Get access

Methyldopa for primary hypertension

  • Review
  • Intervention

Authors


Abstract

Background

Hypertension is associated with an increased risk of stroke, myocardial infarction and congestive heart failure. Methyldopa is a centrally acting antihypertensive agent, which was commonly used in the 1970's and 80's for blood pressure control. Its use at present has largely been replaced by antihypertensive drug classes with less side effects, but it is still used in developing countries due to its low cost. A review of its relative effectiveness compared to placebo on surrogate and clinical outcomes is justified.

Objectives

To quantify the effect of methyldopa compared to placebo in randomized controlled trials (RCTs) on all cause mortality, cardiovascular mortality, serious adverse events, myocardial infarctions, strokes, withdrawals due to adverse effects and blood pressure in patients with primary hypertension.

Search methods

We searched the following databases: Cochrane Central Register of Controlled Trials (1960-June 2009), MEDLINE (2005-June 2009), and EMBASE (2007-June 2009). Bibliographic citations from retrieved studies were also reviewed. No language restrictions were applied.

Selection criteria

We selected RCTs studying patients with primary hypertension. We excluded studies of patients with secondary hypertension or gestational hypertension.

Data collection and analysis

Two reviewers independently extracted data and assessed trial quality using the risk of bias tool. Data synthesis and analysis was performed using RevMan 5. Data for blood pressure were combined using the generic inverse variance method.

Main results

Twelve trials (N=595) met the inclusion criteria for this review. None of these studies evaluated the effects of methyldopa compared to placebo on mortality and morbidity outcomes. Data for withdrawals due to adverse effects were not reported in a way that permitted meaningful meta-analysis. Data from six of the twelve trials (N=231) were combined to evaluate the blood pressure lowering effects of methyldopa compared to placebo. This meta-analysis shows that methyldopa at doses ranging from 500-2250 mg daily lowers systolic and diastolic blood pressure by a mean of 13 (95%CI 6-20) / 8 (95% CI 4-13) mmHg. Overall, the risk of bias was considered moderate.

Authors' conclusions

Methyldopa lowers blood pressure to varying degrees compared to placebo for patients with primary hypertension. Its effect on clinical outcomes, however, remains uncertain.

摘要

背景

Methyldopa用於原發性高血壓

高血壓會導致腦中風、心肌梗塞和充血性心衰竭的風險。Methyldopa 是一種作用在中樞的降血壓藥物,在1970到80年代常常被使用在血壓控制,它在降血壓的治療,已逐漸被其他種類的降血壓藥物所取代,但在一些發展中國家因為價格較低,仍被使用於降血壓。此篇回顧文章整理此藥物與安慰劑比較二者對臨床治療的療效。

目標

在隨機分配對照試驗中,量化methyldopa和安慰劑對於所有原因造成的死亡率、心血管致死率、嚴重的併發症、心肌梗塞、腦中風、戒斷症狀、與原發性高血壓的控制。

搜尋策略

我們搜集以下的資料庫:考科藍(Cochrane Central Register of Controlled Trials;1960 – 2009年6月),MEDLINE (2005 – 2009年6月),EMBASE (2007 – 2009年6月);同時檢視研究試驗中所引用文章;文章沒有語言的限制。

選擇標準

我們選擇隨機分配對照試驗,研究原發性高血壓病人,排除了次發性高血壓或妊娠性高血壓的病人。

資料收集與分析

二位回顧者獨立的擷取資料並評估試驗的品質與使用誤差風險工具。資料的合成和分析是使用RevMan 5的操作分析。血壓的資料分析是合併使用屬於變異數倒數加權法 (inverse variance method)

主要結論

12個試驗 (595個案數) 符合此試驗的收案標準,這些試驗皆沒有比較評估methyldopa和安慰劑對於死亡率和併發症發生率的差別;沒有以有意義的合併分析 (metaanalysis) 的方法來呈現因為病發症所停藥的資料。 在12個試驗中的6個試驗 (N = 231) 被合併評估比較methyldopa和安慰劑對降低血壓的效果,此一合併分析發現當methyldopa在每天500 – 2250毫克的劑量,可降低收縮壓和舒張壓平均值達13 (95%CI 6 – 20) 和8 (95% CI 4 – 13) 毫米汞柱。整體而言,誤差風險約為中等。

作者結論

針對原發性高血壓患者時,使用Methyldopa和安慰劑比較降低血壓的療效,是具不等程度的差異,然而它對於臨床治療的結果,則是不甚確定。

翻譯人

本摘要由臺北榮民總醫院蔡旻叡翻譯。

此翻譯計畫由臺灣國家衛生研究院(National Health Research Institutes, Taiwan)統籌。

總結

Methyldopa在高血壓的病人身上可以降低血壓:Methyldopa從1960年代開始被使用在控制高血壓,雖然一些簡報說明它的降血壓效果,但在使用時,具有潛在性副作用。這篇回顧的目的在探討降低血壓的效果,副作用以及它在治療高血壓上的影響。此篇回顧檢視12個試驗總共595名患者,他們被隨機分配到methyldopa 治療組 (296名病人) 或是安慰劑組 (299名病人),methyldopa的每日劑量為500 – 2250毫克,最常使用的劑量是每天750毫克,大多數的研究追蹤患者治療四到六週,所有的試驗都沒有報導Methyldopa對高血壓的治療有何臨床上的影響 (例如與安慰劑相較下可以減少中風的風險等好處)。整體對副作用的報導資訊貧乏,因此沒有結論說明副作用概要;此項合併試驗顯示methyldopa與安慰劑相比時,可以降低收縮壓和舒張壓平均達13 (95%CI 6 – 20) 和8 (95% CI 4 – 13) 毫米汞柱。

アブストラクト

原発性高血圧に対するメチルドーパ

背景

高血圧は、脳卒中、心筋梗塞、うっ血性心不全のリスクを上昇させる。メチルドーパは中枢性に作用する抗高血圧薬であり、1970年代から80年代にかけて血圧コントロールに一般に使用された。その使用は現在、副作用のより少ない抗高血圧薬クラスの使用にほとんど取って代わっているが、低価格であるため発展途上国では依然としてメチルドーパが使用されている。プラセボと比較した代替アウトカムおよび臨床アウトカムに対するメチルドーパの相対的な有効性に関するレビューの妥当性が示されている。

目的

ランダム化比較試験(RCT)を対象に、原発性高血圧患者の総死亡率、心血管系死亡率、重篤な有害事象、心筋梗塞、脳卒中、有害作用による薬剤中止、血圧に及ぼすメチルドーパの影響をプラセボと比較定量化する。

検索戦略

以下のデータベースを検索した:Cochrane Central Register of Controlled Trials(1960年~2009年6月)、MEDLINE(2005年~2009年6月)、EMBASE(2007年~2009年6月)。検索により引き出した研究の参考引用文献もレビューした。言語に制約は設けなかった。

選択基準

原発性高血圧患者を対象に検討しているRCTを選択した。二次性高血圧または妊娠高血圧の患者に関する研究は除外した。

データ収集と分析

2名のレビューアが独立にデータを抽出し、バイアス・リスクツールを用いて試験の質を評価した。データ合成および解析はRevMan 5を用いて行った。血圧のデータは通則的な逆分散法を用いて統合した。

主な結果

12件の試験(N=595)が本レビューの選択基準に適合した。これらの研究はいずれも、死亡率および罹病率のアウトカムに及ぼすメチルドーパの影響をプラセボと比較評価していなかった。有害作用による薬剤中止に関するデータは、意味のあるメタアナリシスを可能にするような方法で報告されていなかった。12件の試験のうち6件からのデータ(N=231)を統合し、メチルドーパの降圧効果をプラセボと比較評価した。このメタアナリシスから、1日500~2,250mg用量のメチルドーパにより収縮期血圧および拡張期血圧が平均13(95%CI6~20)/8(95%CI 4~13)mmHg低下することが示されている。全体的に、バイアス・リスクは中等度と考えられた。

著者の結論

メチルドーパは、プラセボと比較して、原発性高血圧患者の血圧をさまざまな程度で低下させる。しかし、臨床アウトカムに対する影響は依然として不明である。

訳注

監  訳: 相原 守夫,2010.2.10

実施組織: 厚生労働省委託事業によりMindsが実施した。

ご注意 : この日本語訳は、臨床医、疫学研究者などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、Minds事務局までご連絡ください。Mindsでは最新版の日本語訳を掲載するよう努めておりますが、編集作業に伴うタイム・ラグが生じている場合もあります。ご利用に際しては、最新版(英語版)の内容をご確認ください。

Plain language summary

Methyldopa reduces blood pressure in people with high blood pressure

Methyldopa is a medication that has been used to treat high blood pressure since the 1960s. While there is some belief methyldopa reduces blood pressure, there are concerns due to the potential for this drug to cause adverse effects. The aim of this review was to determine the extent to which methyldopa reduces blood pressure, the nature of methyldopa's adverse effect profile, and to determine the clinical impact of its use for hypertension.The search revealed 12 trials with a total of 595 patients that were randomized to either a methyldopa treatment arm (296 patients) or a placebo treatment arm (299 patients). The daily doses of methyldopa used in these studies ranged 500-2250 mg daily. The most commonly studied daily dose of methyldopa was 750 mg daily. Most studies followed patients for four to six weeks of therapy. None of the studies reported on the clinical impact of methyldopa (e.g. if methyldopa reduced the risk of having a stroke compared to placebo). Overall reporting of adverse effects was poor so no conclusions can be drawn about the adverse effect profile. This meta-analysis shows that methyldopa reduces systolic/diastolic blood pressure by approximately 13/8 mmHg compared to placebo.