Ketamine as an adjuvant to opioids for cancer pain

  • Review
  • Intervention

Authors


Abstract

Background

This is an update of the original review published in Issue 1, 2003. Ketamine is a commonly used anaesthetic agent, and in subanaesthetic doses is also given as an adjuvant to opioids for the treatment of cancer pain, particularly when opioids alone prove to be ineffective. Ketamine is known to have psychotomimetic (including hallucinogenic), urological and hepatic adverse effects.

Objectives

To determine the effectiveness and adverse effects of ketamine as an adjuvant to opioids in the treatment of cancer pain.

Search methods

Studies were originally identified from MEDLINE (1966 to 2002), EMBASE (1980 to 2002), CancerLit (1966 to 2002), The Cochrane Library (Issue 1, 2001); by handsearching reference lists from review articles, trials, and chapters from standard textbooks on pain and palliative care. The manufacturer of ketamine (Pfizer Parke-Davis) provided search results from their in-house database, PARDLARS.

An improved and updated search of the following was performed in May 2012: CENTRAL, MEDLINE & OVID MEDLINE R, EMBASE.

Selection criteria

Randomized controlled trials (RCTs) of adult patients with cancer and pain being treated with an opioid, and receiving either ketamine (any dose and any route of administration) or placebo or an active control. Studies having a group size of at least 10 participants who completed the trial.

Data collection and analysis

Two independent review authors identified four RCTs for possible inclusion in the review, and 32 case studies/case series reports. Quality and validity assessment was performed by three independent review authors, and two RCTs were excluded because of inappropriate study design. Patient-reported pain intensity and pain relief was assessed using visual analogue scales (VAS), verbal rating scales or other validated scales, and adverse effects data were collated. For the update three RCTs were identified for possible inclusion in the review.

Main results

Three new studies were identified by the updated search. All three were excluded from the review. Two studies were eligible for inclusion in the original review and both concluded that ketamine improves the effectiveness of morphine in the treatment of cancer pain. However, pooling of the data was not appropriate because of the small total number of participants (30), and the presence of clinical heterogeneity. Some patients experienced hallucinations on both ketamine plus morphine and morphine alone and were treated successfully with diazepam. No other serious adverse effects were reported.

Authors' conclusions

Since the last version of this review three new studies were identified but excluded from the review. Current evidence is insufficient to assess the benefits and harms of ketamine as an adjuvant to opioids for the relief of cancer pain. More RCTs are needed.

アブストラクト

癌性疼痛に対するオピオイド補助としてのケタミン

背景

これは2003年第1号発表の原著レビューの更新である。ケタミンはよく使用される麻酔薬の一つで、癌性疼痛の治療で特にオピオイド単独では無効であると判明した場合、オピオイド補助として麻酔域下用量で投与されることもある。ケタミンには、精神変容作用(幻覚発動性作用など)、泌尿器系有害作用、および肝臓系有害作用があることが知られている。

目的

癌性疼痛の治療におけるオピオイド補助としてのケタミンの有効性および有害作用を明らかにすること。

検索戦略

研究は元々、MEDLINE(1966~2002年)、EMBASE(1980~2002年)、CancerLit(1966~2002年)、コクラン・ライブラリ(2001年第1号)から、疼痛および緩和ケアに関するレビュー論文、試験および標準的書籍の章の参考文献リストをハンドサーチして同定されていた。ケタミン製造会社(Pfizer Parke-Davis)から、社内データベースPARDLARSの検索結果を得た。 2012年5月に、以下について改良、更新検索を実施した:CENTRAL、MEDLINE & OVID MEDLINE R、EMBASE。

選択基準

疼痛に対しオピオイド投与を受け、ケタミン(用量、投与経路を問わない)、もしくはプラセボまたは実薬コントロールのいずれかを受けている成人癌患者のランダム化比較試験(RCT)。試験を完了した参加者が10名以上の研究とした。

データ収集と分析

本レビューに組み入れられる可能性を有する4件のRCTおよび32件の症例研究・症例集積報告を独立した2名のレビューアが同定した。3名の独立したレビューアが質および妥当性の評価を行い、不適切な研究デザインのため2件のRCTを除外した。視覚アナログスケール(VAS)、言語による評価スケールまたは他の確証されたスケールを用いて、患者報告の疼痛強度および疼痛緩和を評価し、有害作用データを収集した。本更新では、このレビューに組み入れられる可能性を有する3件のRCTを同定した。

主な結果

3件の新しい研究が本更新検索により同定された。本レビューから3件すべてを除外した。2件の研究は原著レビューでは適格であり、両方ともケタミンにより癌性疼痛の治療におけるモルヒネの有効性が改善したと結論していた。しかし、参加者総数が少なく(30名)、臨床的異質性の存在のため、データの統合は不適切であった。ケタミンとモルヒネ併用、およびモルヒネ単独のどちらでも幻覚を経験した患者がみられ、ジアゼパムにより軽快していた。他の重篤な有害作用の報告はなかった。

著者の結論

本レビューの最終版以降、3件の新しい研究が同定されたが、本レビューから除外された。癌性疼痛の緩和に対するオピオイド補助としてのケタミンの利益および有害性を評価するエビデンスは不十分であった。さらなるRCTが必要である。

Plain language summary

Ketamine as an adjuvant to opioids for cancer pain

The benefits and harms of adding ketamine to strong pain-killers such as morphine for the relief of cancer pain are not yet established. Morphine-like drugs (opioids) are frequently prescribed for moderate and severe cancer pain, but in some cases these drugs are not effective. Ketamine, an anaesthetic agent, is used to improve analgesia when opioids alone are ineffective. However, evidence for the effectiveness of this practice is limited. Two small studies suggest that when ketamine is given with morphine it may help to control cancer pain. However, these data are insufficient to assess the effectiveness of ketamine in this setting.

平易な要約

癌性疼痛に対するオピオイド補助としてのケタミン

癌性疼痛の緩和について、モルヒネなどの強い鎮痛薬にケタミンを追加する利益および有害性はまだ確立されていません。モルヒネ様の薬(オピオイド)は、中等度~重度の癌性疼痛に対しよく処方されますが、効かない症例もあります。麻酔薬の一つであるケタミンは、オピオイド単独投与が無効である場合の鎮痛の改善に使用されます。しかし、この方法の有効性のエビデンスは限定的です。2件の小規模な研究によると、ケタミンをモルヒネと併用した場合、癌性疼痛のコントロールに有用でした。しかし、このようなデータは不十分であったため、この状況でのケタミンの有効性を評価することはできませんでした。

訳注

監  訳: 林 啓一,2014.1.28

実施組織: 厚生労働省委託事業によりMindsが実施した。

ご注意 : この日本語訳は、臨床医、疫学研究者などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、Minds事務局までご連絡ください。Mindsでは最新版の日本語訳を掲載するよう努めておりますが、編集作業に伴うタイム・ラグが生じている場合もあります。ご利用に際しては、最新版(英語版)の内容をご確認ください。

Laički sažetak

Ketamin kao dodatak opioidima za bol uzrokovanu rakom

Djelotvornost i štetnost dodavanja ketamina jakim analgeticima poput morfina za olakšanje boli uzrokovane rakom još nije utvrđena. Opioidi (lijekovi koji nalikuju morfinu) se često prepisuju za umjerenu i jaku bol uzrokovanu rakom, ali u nekim slučajevima nisu učinkovito. Ketamin, anestetik, koristi se za pojačanje analgetskog učinka kad sami opioidi nisu učinkoviti. Međutim, dokazi o učinkovitosti te prakse su ograničeni. Dvije male studije upućuju da dodatak ketamina morfinu može pomoći kontroli boli uzrokovane rakom. Podatci su nedovoljni kako bi se utvrdila učinkovitost ketamina u te svrhe.

Bilješke prijevoda

Hrvatski Cochrane
Preveo: Adam Galkovski
Ovaj sažetak preveden je u okviru volonterskog projekta prevođenja Cochrane sažetaka. Uključite se u projekt i pomozite nam u prevođenju brojnih preostalih Cochrane sažetaka koji su još uvijek dostupni samo na engleskom jeziku. Kontakt: cochrane_croatia@mefst.hr

Ancillary