Get access

Sacral neuromodulation with implanted devices for urinary storage and voiding dysfunction in adults

  • Review
  • Intervention

Authors


Abstract

Background

The neural control of storage and voiding of urine is complex and dysfunction can be difficult to treat. One treatment for people with refractory symptoms is continuous electrical nerve stimulation of the sacral nerve roots using implanted electrodes and an implanted pulse generator.

Objectives

To determine the effects of implantable electrical stimulation devices in the treatment of urine storage and voiding problems.

Search methods

We searched the Cochrane Incontinence Group Specialised Register (searched 10 February 2009), CENTRAL (The Cochrane Library 2008, Issue 1), MEDLINE (January 1980 to March 2008), EMBASE (January 1980 to March 2008), CINAHL (January 1982 to March 2008) and the reference lists of relevant articles.

Selection criteria

Trials that tested implanted electronic stimulators connected to electrodes attached to the nerves and providing continuous electrical stimulation for neuromodulation.

Data collection and analysis

Both authors selected studies, assessed quality, and extracted data.

Main results

Eight reports of randomised studies that evaluated implants which provided continuous stimulation were included. It was unclear whether some reports included patients who also appeared in other reports, so no data were pooled. In spite of this, it seems clear that continuous stimulation offers benefits for carefully selected people with overactive bladder syndrome and for those with urinary retention but no structural obstruction.

Many of the implants did not work and many required revision operations. Many questions remain about patient selection and the best way to use these devices.

Authors' conclusions

In spite of methodological problems, it would appear that some people benefit from implants which provide continuous nerve stimulation. More research is needed on the best way to improve patient selection, carry out the implant, and to find why so many fail. The effectiveness of implants should be tested against other interventions, particularly in people with an overactive bladder.

摘要

背景

使用植入裝置對成人尿液儲存或排空功能失調的薦骨神經調節

尿液儲存或排空的神經控制是複雜的,也因此排尿功能失常在治療上可能會遇到困難。其中一種對治療上有困難的症狀的方法是透過植入電極及脈衝產生器,對薦神經根產生連續的電神經刺激。

目標

決定電刺激產生器的植入對有尿液排空及儲存問題上的治療其影響及效益。

搜尋策略

搜尋的資料庫包括Cochrane Incontinence Group Specialised Register(至2009年2月10日),CENTRAL(2008年Cochrane Library, Issue 1),MEDLINE(自1980年1 月至2008年3月),EMBASE(1980年1月至2008年3月),CINAHL(1982年1月至2008年3月)及其相關文章。

選擇標準

所有囊括研究透過電流產生器植入而對神經產生連續刺激之文章。

資料收集與分析

評估其研究之品質及資料架構。

主要結論

共有8篇關於此方面的研究被分析。因不知在病人的收集方面是否在不同的研究有被重覆納入,因此沒有辦法做資料的統整。儘管如此,在特定的病人如膀胱過動症候群(overactive bladder syndrome)及有尿液滯留但無結構上的問題者,連續電流刺激均有所助益。另外也有相當數目的植入無顯著效果或是需要再次手術。這牽涉到病人挑選及使用上的最佳方法。

作者結論

雖然在資料的彙整上有困難,但目前研究顯示在一些患者可藉由植入連續神經電流產生器獲得助益。然而更多的研究是必須的,特別是在病人挑選,植入的執行及失敗機率仍偏高方面,而在與其他方法的比較也是必要的,特別是在膀胱過動症候群的病人。

翻譯人

本摘要由中國醫藥大學附設醫院張維君翻譯。

此翻譯計畫由臺灣國家衛生研究院(National Health Research Institutes, Taiwan)統籌。

總結

許多有排尿問題的病人無法藉由非手術方法來改善。大部分手術治療只針對應力性失禁(Stress incontinence)的患者。而在另一些種類的失禁患者,植入連續神經刺激器來控制膀胱是可行的方法。然而目前最佳的使用方法仍不得而知。不過,植入電流刺激器來調控支配膀胱的神經、神經根或是由共同神經根分出的周邊神經,在特定且有難以解決之排尿問題的患者,將有助於症狀的緩解。

アブストラクト

成人の尿貯留と排尿機能障害のための埋め込み装置による仙骨神経調節

背景

尿貯留と排尿の神経コントロールは複雑であり、機能障害は治療が難渋する場合がある。難治性の症状のある人への治療法として、埋め込み電極と埋め込みパルス発生器を用いる仙骨神経根の連続的な電気神経刺激がある。

目的

尿貯留および排尿問題の治療における埋め込み型電気刺激装置の効果を明らかにする。

検索戦略

Cochrane Incontinence Group Specialised Register(2009年2月10日)、CENTRAL(コクラン・ライブラリ2008年第1号)、MEDLINE(1980年1月~2008年3月)、EMBASE(1980年1月~2008年3月)、CINAHL(1982年1月~2008年3月)および関連性のある論文の参考文献リストを検索した。

選択基準

電気刺激装置に接続した電極を神経に装着し、神経調節のために連続的な電気刺激を与える電気刺激装置を検討している試験。

データ収集と分析

2名のレビューアが研究を選択し、質を評価し、データを抽出した。

主な結果

連続的な刺激を与える埋め込み装置を評価しているランダム化研究に関する報告8件を含めた。ある報告に含まれる患者が別の報告でも対象となっていたかどうかが不明であったため、データを統合しなかった。それにもかかわらず、慎重に特定した過活動膀胱症候群の人および尿閉はあるが器質的な閉塞のない人に対して、連続的な刺激は利益をもたらすことは明白であると思われる。埋め込み装置は作動しないことが多く、多くの場合、修正のための手術を必要としていた。患者の特定およびこれらの装置の最善の使用法については多くの疑問が残されている。

著者の結論

研究手法に問題があるにもかかわらず、連続的な神経刺激を与える埋め込み装置は一部の人に利益をもたらすものと思われる。患者の特定を改善するための、埋め込みを実施するための、さらには多くで失敗がみられる理由を明らかにための最善の方法に関する研究がさらに必要である。特に過活動膀胱のある人を対象とした場合の他の介入と比較して、埋め込み装置の有効性を検討する必要がある。

訳注

監  訳: 林 啓一,2009.9.15

実施組織: 厚生労働省委託事業によりMindsが実施した。

ご注意 : この日本語訳は、臨床医、疫学研究者などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、Minds事務局までご連絡ください。Mindsでは最新版の日本語訳を掲載するよう努めておりますが、編集作業に伴うタイム・ラグが生じている場合もあります。ご利用に際しては、最新版(英語版)の内容をご確認ください。

Plain language summary

Electrical stimulation of nerves with permanently implanted devices for adults with abnormal urine storage or voiding

Many people have urinary problems that are difficult to control by non-surgical means. Most surgical treatments are for people with stress incontinence only. Implants that provide continuous electrical stimulation to the nerves that control the bladder have been used in people with other types of incontinence. These devices are expensive, the surgery is invasive, and many people need another operation. It is not clear how best to use these devices. However, implantable stimulators that provide continuous electrical stimulation to the nerves or nerve roots supplying the bladder and pelvis, or to the peripheral nerves that share the same nerve roots, can benefit carefully selected patients with difficult-to-control urinary problems.

Ancillary