Marine oil, and other prostaglandin precursor, supplementation for pregnancy uncomplicated by pre-eclampsia or intrauterine growth restriction

  • Review
  • Intervention

Authors


Abstract

Background

Population studies have shown that higher intakes of marine foods during pregnancy are associated with longer gestations, higher infant birthweights and a low incidence of pre-eclampsia. It is suggested that the fatty acids of marine foods may be the underlying cause of these associations.

Objectives

To estimate the effects of marine oil, and other prostaglandin precursor, supplementation during pregnancy on the risk of pre-eclampsia, preterm birth, low birthweight and small-for-gestational age.

Search methods

We searched the Cochrane Pregnancy and Childbirth Group Trials Register (December 2005), The Cochrane Central Register of Controlled Trials (The Cochrane Library 2005, Issue 2) and MEDLINE (1966 to April 2005).

Selection criteria

All randomised trials comparing oral marine oil, or other prostaglandin precursor, supplementation during pregnancy with either placebo or no treatment. Trials were excluded if their aim was to treat women with established pre-eclampsia or suspected intrauterine growth restriction.

Data collection and analysis

Two review authors independently assessed trials for inclusion, data extraction and trial quality.

Main results

Six trials, involving 2783 women, are included in this review. Three of these were rated as high quality, including the largest trial with 1477 women. Women allocated a marine oil supplement had a mean gestation that was 2.6 days longer than women allocated to placebo or no treatment (weighted mean difference (WMD), 2.55 days, 95% confidence interval (CI) 1.03 to 4.07 days; 3 trials, 1621 women). This was not reflected in a clear difference between the two groups in the relative risk (RR) of birth before 37 completed weeks, although women allocated marine oil did have a lower risk of giving birth before 34 completed weeks' gestation (RR 0.69, 95% CI 0.49 to 0.99; 2 trials, 860 women). Birthweight was slightly greater in infants born to women in the marine oil group compared with control (WMD 47 g, 95% CI 1 g to 93 g; 3 trials, 2440 women). However, there were no overall differences between the groups in the proportion of low birthweight or small-for-gestational age babies. There was no clear difference in the relative risk of pre-eclampsia between the two groups.

Authors' conclusions

There is not enough evidence to support the routine use of marine oil, or other prostaglandin precursor, supplements during pregnancy to reduce the risk of pre-eclampsia, preterm birth, low birthweight or small-for-gestational age.

アブストラクト

子癇前症や子宮内胎児発育遅延がない妊婦に対する魚油などのプロスタグランジン前駆体補充

背景

集団研究では、妊娠中に魚介類を多く摂取すると、妊娠期間が長くなり、乳児の出生時体重が重くなり、子癇前症の罹患率が低下することが示されてきている。集団研究では、妊娠中に魚介類を多く摂取すると、妊娠期間が長くなり、乳児の出生時体重が重くなり、子癇前症の罹患率が低下することが示されてきている。

目的

魚油などのプロスタグランジン前駆体の妊娠中の補充について、子癇前症、早産、低出生時体重、および不当軽量児のリスクへの影響を推定すること。

検索戦略

Cochrane Pregnancy and Childbirth Group Trials Register(2005年12月)、The Cochrane Central Register of Controlled Trials(The Cochrane Library 2005年2号)、およびMEDLINE(1966年~2005年4月)を検索した。

選択基準

妊娠中における、魚油などのプロスタグランジン前駆体の経口補充と、プラセボまたは無治療を比較したすべてのランダム化試験。妊娠中における、魚油などのプロスタグランジン前駆体の経口補充と、プラセボまたは無治療を比較したすべてのランダム化試験。

データ収集と分析

2名のレビュー著者が独立して試験を選択し、データ抽出と試験の質を評価した。

主な結果

本レビューでは、女性2783例を対象とした6件の試験を選択した。これらのうち女性1477例を対象としたもっとも規模が大きい3件の試験について、質が高いと評価した。魚油サプリメントに割り付けられた女性では、プラセボまたは無治療に割り付けられた女性と比較して、平均妊娠期間が2.6日長かった(重み付け平均差(WMD)、2.55日、95%信頼区間(CI)1.03~4.07日;3件の試験、女性1621例)。これは、満37週以下の出産の相対リスク(RR)における2群間の明確な差にはならなかったが、魚油に割り付けられた女性では満34週以下の出産のリスクが低下した(RR 0.69、95%CI 0.49 ~0.99;2件の試験、女性860例)。コントロール群と比較して、魚油群の女性から生まれた乳児は出生時体重がやや重かった(WMD 47 g、95%CI 1 g~93 g;3件の試験、女性2440例)。しかし、低出生時体重や不当軽量児の割合に、両群間で全体的な差はなかった。子癇前症の相対リスクに両群間で明確な差はなかった。

著者の結論

子癇前症、早産、低出生時体重、または不当軽量児のリスクを低下させるために、妊娠中における魚油などのプロスタグランジン前駆体の日常的な補充を支持するには、エビデンスが不十分である。

訳注

《実施組織》厚生労働省「「統合医療」に係る情報発信等推進事業」(eJIM:http://www.ejim.ncgg.go.jp/)[2015.12.29]《注意》この日本語訳は、臨床医、疫学研究者などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、eJIM事務局までご連絡ください。なお、2013年6月からコクラン・ライブラリーのNew review, Updated reviewとも日単位で更新されています。eJIMでは最新版の日本語訳を掲載するよう努めておりますが、タイム・ラグが生じている場合もあります。ご利用に際しては、最新版(英語版)の内容をご確認ください。

Plain language summary

Marine oil, and other prostaglandin precursor, supplementation for pregnancy uncomplicated by pre-eclampsia or intrauterine growth restriction

Not enough evidence to say if fish oil supplementation in pregnancy helps reduce the risk of pre-eclampsia and small-for-date babies.

Pre-eclampsia in the mother and a baby being born too soon or too small are relatively common complication of pregnancy that can sometimes seriously affect the health of the baby and the mother. Omega-3 fatty acids found in fish/marine oils may prevent these complications. This review identified six trials involving 2755 women. The findings were that fish/marine oil supplements taken in pregnancy increase the length of pregnancy by two to three days, slightly increase a baby's birth weight and slightly reduce the number of babies born before 34 weeks gestation. However, these small effects did not reduce the overall risk of a baby being born too soon or too small, nor the mother developing pre-eclampsia. It is likely that a large number of women participating in trials is needed to address this question fully, and to answer the question is supplementation harmless. Further research is needed.

平易な要約

子癇前症や子宮内胎児発育遅延がない妊婦に対する魚油などのプロスタグランジン前駆体補充

妊婦が魚油を補充することが、子癇前症や不当軽量児のリスクを低下させるのに役立つことを示す十分なエビデンスはない。

母親の子癇前症、乳児の早産や低体重は比較的よくみられる妊娠合併症で、乳児や母親の健康に深刻な影響を与えることが時々ある。魚や魚油に含まれるオメガ-3脂肪酸には、これらの合併症を予防する可能性がある。本レビューでは、女性2755例を対象とした6件の試験を同定した。妊娠中に魚や魚油を補充すると、妊娠期間が2~3日長くなり、乳児の出生時体重がやや増加し、34週以下で生まれる乳児数がやや減少した。しかし、これらの影響は小さく、乳児の早産や低体重、および母親の子癇前症の全体的なリスクは低下しなかった。この課題に十分取り組み、補充が無害であることを示すには、多くの女性が試験に参加する必要があると考えられる。さらなる研究が必要である。

訳注

《実施組織》厚生労働省「「統合医療」に係る情報発信等推進事業」(eJIM:http://www.ejim.ncgg.go.jp/)[2015.12.29]《注意》この日本語訳は、臨床医、疫学研究者などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、eJIM事務局までご連絡ください。なお、2013年6月からコクラン・ライブラリーのNew review, Updated reviewとも日単位で更新されています。eJIMでは最新版の日本語訳を掲載するよう努めておりますが、タイム・ラグが生じている場合もあります。ご利用に際しては、最新版(英語版)の内容をご確認ください。

Ancillary