Get access

Ozone therapy for the treatment of dental caries

  • Review
  • Intervention

Authors


Abstract

Background

Dental caries is a bacterially mediated disease characterised by demineralisation of the tooth surface, which may lead to cavitation, discomfort, pain and eventual tooth loss. Ozone is toxic to certain bacteria in vitro and it has been suggested that delivering ozone into a carious lesion might reduce the number of cariogenic bacteria. This possibly could arrest the progress of the lesion and may, in the presence of fluoride, perhaps allow remineralisation to occur. This may in turn delay or prevent the need for traditional dental conservation by 'drilling and filling'.

Objectives

To assess whether ozone is effective in arresting or reversing the progression of dental caries.

Search methods

We searched the Cochrane Oral Health Group's Trials Register (to 7 November 2003); Cochrane Central Register of Controlled Trials (CENTRAL) (The Cochrane Library 2003, Issue 3); MEDLINE and PREMEDLINE (OVID) (1966 to November 2003); EMBASE (OVID) (1980 to November 2003); CINAHL (OVID) (1982 to November 2003); AMED (OVID) (1985 to November 2003). Quintessence was handsearched through 2002 and KaVo were contacted as manufacturers of the HealOzone apparatus for any additional published or unpublished trials.

Selection criteria

Inclusion was assessed independently by at least two reviewers. Trials were only included if they met the following criteria: randomisation in a controlled trial; single surface in vivo carious lesion accessible to ozone application; clear allocation concealment; ozone application to the lesions in the intervention group; no such application of ozone in the control group; outcomes measured after at least 6 months.

Data collection and analysis

Reviewers independently extracted information in duplicate. A paucity of comparable data did not allow meta-analytic pooling of the included studies.

Main results

Three trials were included, with a combined total of 432 randomised lesions (137 participants). Forty-two conference papers, abstracts and posters were excluded (from an unknown number of studies). The risk of bias in all studies appeared high. The analyses of all three studies were conducted at the level of the lesion, which is not independent of the person, for this reason pooling of data was not appropriate or attempted. Individual studies showed inconsistent effects of ozone on caries, across different measures of caries progression or regression. Few secondary outcomes were reported, but one trial reported an absence of adverse events.

Authors' conclusions

Given the high risk of bias in the available studies and lack of consistency between different outcome measures, there is no reliable evidence that application of ozone gas to the surface of decayed teeth stops or reverses the decay process. There is a fundamental need for more evidence of appropriate rigour and quality before the use of ozone can be accepted into mainstream primary dental care or can be considered a viable alternative to current methods for the management and treatment of dental caries.

摘要

背景

臭氧(Ozone)在蛀牙(dental caries)治療的使用

蛀牙是一種細菌引發的疾病,特徵是牙齒表面的去礦化(demineralisation),這樣會導致窩動的產生、不適感、疼痛和最終的牙齒喪失。臭氧在細胞實驗中證實對於數種細菌而言是有毒的,因此可能可以暗示將臭氧使用在蛀牙缺損的部位,可能可以減少該區域引發蛀牙細菌的數量。這樣或許可以減緩病灶區的進程,若合併氟化物使用甚至可能會讓再礦化發生。這樣可能可以延後甚至防止傳統牙科治療方式‘drilling and filling’的使用需要。

目標

評估臭氧在減緩或是逆轉蛀牙進程的效果。

搜尋策略

我們搜尋以下的資料庫:Cochrane Oral Health Group's Trials Register (to 7 November 2003)、Cochrane Central Register of Controlled Trials (CENTRAL) (The Cochrane Library Issue 3, 2003)、MEDLINE and PREMEDLINE (OVID, 1966 to November 2003)、EMBASE (OVID, 1980 to November 2003)、CINAHL (OVID, 1982 to November 2003)、AMED (OVID, 1985 to November 2003)。Quintessence期刊則是從2002延開始做手動搜尋,同時也連絡臭氧治療機HealOzone的製造商KaVo,以取得任何更進一步有發表或是未發表過的臨床測試資料。

選擇標準

入選的文獻,要經過兩位不同的檢閱人(reviewer)評估過。臨床測試部分必須符合以下標準:必須是隨機的臨床對照試驗、單面蛀蝕而且必須要讓臭氧能夠有效施用、清晰的蛀蝕邊緣、臭氧要使用在實驗組的病灶區、控制組的病灶不能用臭氧處理、必需等至少6個月才評估結果。

資料收集與分析

檢閱者要將篩選出的資料分成一式兩份,缺乏可對照比較的數據無法讓篩選進來的研究做metaanalytic pooling。

主要結論

共三個試驗符合標準,總計有432個隨機病灶(137位受試者)。共有42篇參考文獻、摘要與貼示報告遭到排除(試驗的總數目不詳)。所有試驗的誤差風險都很高,這三個試驗的分析著重在病灶部分,而沒有去考慮受試者的因素,因此這些試驗的數據並不是最精確的。每個試驗因為是使用不同方式來評斷臭氧對蛀牙的進程,因此結果並不一致。這些試驗中有一些二次結果(secondary outcomes),其中一個有提到副作用的產生。

作者結論

此在因為具有高度誤差風險以及實驗結果缺乏一致性,因此並沒有足以信賴的證據可以證明臭氧表面處理可以終止或是逆轉蛀牙的發展進程。因此基本上要接受臭氧做為乳牙照護(primary dental care)的主流,或是做為恆牙蛀蝕傳統處理的替代方式之前,可能需要更多精確且有品質的證據。

翻譯人

本摘要由臺灣大學附設醫院劉耀方翻譯。

此翻譯計畫由臺灣國家衛生研究院(National Health Research Institutes, Taiwan)統籌。

總結

沒有證據可以證明臭氧療法可以反轉或中止牙齒蛀蝕。 蛀牙會疼痛,在治療方面較昂貴且會導致牙齒喪失,有學說認為使用臭氧可以終止或逆轉蛀牙進程。但在這次的文獻回顧中,沒有有效的證據可以證明臭氧在此方面的功效。我們需要更高品質的試驗來驗證這個說法的有用與否,在此之前臭氧不應該當成傳統牙科治療方法的替代方案。

アブストラクト

オゾンによるう蝕治療

背景

う蝕は、歯面の脱灰を特徴とする細菌の関与した疾患で、う窩の形成、不快症状、疼痛、ひいては歯の喪失を引き起こすものである。オゾンは試験管内では一部の細菌に対して有毒で、う蝕病変にオゾンを暴露することでう蝕原性細菌の数が減少するかもしれないということが示唆されてきた。もしかすると、このことにより病変の進行停止が可能で、フッ化物の存在下においては再石灰化が起こるかもしれない。言い換えれば、「切削や充填」といった従来の歯科保存治療を遅らせるか、回避できるかもしれない。

目的

オゾンがう蝕進行を停止するまたは再石灰化させることにおいて効果があるかどうかを評価すること。

検索戦略

本レビューでは、the Cochrane Oral Health Group's Trials Register(2003年11月7日まで);Cochrane Central Register of Controlled Trials(CENTRAL)(コクラン・ライブラリ,2003年3号);MEDLINEとPREMEDLINE(OVIDを利用,1966年~2003年11月まで);EMBASE(OVID利用,1980年~2003年11月まで);CINAHL(OVID利用,1982年~2003年11月まで);AMED(OVID利用,1985年~2003年11月まで)を検索した。2002年度分のクインテッセンス誌をハンドサーチし、さらなる公表されているまたは未公表の試験のためにHeal Ozoneの製造元であるKaVoにコンタクトをとった。

選択基準

採用の可否は、少なくとも2名のレビューアによって別々に評価された。以下の条件を満たした場合のみ、試験は組み入れた:ランダム化比較試験;オゾンを適用できるような口腔内の1歯面のう蝕病変;明確な割り付けの隠蔽化;介入群において病変へオゾンを適用している;コントロール群へのオゾンを適用していない;アウトカムの測定は少なくとも6か月後。

データ収集と分析

2名のレビューアが独自に情報を評価した。比較可能なデータの不足のため、組み入れられた研究をメタアナリシスのために統合することはできなかった。

主な結果

432のランダム化された病変(137人の被験者)を含む3つの試験が組み入れられた。42の学会発表、抄録、そしてポスターは、実際には何件の研究に基づいていたのか不明だったので、除外した。すべての研究において、バイアスのリスクは明らかに高かった。3つすべての研究の分析は病変ごとのレベルで行われており、これは被験者から独立した事象ではないので、データの統合は不適切であり、また行われなかった。それぞれの研究において、オゾンのう蝕に対する効果は、う蝕の進行または再石灰化についての異なった評価法のいたるところで、一貫性がなかった。副次アウトカムほとんど報告されていないが、1つの試験が有害な事象のなかったことを報告している。

著者の結論

利用可能な研究においてバイアスの危険が高いことと、様々なアウトカムの評価の間で一貫性が欠如していることから、う窩を有する歯面において、う蝕形成の停止や再石灰化のためにオゾンガスを使用することにおける信頼しうるエビデンスはない。オゾンを使い始める前に、オゾンがう蝕の初期治療として主流となりうるか、またう蝕の管理や治療にとって従来の治療法の代替療法となる可能性を考慮するため、適切で厳密な、そして質の良いより多くのエビデンスが根本的に必要である。

訳注

監  訳: 佐野 哲也,内藤 徹,JCOHR,2008.4.1

実施組織: 厚生労働省委託事業によりMindsが実施した。

ご注意 : この日本語訳は、臨床医、疫学研究者などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、Minds事務局までご連絡ください。Mindsでは最新版の日本語訳を掲載するよう努めておりますが、編集作業に伴うタイム・ラグが生じている場合もあります。ご利用に際しては、最新版(英語版)の内容をご確認ください。

Plain language summary

Ozone therapy for the treatment of dental caries

There is no evidence that ozone therapy can reverse or stop tooth decay.
Tooth decay can be painful, is expensive to treat and can lead to the loss of teeth. It has been suggested that treatment of a decayed tooth with ozone will stop or reverse the decay process. This review of trials found no sound evidence that ozone is capable of reversing or stopping the progression of tooth decay. High quality research is needed to show whether or not it works. Ozone should not be considered an alternative to current treatment methods in dental practices.

Get access to the full text of this article

Ancillary