Get access

Protein restriction for diabetic renal disease

  • Review
  • Intervention

Authors


Abstract

Background

Diabetic renal disease (diabetic nephropathy) is a leading cause of end-stage renal failure. Once the process has started, it cannot be reversed by glycaemic control, but progression might be slowed by control of blood pressure and protein restriction.

Objectives

To assess the effects of dietary protein restriction on the progression of diabetic nephropathy in patients with diabetes.

Search methods

We searched The Cochrane Library, MEDLINE, EMBASE, ISI Proceedings, Science Citation Index Expanded and bibliographies of included studies.

Selection criteria

Randomised controlled trials (RCTs) and before and after studies of the effects of a modified or restricted protein diet on diabetic renal function in people with type 1 or type 2 diabetes following diet for at least four months were considered.

Data collection and analysis

Two reviewers performed data extraction and evaluation of quality independently. Pooling of results was done by means of random-effects model.

Main results

Twelve studies were included, nine RCTs and three before and after studies. Only one study explored all-cause mortality and end-stage renal disease (ESRD) as endpoints. The relative risk (RR) of ESRD or death was 0.23 (95% confidence interval (CI) 0.07 to 0.72) for patients assigned to a low protein diet (LPD). Pooling of the seven RCTs in patients with type 1 diabetes resulted in a non-significant reduction in the decline of glomerular filtration rate (GFR) of 0.1 ml/min/month (95% CI -0.1 to 0.3) in the LPD group. For type 2 diabetes, one trial showed a small insignificant improvement in the rate of decline of GFR in the protein-restricted group and a second found a similar decline in both the intervention and control groups. Actual protein intake in the intervention groups ranged from 0.7 to 1.1 g/kg/day. One study noted malnutrition in the LPD group. We found no data on the effects of LPDs on health-related quality of life and costs.

Authors' conclusions

The results show that reducing protein intake appears to slightly slow progression to renal failure but not statistically significantly so. However, questions concerning the level of protein intake and compliance remain. Further longer-term research on large representative groups of patients with both type 1 and type 2 diabetes mellitus is necessary. Because of the variability amongst patients, there might perhaps be a six month therapeutic trial of protein restriction in all individuals, with continuation only in those who responded best. Trials are required of different types of protein.

摘要

對糖尿病腎病變的限制蛋白質攝取

研究背景

糖尿病腎病變是末期腎衰竭的主要原因之一。一旦這個病程開始,就無法通過對血糖的控制來逆轉,但是控制血壓及限制蛋白質之攝取可能可以減緩它的惡化。

研究目的

評估限制蛋白質攝取對糖尿病腎病變惡化的效果。

检索策略

我們搜尋考科藍圖書館, MEDLINE, EMBASE, ISI Proceedings, Science Citation Index Expanded 以及其所包含的研究的參考文獻。

标准/纳入排除标准

調整或限制蛋白質攝取在第1或第2型糖尿病患者遵循飲食限制四個月以上以分析對糖尿病腎功能影響的隨機對照試驗與介入前後研究才被納入考慮。

数据收集与分析

兩個檢閱人獨立地進行資料抽取及品質評估。結果之整合是利用隨機效應模型來作。

主要结果

十二個研究被納入,包括九個隨機對照試驗及三個介入前後研究分析。只有一個研究是以探討所有原因之總死亡率及末期腎病變為試驗之終點。接受低蛋白飲食的患者其末期腎病變或死亡之相對危險性是0.23(95%信賴區間為0.07∼0.72)。整合七個對第1型糖尿病患者的隨機對照試驗結果,發現低蛋白質飲食的那組其腎絲球過濾率之減少不明顯,下降率為每個月每分鐘0.1毫升(95%信賴區間為−0.1∼0.3)。在第2型糖尿病患者,有一個試驗顯示低蛋白質飲食組的腎絲球過濾率的下降有不顯著的些微改善,另外一個試驗則顯示介入組與對照組的下降率相同。介入組實際的蛋白質攝取量介於每天每公斤體重0.7到1.1公克。有一個試驗顯示低蛋白質飲食組有營養不良的情況。我們發現沒有關於低蛋白飲食組影響健康相關的生活品質與花費的數據。

作者结论

這個結果顯示減少蛋白質攝取可以稍為減緩腎衰竭的惡化,但沒有達到統計上的顯著意義。然而,對於蛋白質攝取的程度及順從性的疑問仍然存在。因此對較大規模且有代表性的第1型及第2型糖尿病患者進行較長時間的進一步研究是需要的。由於病人之間的差異性,也許在六個月低蛋白質飲食試驗的所有病人中,只有那些反應良好的有持續執行。對於不同類型蛋白質的研究也是需要的。

アブストラクト

糖尿病性腎疾患に対する蛋白摂取制限

背景

糖尿病性腎疾患(糖尿病性腎症)は、末期腎不全の主な原因である。この過程がいったん始まると、血糖コントロールでは回復できないが、血圧コントロールと蛋白摂取制限によって進行が遅くなるようである。

目的

糖尿病患者の糖尿病性腎症の進行に対する食品蛋白摂取制限の効果を評価する。

検索戦略

コクラン・ライブラリ、MEDLINE、EMBASE、ISI Proceedings、Science Citation Index Expandedおよび選択した研究の参考文献を検索した。

選択基準

最低4ヵ月間の食事療法を行った後の1型または2型糖尿病患者を対象に、蛋白調整食または蛋白制限食の糖尿病性腎機能に対する効果のランダム化比較試験(RCT)および前後比較研究を検討した。

データ収集と分析

2名のレビューアが独自にデータを抽出し、質を評価した。ランダム効果モデルを用いて結果を統合した。

主な結果

12件の研究が含まれ、そのうち9件がRCT、3件は前後比較研究であった。1件の研究のみでエンドポイントとして全死亡率と末期腎疾患(ESRD)が検討されていた。低蛋白食(LPD)に割り付けられた患者のESRDまたは死亡の相対リスク(RR)は0.23であった(95%信頼区間(CI)0.07~0.72)。1型糖尿病患者を対象とした7件のRCTを統合した結果、LPD群での糸球体濾過量(GFR)の低下は0.1ml/min/monthであり、有意な減少ではなかった(95%CI-0.1~0.3)。2型糖尿病について、1件の試験の蛋白制限群でGFR低下率に有意ではない改善が多少認められており、2件目の試験では介入群および対照群とも同様の低下が認められた。介入群の実際の蛋白摂取量は0.7~1.1g/kg/dayであった。1件の研究でLPD群に栄養失調症を認めた。健康関連QOL(生活の質)および費用に及ぼすLPD効果に関するデータは見いだせなかった。

著者の結論

結果から、蛋白摂取の減少により腎不全の進行速度が若干遅くなると考えられるが、統計学的には有意でなかった。しかし、蛋白摂取量およびコンプライアンスに関する疑問が残る。大規模な代表的な1型または2型糖尿病患者群を対象とした長期間のさらなる研究が必要である。患者間のばらつきのため、最も良好に反応した患者のみを継続した全患者での蛋白摂取制限の6ヵ月間の治療的試験がおそらくあったと思われる。様々な種類の蛋白についての試験が必要である。

訳注

監  訳: 曽根 正好,2008.1.11

実施組織: 厚生労働省委託事業によりMindsが実施した。

ご注意 : この日本語訳は、臨床医、疫学研究者などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、Minds事務局までご連絡ください。Mindsでは最新版の日本語訳を掲載するよう努めておりますが、編集作業に伴うタイム・ラグが生じている場合もあります。ご利用に際しては、最新版(英語版)の内容をご確認ください。

Plain language summary

Protein restriction for diabetic renal disease

Based on 12 studies, including from eight to 160 people with type 1 and type 2 diabetes for at least an average four-month period, restricted protein intake appeared to slow progression of diabetic kidney disease, but not by much on average. However, individual variation existed, therefore a low-protein diet may benefit some individuals. A low-protein diet can be difficult to adhere to, especially over the long term. Reducing the amount of animal protein is the usual method but some evidence suggests that a shift from red meat to white meat and fish or vegetables may give similar results. We found no data on the effects of low-protein diet on health-related quality of life and costs.

概要

限制蛋白質攝取對糖尿病腎病變的效果仍不清楚。根據十二個研究,包括8到160個第1或第2型糖尿病病患,平均觀察四個月以上,結果顯示限制蛋白質的攝取減緩了糖尿病腎病變的惡化速度,但差別並沒有非常顯著,然而個別病人的差異依舊存在,因此低蛋白飲食對部分病人可能是有幫助的。長期維持低蛋白飲食並不容易,減少動物性蛋白是常見的方法,但是部分證據顯示,減少紅肉的攝取,改成攝取白肉,魚肉,或是蔬菜或許可以達到類似的效果.我們目前並沒有證據證明低蛋白飲食和健康相關的生活品質及費用之間的關係.

翻译注解

Ancillary