Get access

Retention procedures for stabilising tooth position after treatment with orthodontic braces

  • Review
  • Intervention

Authors


Abstract

Background

Retention is the phase of orthodontic treatment that attempts to keep teeth in the corrected positions after treatment with orthodontic (dental) braces. Without a phase of retention there is a tendency for the teeth to return to their initial position (relapse). To prevent relapse almost every patient who has orthodontic treatment will require some type of retention.

Objectives

To evaluate the effectiveness of different retention strategies used to stabilise tooth position after orthodontic braces.

Search methods

The Cochrane Oral Health Group's Trials Register, CENTRAL, MEDLINE and EMBASE were searched. Handsearching of orthodontic journals was undertaken in keeping with the Cochrane Oral Health Group search programme. No language restrictions were applied. Authors of randomised controlled trials (RCTs) were identified and contacted to identify unpublished trials. Most recent search: May 2005.

Selection criteria

RCTs on children and adults, who have had retainers fitted or adjunctive procedures undertaken, following orthodontic treatment with braces to prevent relapse. The outcomes were: how well the teeth were stabilised, survival of retainers, adverse effects on oral health and quality of life.

Data collection and analysis

Screening of eligible studies, assessment of the methodological quality of the trials and data extraction were conducted in duplicate and independently by two review authors. As no two studies compared the same retention strategies (interventions) it was not possible to combine the results of any studies.

Main results

Five trials satisfied the inclusion criteria. These trials all compared different interventions: circumferential supracrestal fiberotomy (CSF) combined with full-time removable retainer versus a full-time removable retainer alone; CSF combined with a nights-only removable retainer versus a nights-only removable retainer alone; removable Hawley retainer versus a clear overlay retainer; multistrand wire retainer versus a ribbon-reinforced resin bonded retainer; and three types of fixed retainers versus a removable retainer. There was weak unreliable evidence, based on data from one trial, that there was a statistically significant increase in stability in both the mandibular (lower) (P < 0.001) and maxillary (upper) anterior segments (P < 0.001) when the CSF was used, compared with when it was not used. There was also weak, unreliable evidence that teeth settle quicker with a Hawley retainer than with a clear overlay retainer after 3 months. The quality of the trial reports was generally poor.

Authors' conclusions

There are insufficient research data on which to base our clinical practice on retention at present. There is an urgent need for high quality randomised controlled trials in this crucial area of orthodontic practice.

摘要

背景

矯正治療後穩定牙齒位置的固位方式

固位(Retention)在矯正治療裡,是在以矯正托架(orthodontic braces)治療後,企圖去維持牙齒在目前的位置上的一個階段。若是沒有固位期,牙齒會傾向於復發(relapse)回去最一開始的位置。為了避免復發,幾乎每位接受矯正治療的病人,都需要一些固位裝置。

目標

此篇文章是在評估,在矯正治療後用來穩定牙齒位置的不同固位策略的成效。

搜尋策略

搜尋包括The Cochrane Oral Health Group's (OHG) Trials Register, CENTRAL, MEDLINE and EMBASE。利用Cochrane OHG search programme,手動搜尋矯正期刊。沒有語言限制。找出並連絡隨機對照試驗(RCT)的作者,確認是否有未發表的試驗。最近的搜尋是2005年5月。

選擇標準

針對孩童和成人的隨機對照試驗,在矯正治療後避免復發,他們都有配戴維持器或附屬的裝置。評估條件為:牙齒的穩定性,維持器的存在與否,對口腔健康的副作用和生活品質。

資料收集與分析

篩選適合的研究,評估實驗方法的品質,和資料選取,在將資料複製兩份後,由兩位作者分別進行。因為並沒有兩篇文章是比較相同的維持方式(intervention),所以不可能結合任何研究的結果來得出結論。

主要結論

有五個試驗符合納入的標準。這些試驗是比較不同的維持方式:環狀脊上纖維切斷術(circumferential supracrestal fiberotomy, CSF)合併全天候的活動式維持器,與只有全天候活動式維持器(removable retainer);環狀脊上纖維切斷術合併晚間的活動式維持器,與只有晚間的活動式維持器;活動式Hawley維持器,與透明覆蓋式維持器(clear overlay retainer);多股線維持器(multistrand wire retainer)與纖維增強樹脂黏著式維持器(ribbonreinforced resin bonded retainer);三種固定式維持器(fixed retainers)與一種活動式維持器。單由一個試驗的數據來看,證據是很薄弱的,當使用環狀脊上纖維切斷術與沒有採用做比較,使用環狀脊上纖維切斷術組別穩定性在統計上有顯著增加(P < 0.001),不論是下顎還是上顎前牙區域。使用Hawley維持器比透明覆蓋式維持器,在三個月後牙齒的穩定比較快,但這也是證據薄弱的。這些試驗報告的品質普遍是不好的。

作者結論

目前對於固位的研究數據,並還不足以支持我們的臨床操作。固位是在矯正治療中的關鍵處,我們極需要品質較高的隨機對照試驗。

翻譯人

本摘要由臺灣大學附設醫院蕭琁憶翻譯。

此翻譯計畫由臺灣國家衛生研究院(National Health Research Institutes, Taiwan)統籌。

總結

還沒有足夠的證據顯示不同形式維持器,對於矯正托架治療後維持牙齒位置的不同成效。固位期是矯正治療裡,以矯正托架治療後,企圖維持牙齒在正確的位置的階段。如果沒有固位期,牙齒會傾向於回復到它原本一開始的位置,也就是復發。為了避免復發,幾乎每個接受矯正治療的病人都需要某些形式的固位。在這塊領域,缺乏強烈的證據來支持我們的臨床操作。這篇文獻回顧發現,在矯正托架移除後為了固定牙齒在正確的位置,簡單的手術合併維持器是比單純配戴維持器來的好的,但這只有微弱不可信賴的證據。固位是在矯正治療中的關鍵處,我們極需要品質較高的隨機對照試驗。

アブストラクト

矯正装置による治療後の歯の位置の安定化のための保定処置

背景

保定は、矯正装置による治療後に、正しい位置に歯を維持することを試みる矯正治療の一つの段階である。保定の段階がないと歯は元の位置に戻ってしまう傾向がある(後戻り)。このような後戻りを防ぐためには、矯正治療を受けたほとんど全ての患者に対し、ある種の保定を行う必要がある。

目的

矯正用装置による治療後に、歯の位置を安定化させるために利用される種々の保定方法の有効性を評価すること。

検索戦略

The Cochrane Oral Health Group's Trials Register、CENTRAL、MEDLINE、EMBASEを検索した。矯正歯科関連雑誌のハンドサーチは、Cochrane OHG検索プログラムと連携して行われた。言語制限は設けていない。ランダム化比較試験(RCTs)の著者を調査して、未発表の研究があるかどうか確認するために連絡がとられた。最終検索は2005年5月に行われた。

選択基準

矯正装置による治療後に、後戻りを防ぐ目的で、保定装置が装着されるか、付加的な処置が行われた小児および成人に対する、ランダム化比較試験(RCTs)。アウトカムは、いかに歯の位置が安定していたか、保定装置の生存率(失敗率)、口腔保健やQOLにおける有害作用である。

データ収集と分析

適切な研究のスクリーニング、研究手法の質に関する評価およびデータの抽出は、2名のレビュー担当者により、二重に、また独立して行われた。同じ保定処置(介入)で行った2つ以上の研究が存在しなかったので、いくつかの研究結果を組み合わせて分析することはできなかった。

主な結果

5つの研究が選択基準を満たしていた。これらの研究は全て、異なる介入を比較したものであった。1.歯周線維切断術(CSF)と可撤式保定装置全日使用の併用と可撤式保定装置のみの全日使用の比較2.歯周線維切断術(CSF)と可撤式保定装置夜間使用の併用と可撤式保定装置のみの夜間使用の比較3.可撤式ホーレータイプ保定装置とクリアリテイナーの比較4.マルチストランドワイヤーリテーナーとリボン加強レジンボンデットリテーナー5.3種の固定式保定装置と1種の可撤式保定装置ひとつの研究のひとつのデータから信頼性の低い不十分なエビデンスが認められたが、それは、CSFを適用した場合、適用しなかった場合と比較し、下顎(p<0.001)と上顎前歯部(p<0.001)の両者において、統計学的に有意に安定性の向上が認められたということであった。また、保定後3か月において、ホーレータイプ保定装置がクリアリテイナーと比較して、より早く歯を落ち着かせる(セトリングする)という、上記と同様に信頼性の低い不十分なエビデンスが認められた。研究結果の質は、総じて低かった。

著者の結論

現時点では、保定に関して、われわれの診療の基本となるような有効な研究データは見あたらない。矯正歯科臨床において、きわめて重要なこの分野での質の高いランダム化比較試験を行うことが早急に必要である。

訳注

監  訳: 金高 弘恭,毛利 環,JCOHR,2008.4.1

実施組織: 厚生労働省委託事業によりMindsが実施した。

ご注意 : この日本語訳は、臨床医、疫学研究者などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、Minds事務局までご連絡ください。Mindsでは最新版の日本語訳を掲載するよう努めておりますが、編集作業に伴うタイム・ラグが生じている場合もあります。ご利用に際しては、最新版(英語版)の内容をご確認ください。

Plain language summary

Retention procedures for stabilising tooth position after treatment with orthodontic braces

There is not enough evidence about the effects of different types of retainers to keep teeth in position after the use of orthodontic braces.
Retention is the phase of orthodontic treatment that attempts to keep teeth in the corrected positions after orthodontic (dental) braces. Without a phase of retention there is a tendency for the teeth to return to their initial position (relapse). To prevent relapse almost every patient who has orthodontic treatment will require some type of retention. There is a lack of robust evidence on which to base clinical practice in this area. This review found weak, unreliable evidence that a simple surgical procedure, combined with a retainer, is better than a retainer alone at keeping teeth in the corrected positions after orthodontic braces are removed. There is an urgent need for high quality randomised controlled trials in this crucial area of orthodontic practice.

Ancillary