯人

本摘要由林口長庚醫院賴伯亮翻譯。

此翻譯計畫由臺灣國家衛生研究院(National Health Research Institutes, Taiwan)統籌。

總結

腰椎退化被稱為退化性腰椎病變或退化性椎間盤疾病,並可能導致脊椎狹窄(椎管縮小),椎體不穩定和(或)脊柱排列不齊,可能與背部疼痛和(或)腿部症狀有關。這個文獻回顧探討現有關於脊椎減壓(擴大椎管或椎板切除術),神經根減壓(一個或多個神經)和相鄰椎體融合的證據。現有相當證據顯示,內固定器可提高脊椎融合率,但任何臨床結果的改善可能微不足道。椎間盤內電療(IDET)的效果尚未證實。椎間盤置換術只有初步結果,就這一主題目前是不可能得出任何結論。

アブストラクト

腰部脊椎変性疾患に対する手術

背景

外科的な検討と介入は医療の利用とコストの大きな部分を占めているが、ほとんどの処置に対する科学的エビデンスは依然として限られている。

目的

腰椎を冒す変性疾患は腰部脊椎症または椎間板変性疾患としてさまざまに記載されており(我々はそれらをひとつのものとみなす)、背部痛とそれに伴う脚症状、不安定、脊椎狭窄および/または退行性脊椎すべり症を伴う場合もある。本レビューは、腰部脊椎変性疾患に対する外科的介入の有効性に関する現時点の科学的エビデンスを評価することを目的とした。

検索戦略

CENTRAL、MEDLINE、PubMed、Spin abstractsおよびISSLS abstractsを検索し、検索した論文から引用文献を追跡した。専門家にも連絡をとった。2005年3月31日までに見い出されたすべてのデータを、本レビューに含める。

選択基準

腰部脊椎症の外科的治療のランダム化試験(RCT)または準ランダム化試験。

データ収集と分析

2名の著者が試験の質を評価し、発表論文からデータを抽出した。必要であればその後追加された情報を著者から求めた。

主な結果

腰部脊椎変性疾患のあらゆる形態の外科的治療について、発表されている31件のRCTを同定した。試験の質にはばらつきがあり、適切なランダム化、盲験化およびアウトカムの独立評価の方法を用いていたのは、ごく最近の試験のみであった。早期に発表された結果のほとんどは技術的な手術のアウトカムで、臨床アウトカムの評価は不十分であった。最近の試験でも多くが患者中心の疼痛または障害のアウトカムを報告していたが、職業別のアウトカムに関する情報は依然として非常に少ない。2年または3年を超える長期的アウトカムが特に不足している。脊椎すべり症、脊椎狭窄および神経圧迫に関する7件のそれぞれの試験は、限定的な結論を下すことが可能であった。固定術の有効性に関する新しい2つの試験は、矛盾する結果を示した。ひとつは固定術で従来の理学療法よりもすぐれた臨床アウトカムが得られることを示したが、もう一方では固定術は当今の運動やリハビリテーションプログラムと同等であることが示された。8件の試験はインスツルメンテーションを用いた固定は高い固定率を生じることを示したが(金属材料の存在下で固定術を評価する難しさによって修正する必要があったとはいえ)、臨床アウトカムの改善はおそらく十分とはいえないが、一方では高い合併症の発現率を伴う可能性があるとするエビデンスがある。結果が矛盾する3件の試験は、前部、後部または周囲固定術の相対的有効性についての結論を導くことはできなかった。椎間板内電気療法の2件の小規模試験の予備結果は矛盾していた。椎間関節形成の3件の試験からの予備データは、確定的な結論へと至らなかった。

著者の結論

現在、何らかの手術治療を支持するエビデンスは限られている。外科医にこの分野でのRCTをさらに実施するよう促すべきである。

訳注

監  訳: 2006.6.23

実施組織: 厚生労働省委託事業によりMindsが実施した。

ご注意 : この日本語訳は、臨床医、疫学研究者などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、Minds事務局までご連絡ください。Mindsでは最新版の日本語訳を掲載するよう努めておりますが、編集作業に伴うタイム・ラグが生じている場合もあります。ご利用に際しては、最新版(英語版)の内容をご確認ください。

Plain language summary

Surgery for degenerative lumbar spondylosis

Degeneration of the lumbar spine is described as lumbar spondylosis or degenerative disc disease and may lead to spinal stenosis (narrowing of the spinal canal), vertebral instability and/or malalignment, which may be associated with back pain and/or leg symptoms. This review considers the available evidence on the procedures of spinal decompression (widening the spinal canal or laminectomy), nerve root decompression (of one or more individual nerves) and fusion of adjacent vertebrae. There is moderate evidence that instrumentation can increase the fusion rate, but any improvement in clinical outcomes is probably marginal. The effectiveness of intra-discal electrotherapy (IDET) remains unproven. Only preliminary results are available on disc replacement and it is not possible to draw any conclusions on this subject.

Ancillary