Acetyl-l-carnitine for dementia

  • Review
  • Intervention

Authors


Abstract

Background

Dementia is a common mental health problem affecting 5% of those over 65. Various pathological processes are linked to memory impairment in dementia, particularly those affecting the cholinergic neurotransmitter system. Acetyl-l-carnitine (ALC) is derived from carnitine and is described as having several properties which may be beneficial in dementia. These include activity at cholinergic neurons, membrane stabilization and enhancing mitochondrial function. Work on the effects of ALC has been ongoing since the 1980s yet the mechanism of efficacy of ALC in cognitive decline remains unclear. Early studies suggested a beneficial effect of ALC on cognition and behaviour in aging subjects. However, later, larger studies have not supported these findings. Some of the difficulties lie in the differences in methodology and assessment tools used in the early and later studies. They are therefore difficult to compare. ALC is not currently in routine clinical use.

Objectives

To establish whether Acetyl-l-carnitine is clinically effective in the treatment of people with dementia.

Search methods

The trials were identified from a search of the Specialized Register of the Cochrane Dementia and Cognitive Improvement Group, The Cochrane Library, EMBASE, MEDLINE, CINAHL, PsycINFO and LILACS on 8 November using the terms acetyl-l-carnitine, l-carnitine acetyl ester, acetylcarnitine, ALC. The search in November 2007 revealed no new studies.

Selection criteria

All double-blind, randomized, trials involving people with dementia in which treatment with ALC was compared with a placebo group

Data collection and analysis

Data were extracted by a reviewer (SH) and entered into RevMan 4.2 software. Where possible intention-to-treat data were used, but most of the analyses were of completers (people who completed the study).

Main results

There are sixteen included trials, all of which included participants with mild-moderate dementia or cognitive decline. All trials assessed the cognitive effects of ALC and in addition most considered severity of dementia, functional ability and clinical global impression.
When considering clinical global impression (CGI-I) as a dichotomous variable (numbers improved versus numbers unchanged or worse) there were statistically significant treatment effects in favour of ALC at 12 and 24 weeks, (Peto odds ratio (OR) 1.90, 95% Confidence Interval (CI) 1.31 to 2.76) and (OR 2.33, 95% CI 1.31 to 4.14) but not at 52 weeks (OR 0.91, 95% CI 0.58 to 1.43). There was also a statistically significant treatment effect on MMSE at 24 weeks (Weighted Mean Difference (WMD) 0.69, 95% CI 0.09 to 1.29, P = 0.02), but not at 12 or 52 weeks. There was no evidence of benefit of ALC in the areas of severity of dementia, functional ability or Clinical Global Impression as a continuous measure.
Various adverse events were reported, but from the meta-analyses there were no statistically significant differences between treated and placebo groups.

Authors' conclusions

There is evidence for benefit of ALC on clinical global impression as a categorical measure and on MMSE at 24 weeks, but there is no evidence using objective assessments in any other area of outcome. Given the large number of comparisons made, the statistically significant results may be due to chance. At present there is no evidence to recommend its routine use in clinical practice. Many of the trials used rather vague descriptions of dementia and trials using more strictly defined groups may be informative. Individual patient data may add to the findings, as would trials including other outcomes (e.g. mood and caregiver quality of life). However, the evidence does not suggest that ALC is likely to prove an important therapeutic agent. More work on the pharmacokinetics of ALC in humans is also required.

アブストラクト

認知症に対するアセチル-L-カルニチン

背景

認知症は精神健康上の問題として頻度が高く、65歳超の5%が罹患している。認知症での記憶障害には様々な病理学的プロセスが関連しており、コリン作動性神経伝達系が侵されるプロセスは特に顕著である。アセチル-L-カルニチン(ALC)はカルニチンに由来し、認知症において有益と考えられる特性をいくつか有すると述べられている。その特性として、コリン作動性ニューロンでの活性、膜安定化作用、ミトコンドリア機能の増進が挙げられる。1980年代以降、ALCの効果に関する研究が進められているものの、認知機能低下におけるALCの有効性はいまだ解明されていない。初期の試験から、高齢被験者での認知および行動に対するALCの有益な効果が示唆されている。しかし、後の大規模試験ではこのような所見が裏付けられていない。初期と後期の試験では、研究手法および評価に用いられたツールが大きく異なっているなどの難点がある。そのため、比較が困難になっている。現在の日常診療でALCが用いられることはない。

目的

アセチル-L-カルニチンが認知症患者の治療において臨床的有効性を発揮するか否かについて立証すること。

検索戦略

11月8日、アセチル-L-カルニチン、L-カルニチンアセチルエステル、アセチルカルニチン、ALCの用語を用いて、Specialized Register of the Cochrane Dementia and Cognitive Improvement Group、コクランライブラリー、EMBASE、MEDLINE、CINAHLおよびPsycINFOの検索によって、これらの試験を確認した。 2007年11月に行われた検索では、新たな研究は見つからなかった。

選択基準

認知症患者を対象としてALC投与群とプラセボ群が比較された、すべての二重盲検ランダム化試験。

データ収集と分析

レビューア(SH)がデータを抽出し、Revman4.2ソフトウェアに入力した。可能な限りintent-to-treatのデータを用いたが、大半の分析は完了者(試験完了者)について実施した。

主な結果

16の試験がシステマティックレビューに組み込まれ、すべてに軽度から中等度の認知症または認知機能低下の参加者が含まれていた。すべての試験において、ALCの認知機能に対する効果が評価され、さらに大部分の試験では認知症の重症度、機能的能力および臨床全般印象度が検討された。2値変数(改善した数対不変又は悪化した数)として臨床全般印象度を考慮すると、12週および24週においてALCに統計的に有意な治療効果が認められた (Petoオッズ比 (OR) 1.90, 95% 信頼区間 (CI) 1.31-2.76) およびand (OR 2.33, 95% CI 1.31-4.14) 。しかし、52週においては認められなかった (OR 0.91, 95% CI 0.58 -1.43)。24週の時点でMMSEに対する有意な治療効果も認められた(重み付け平均差(WMD)0.69,95%CI 0.09-1.29, P = 0.02)が、12週、52週においては認められなかった。連続的な判断基準として、認知症の重症度、機能的能力、又は臨床全般印象度において、ALCの有効性についてのエビデンスが得られなかった。 様々な有害事象が報告されているが、メタアナリシスからは治療群とプラセボ群との統計的有意差は認められなかった。

著者の結論

24週の時点でMMSEとして、カテゴリカル指標としての臨床全般印象度ではALCの有益性についてのエビデンスが存在する。しかし、アウトカムの領域における客観的評価を用いたエビデンスは存在しない。多数の比較が行われたと仮定すると、統計的に有意な結果も偶然に起こる可能性がある。現在、臨床診療においてALCを日常的に用いることを推奨できるエビデンスは得られていない。多くの試験において、認知症はかなりあいまいに表現されており、さらに厳密に定義された群を用いた試験のほうが有益であるかもしれない。個々の患者データは、他の転帰(例えば気分や介護者のQOL)を含む統一した試験としてその結果に加えられるであろう。しかし、このエビデンスはALCが重要な治療薬となる可能性を示唆するものではない。ヒトにおいて、ALCの薬物動態のさらなる研究も必要とされている。

訳注

《実施組織》厚生労働省「「統合医療」に係る情報発信等推進事業」(eJIM:http://www.ejim.ncgg.go.jp/)[2015.12.28]《注意》この日本語訳は、臨床医、疫学研究者などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、eJIM事務局までご連絡ください。なお、2013年6月からコクラン・ライブラリーのNew review, Updated reviewとも日単位で更新されています。eJIMでは最新版の日本語訳を掲載するよう努めておりますが、タイム・ラグが生じている場合もあります。ご利用に際しては、最新版(英語版)の内容をご確認ください。

Plain language summary

No evidence of benefit of Acetyl-l-carnitine for dementia

Acetyl-l-carnitine (ALC) is derived from carnitine and is described as having several properties which may be beneficial in dementia. Early studies suggested a beneficial effect of ALC on cognition and behaviour in aging subjects. However, later, larger studies have not supported these findings. The early and later studies differ widely in methodology and assessment tools used, and are therefore difficult to compare. There is no evidence of benefit of ALC in the areas of cognition, severity of dementia, functional ability or Clinical Global Impression as a continuous measure. An apparent beneficial effect on Clinical Global Impression assessed as a dichotomous variable may be due to chance. There was also a significant treatment effect on the Mini Mental State Examination (MMSE) at 24 weeks, but this result must be interpreted with caution in the context of significant heterogeneity in these trials. ALC is not currently in routine clinical use.

平易な要約

認知症に対するアセチル-L-カルニチンの有効性を示すエビデンスは存在しない

アセチル-L-カルニチン(ALC)はカルニチンに由来し、認知症において有益と考えられる特性をいくつか有すると述べられている。初期の試験から、高齢被験者での認知および行動に対するALCの有益な効果が示唆されている。しかし、後の大規模試験ではこのような所見が裏付けられていない。初期と最近の研究は用いられた方法と評価ツールの点で大きく異なっており、このため比較することは困難である。連続的な判定基準として、認知力、認知症の重症度、機能的能力、あるいは臨床全般印象度において、ALCの有益性についてのエビデンスは認められていない。2値変数として評価される臨床全般印象度に対するはっきりした有益性のある効果は偶然によって現れるおそれがある。24週の時点でのミニメンタルステイト検査(MMSE)に関する有意な治療効果についても認められなかった。しかし、これらの試験における有意な異質性との関連でこの結果を慎重に解釈しなければならない。現在の日常診療でALCが用いられることはない。

訳注

《実施組織》厚生労働省「「統合医療」に係る情報発信等推進事業」(eJIM:http://www.ejim.ncgg.go.jp/)[2015.12.28]《注意》この日本語訳は、臨床医、疫学研究者などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、eJIM事務局までご連絡ください。なお、2013年6月からコクラン・ライブラリーのNew review, Updated reviewとも日単位で更新されています。eJIMでは最新版の日本語訳を掲載するよう努めておりますが、タイム・ラグが生じている場合もあります。ご利用に際しては、最新版(英語版)の内容をご確認ください。