Omega-3 fatty acids for intermittent claudication

  • Conclusions changed
  • Review
  • Intervention

Authors


Abstract

Background

Omega-3 fatty acids have been used in the treatment and prevention of coronary artery disease although current evidence suggests they may be of limited benefit. Peripheral arterial disease and coronary artery disease share a similar pathogenesis so omega-3 fatty acids may have a similar effect on both conditions. This is an update of a review first published in 2004 and updated in 2007.

Objectives

To determine the clinical and haematological effects of omega-3 supplementation in people with intermittent claudication.

Search methods

For this update the Cochrane Peripheral Vascular Diseases Group Trials Search Co-ordinator searched the Specialised Register (last searched September 2012) and the Cochrane Central Register of Controlled Trials (CENTRAL) (2012, Issue 9).

Selection criteria

Randomised controlled trials of omega-3 fatty acids versus placebo or non-omega-3 fatty acids in people with intermittent claudication.

Data collection and analysis

One review author identified potential trials. Two review authors independently assessed trial quality and extracted data. We contacted study authors for additional information if necessary.

Main results

Nine studies were included representing 425 participants. All studies compared omega-3 fatty acid supplementation with placebo lasting from four weeks to two years. Three studies with long treatment periods administered additional substances, making any observed effects impossible to attribute to omega-3 fatty acids and were excluded from the statistical analyses. One study did not express any mean values and, therefore, could not be included in statistical analyses.

No significant differences between intervention and control groups were observed in pain-free walking distance (mean difference (MD) 11.62 m, 95% confidence interval (CI) -67.74 to 90.98), maximal walking distance (MD 16.99 m, 95% CI -72.14 to 106.11), ankle brachial pressure index (MD -0.02, 95% CI -0.09 to 0.05), total cholesterol levels (MD 0.27 mmol/L, 95% CI -0.48 to 1.01), high-density lipoprotein cholesterol levels (MD 0.00 mmol/L, 95% CI -0.16 to 0.15), low-density lipoprotein cholesterol levels (MD 0.44 mmol/L, 95% CI -0.31 to 1.19), triglyceride levels (MD -0.39 mmol/L, 95% CI -1.10 to 0.33), systolic blood pressure (MD 5.00 mmHg, 95% CI -11.59 to 21.59) or plasma viscosity (MD 0.03 mPa/s, 95% CI -0.02 to 0.08).

There was some limited evidence that blood but not plasma viscosity levels decreased with treatment and gastrointestinal side effects such as nausea, diarrhoea and flatulence were observed in two studies.

Authors' conclusions

Omega-3 fatty acids appear to have little haematological benefit in people with intermittent claudication and there is no evidence of consistently improved clinical outcomes (quality of life, walking distance, ankle brachial pressure index or angiographic findings). Supplementation may also cause adverse effects such as nausea, diarrhoea and flatulence. Further research is needed to evaluate fully short- and long-term effects of omega-3 fatty acids on the most clinically relevant outcomes in people with intermittent claudication before they can be recommended for routine use.

摘要

背景

使用歐美茄3脂肪酸(Omega3 fatty acids)治療間歇性跛行(Intermittent claudication)症狀

目前已知歐美茄3脂肪酸可以有效的用在治療和預防冠狀動脈疾病上。另外歐美茄3脂肪酸有可能也可以用在周邊動脈疾病上,因為這兩種疾病之症狀具有高度相似性。

目標

確認間歇性跛行病患使用歐美茄3脂肪酸對於臨床和血液學的影響。

搜尋策略

藉由Cochrane Peripheral Vascular Diseases Group trials register (最後一次搜尋為2007年8月)及Cochrane Library的Cochrane Central Register of Controlled Trials (CENTRAL)(最後一次搜尋為 Issue 3, 2007年)找出相關試驗。此外,我們還搜尋藥廠、生產omega3食品的廠商,以及omega3專門的營養機構的網站的文獻。

選擇標準

在間歇性跛行病患,將歐美茄3脂肪酸,和安慰劑或非歐美茄3脂肪酸,對於其效果進行比較的隨機性對照試驗。

資料收集與分析

有1個作者確認可能符合的試驗,有2個作者獨立評估試驗品質和萃取數據,必要時會連絡研究作者以取得更多資訊。

主要結論

有6個包括313名受試參與者的研究被納入,所有的研究都比較歐美茄3脂肪酸補充品和安慰劑,持續至少4星期至兩年。其中有兩個長期治療的研究,因為有合併使用其他的藥物,因此無法確認為歐美茄3脂肪酸所產生的效果,也導致這些試驗被排除在統計分析之外。在介入治療組和對照組間並沒有觀察到下列指標上有顯著差異:踝肱壓力指數(AnkleBrachial Pressure Index ABPI)的數值(加權平均差(WMD)值為−0.02,95%CI值介於−0.09至0.05間)、收縮壓(WMD值為5.00毫米汞柱,95%CI值介於−11.59至21.59之間)、血漿黏度(WMD值為0.03毫帕/秒,95%CI值為−0.02至0.08之間)、無痛行走距離(WMD值為7.46公尺,95%CI值介於−25.47至40.39之間)或最大行走距離(maximal walking distance,MWD)(WMD值為0.27公尺,95%CI值介於−39.59至40.13之間)。但是血液的黏稠度有降低。有2個研究發現有腸胃之副作用。歐美茄3脂肪酸補充品會增加低密度脂蛋白膽固醇(LDL cholesterol) (WMD值為0.80毫莫耳/公升,95% CI值介於0.34至1.26間)和總膽固醇(WMD值為0.64毫莫耳/公升,95% CI值介於0.08至1.20間)的含量。

作者結論

對於間歇性跛行之病患,歐美茄3脂肪酸有血液方面之功效,雖然其效果有限。但是在本篇回顧中並沒有發現任何證據可以一致性的改善臨床上的預後(生活品質、無痛行走距離、最大行走距離、踝肱壓力指數和造影結果)。補充品可能會引發諸如增加總膽固醇和低密度脂蛋白膽固醇含量之類的不良事件。在此一領域應該要進行更多研究,以評估對於更多臨床相關預後的短期和長期效應。

翻譯人

此翻譯計畫由臺灣國家衛生研究院(National Health Research Institutes, Taiwan)統籌。

總結

使用歐美茄3脂肪酸治療間歇性跛行。 間歇性跛行症狀是一種在運動或移動的期間,血液沒有將足夠的氧氣供給至肌肉,造成小腿肌肉有緊繃的感覺,最後會造成病患產生行動遲緩或是無法行動的狀況。這種症狀好發於下肢血液的血管出現窄化,導致有慢性下肢動脈疾病之患者。通常會建議具有輕度下肢動脈疾病的患者要停止吸菸、保持運動且要服用低劑量的 aspirin來預防心臟病發作或中風。目前並沒有被廣泛接受可以用來治療跛行的藥物。歐美茄3脂肪酸是一種出現在魚油、雞蛋、水果和蔬菜中的多元不飽和脂肪酸,是一種必需的營養成分但是身體內無法自行產生。本回顧納入了6個包含有313名病患的研究,是將歐美茄3脂肪酸補充物和其他脂肪酸進行比較,在這些研究的基礎下發現,歐美茄3脂肪酸補充品並沒會改善行走距離或踝肱壓力指數,在服用補充品七周至兩年的過程中會降低血液的黏稠度。 由結果看來使用歐美茄3脂肪酸似乎可以對血液產生一些好處,但是幾乎沒有證據可以證明歐美茄3脂肪酸對臨床預後的改善。令人注意的還有低密度脂蛋白膽固醇和總膽固醇含量會在服用歐美茄3脂肪酸補充品的四週至四個月中出現些微的增加現象。在思及使用歐美茄3脂肪酸的好處時,一定也要考慮到引發血液中膽固醇含量增加的可能。

摘要

ω−3脂肪酸治疗间歇性跛行

研究背景

目前已知ω−3脂肪酸可以有效地治疗和预防冠状动脉疾病。人们认为ω−3脂肪酸也有可能用于治疗周围动脉疾病,因为这两种疾病的发病机制具有高度相似性。

研究目的

评估ω−3脂肪酸补充剂对间歇性跛行患者的临床和血液学的影响。

检索策略

检索了Cochrane Peripheral Vascular Diseases Group trials register(2007年8月)和Cochrane Central Register of Controlled Trials (CENTRAL)(2007年第3期)中收录的相关试验,以及制药公司、富含ω−3脂肪酸食品的生产公司、研究ω−3脂肪酸的营养机构的网站中的相关文献。

标准/纳入排除标准

比较使用ω−3脂肪酸与安慰剂或非ω−3脂肪酸对间歇性跛行患者疗效的随机对照试验。

数据收集与分析

由一名评价者检索文献,两名评价者独立对文献质量进行评价并提取数据,必要时联系文献作者以获取更多信息。

主要结果

总共纳入6个研究,总计313名受试者参与,研究比较了ω−3脂肪酸补充剂和安慰剂的效果,持续时间为四星期至两年。两项研究被排除,其原因是试验中合并使用了其他药物,导致无法确认ω−3脂肪酸的作用效果。

在干预治疗组和对照组间并没有观察到下列指标在统计学上的显著差异: 踝肱压力指数(ABPI) (加权平均差WMD: 0.02,95%CI: −0.09~0.05)、收缩压(WMD: 5.00 mmHg,95%CI: 11.59~21.59)、血浆粘度(WMD: 0.03 mPa/s ,95%: CI −0.02~0.08)、无痛行走距离(WMD: 7.46m,95%CI: 25.47~40.39)或最大行走距离(MWD)(WMD: 0.27m,95%CI: 39.59~40.13)。但是血液的粘稠度有降低。有2个研究观察到ω−3脂肪酸补充剂的胃肠道副作用。ω−3脂肪酸补充剂会增加低密度脂蛋白 (WMD: 0.80mmol/L,95%CI: 0.34~1.26)和总胆固醇(WMD: 0.64 mmol/L ,95%CI: 0.08~1.20)的含量。

作者结论

对于间歇性跛行的患者,ω−3脂肪酸有改善血液学指标的功效,但这种效果非常有限。本研究中没有发现任何证据可以支持其具有改善临床预后的效果(生活品质、无痛行走距离、最大行走距离、踝肱压力指数和造影结果等)。补充剂可能会引发诸如增加总胆固醇和低密度脂蛋白胆固醇含量之类的不良事件。需要进行更多研究,以评估ω−3脂肪酸对更多临床相关结局指标的长期或短期影响。

アブストラクト

間欠性跛行に対するオメガ-3脂肪酸

背景

オメガ-3脂肪酸は冠動脈疾患の治療および予防に用いられているが、最新のエビデンスはその有益性が限定的であることを示唆している。末梢動脈疾患と冠動脈疾患の発症機序には共通点があるため、オメガ-3脂肪酸が両疾患の病態に同程度の効果をもたらす可能性がある。本レビューは2004年発表、2007年に更新されたレビューの再更新である。

目的

間欠性跛行患者に対するオメガ-3脂肪酸補充の臨床的効果および血液学的効果を検証すること。

検索戦略

本更新版では、Cochrane Peripheral Vascular Diseases Group Trials Search Co-ordinatorがSpecialised Register(最終検索日2012年9月)およびCochrane Central Register of Controlled Trials (CENTRAL)(2012年第9版)を検索した。

選択基準

間欠性跛行患者を対象に、オメガ-3脂肪酸をプラセボまたはオメガ-3脂肪酸以外の脂肪酸と比較したランダム化比較試験。

データ収集と分析

1名のレビュー著者が対象候補となる試験を同定した。2名のレビュー著者が独立して試験の質を評価し、データを抽出した。必要に応じて研究著者らに追加情報を問い合わせた。

主な結果

参加者425例を対象とした9件の研究を対象とした。すべての研究において、オメガ-3脂肪酸補充とプラセボ投与を4週間から2年間比較した。3件の長期投与試験ではオメガ-3脂肪酸以外の物質も投与しており、観察された効果がオメガ-3脂肪酸に起因するとは断定できなかったため、統計解析から除外した。1件の研究では平均値が全く示されていなかったため、統計解析に組み入れることができなかった。

無痛歩行距離(平均差[MD]11.62 m, 95%信頼区間[CI]-67.74〜90.98)、最大歩行距離(MD 16.99 m、95%CI -72.14〜106.11)、足関節上腕血圧比(MD -0.02、95%CI -0.09〜0.05)、総コレステロール値(MD 0.27 mmol/L、95%CI -0.48〜1.01)、高密度リポ蛋白コレステロール濃度(MD 0.00 mmol/L、95%CI -0.16〜0.15)、低密度リポ蛋白コレステロール濃度(MD 0.44 mmol/L、95%CI -0.31〜1.19)、トリグリセリド濃度(MD -0.39 mmol/L、95%CI -1.10〜0.33)、収縮期血圧(MD 5.00 mmHg、95%CI -11.59〜21.59)および血漿粘度(MD 0.03 mPa/s、95%CI -0.02〜0.08)について、介入群と対照群との間に有意差は認められなかった。

2件の研究では、オメガ-3脂肪酸投与によって血漿粘度ではなく血液粘度が低下し、悪心、下痢および鼓腸など消化管の副作用が発現するという限られたエビデンスが得られた。

著者の結論

間欠性跛行患者に対するオメガ-3脂肪酸の血液学的有益性はほとんど認められず、臨床アウトカム(QOL、歩行距離、足関節上腕血圧比または血管造影所見)が一貫して改善するというエビデンスは得られていない。また、オメガ-3脂肪酸補充は悪心、下痢、鼓腸などの有害作用を引き起こす可能性がある。オメガ-3脂肪酸のルーチン使用を推奨する前に、間欠性跛行患者において臨床的に最も関連性のあるアウトカムに対するオメガ-3脂肪酸の短期および長期効果を完全に評価するための研究がさらに必要である。

訳注

《実施組織》厚生労働省「「統合医療」に係る情報発信等推進事業」(eJIM:http://www.ejim.ncgg.go.jp/)[2015.12.29]《注意》この日本語訳は、臨床医、疫学研究者などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、eJIM事務局までご連絡ください。なお、2013年6月からコクラン・ライブラリーのNew review, Updated reviewとも日単位で更新されています。eJIMでは最新版の日本語訳を掲載するよう努めておりますが、タイム・ラグが生じている場合もあります。ご利用に際しては、最新版(英語版)の内容をご確認ください。

Plain language summary

Omega-3 fatty acid supplementation for intermittent claudication

Intermittent claudication is a pain in the calf due to a lack of blood needed to supply those muscles with oxygen during exercise or movement, ultimately resulting in the person to slow or stop movement. It is the most common presenting symptom for people with long-standing lower limb arterial disease resulting from narrowing of the arteries that supply the lower limbs with blood. This narrowing most commonly occurs through the process of atherosclerosis in which an artery wall thickens as a result of the accumulation of fatty materials such as cholesterol and triglycerides. People with mild lower limb arterial disease are advised to stop smoking, exercise, and take an antiplatelet agent to prevent heart attack or stroke. Medication to improve walking distance is only of limited value.

Omega-3 fatty acids are a type of fatty acid found in fish oils, eggs, fruits and vegetables. They are essential nutrients, as the body cannot make omega-3 fatty acids by itself. It is thought that omega-3 fatty acids may be beneficial in heart disease through their effect on several different biological mechanisms. As heart disease and intermittent claudication have similar disease processes it is possible that omega-3 fatty acids will have similar effects on both diseases and could potentially increase pain-free walking distance, quality of life and other measures of benefit in those suffering from intermittent claudication.

The review included nine randomised controlled trials with 425 participants, comparing omega-3 fatty acid supplementation with other fatty acids. On the basis of these studies, omega-3 fatty acid supplementation did not improve walking distance, blood pressure in the leg or any other measure of clinical benefit. There was some limited evidence to suggest that omega-3 fatty acid supplementation may reduce blood viscosity (the resistance of blood to flow), which when high could potentially contribute to intermittent claudication. There was no evidence to suggest that omega-3 fatty acid supplementation reduced plasma (the liquid component of blood) viscosity or improved the levels of different types of cholesterol or any other components of blood tested. Side effects such as nausea, diarrhoea and flatulence were observed in two studies.

概要

使用ω−3脂肪酸治疗间歇性跛行

间歇性跛行症状是一种在运动或行走的时候,因血液没有将足够的氧气供给肌肉,而造成的小腿肌肉的紧绷感觉,最终会造成患者产生行动迟缓或无法行动的结果。这种症状好发于因下肢血管出现狭窄而导致慢性下肢动脉疾病的患者。通常建议具有轻度下肢动脉疾病的患者要戒烟、多锻炼且要服用低剂量阿司匹林来预防心脏病的发作或中风。目前还没有可以广泛应用于治疗此类跛行的药物。

ω−3脂肪酸是一种富含于鱼油、鸡蛋、水果和蔬菜中的多不饱和脂肪酸,是一种机体必需的但却无法通过自身合成的营养成分。

本综述纳入了6项研究,总计313名患者。这些研究比较了ω−3脂肪酸补充剂和其他脂肪酸对治疗间歇性跛行的效果。根据纳入的研究,我们发现ω−3脂肪酸补充剂在改善行走距离或踝肱压力指数上没有统计学差异,但坚持服用补充剂七周至两年后会降低血液的粘稠度。从研究结果可以看出,使用ω−3脂肪酸可能对血液会产生一定好处,但是几乎没有证据可以证明ω−3脂肪酸可以改善临床预后。需要我们注意的还有,在持续四周至四个月服用ω−3脂肪酸补充品时,低密度脂蛋白胆固醇和总胆固醇含量会出现微量增加。在谈及使用ω−3脂肪酸的好处时,也一定要考虑到该类脂肪酸有引发血液中胆固醇含量增加的可能。

翻译注解

本摘要由重庆医科大学中国循证卫生保健协作网(China Effective Health Care Network)翻译。

Translated by: China Effective Health Care Network

平易な要約

間欠性跛行に対するオメガ-3脂肪酸補充

間欠性跛行では、運動や動作の際に筋肉に必要な酸素を供給する血液が不足するため、ふくらはぎに痛みを生じ、最終的に動作が緩慢になったり停止したりする。間欠性跛行は下肢動脈疾患に長期間罹患している患者に最も多い主症状で、下肢に血液を供給する動脈の狭窄が原因である。動脈狭窄はアテローム性動脈硬化の過程で発生することが最も多く、コレステロールやトリグリセリドといった脂質の蓄積により動脈壁の厚みが増す。軽度の下肢動脈疾患患者は、心臓発作や脳卒中を予防するために、禁煙、運動および抗血小板薬の服用を指示される。歩行距離の改善に薬物治療では限定的な効果にとどまる。

オメガ-3脂肪酸は魚油、卵、果物および野菜に含有される脂肪酸の一種である。オメガ-3脂肪酸は、必須栄養素であり、体内でオメガ-3脂肪酸を合成することはできない。オメガ-3脂肪酸は、複数の異なる生物学的機序を介して、心疾患に有益性をもたらすと考えられている。心疾患と間欠性跛行の発病過程は類似しているため、オメガ-3脂肪酸が両方の疾患に同程度の効果をもたらし、間欠性跛行患者の無痛歩行距離、QOLおよび有益性に関するその他の指標を改善させる可能性がある。

このレビューでは、オメガ-3脂肪酸補充を他の脂肪酸補充と比較した、参加者425例を対象とした9件のランダム化比較試験を選択した。これらの研究によると、オメガ-3脂肪酸を補充しても歩行距離、脚の血圧、その他臨床的に有益な指標は改善しなかった。オメガ-3脂肪酸補充が血液粘度(血流に対する抵抗性)を低下させることを示唆する限られたエビデンスが得られた。なお、血液粘度が高いと間欠性跛行の一因となる可能性がある。オメガ-3脂肪酸補充によって血漿(血液の液体成分)粘度が低下する、または種々の型のコレステロール濃度や他の血液成分の検査値が改善することを示唆するエビデンスは得られなかった。吐き気、下痢、鼓腸などの副作用が2件の研究で認められた。

訳注

《実施組織》厚生労働省「「統合医療」に係る情報発信等推進事業」(eJIM:http://www.ejim.ncgg.go.jp/)[2015.12.29]《注意》この日本語訳は、臨床医、疫学研究者などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、eJIM事務局までご連絡ください。なお、2013年6月からコクラン・ライブラリーのNew review, Updated reviewとも日単位で更新されています。eJIMでは最新版の日本語訳を掲載するよう努めておりますが、タイム・ラグが生じている場合もあります。ご利用に際しては、最新版(英語版)の内容をご確認ください。