Get access

Vitamin B6 for cognition

  • Review
  • Intervention

Authors

  • Reem Malouf,

    Corresponding author
    1. Oxfordshire and Buckinghamshire Mental Health Trust, Department of Neurology, Oxford, UK
    • Reem Malouf, Department of Neurology, Oxfordshire and Buckinghamshire Mental Health Trust, John Radcliffe Hospital (4th Floor, Room 4401C), Headington, Oxford, OX3 9DU, UK. reemmalouf@yahoo.com.

    Search for more papers by this author
  • John Grimley Evans

    1. University of Oxford, Division of Clinical Geratology, Nuffield Department of Clinical Medicine, Oxford, UK
    Search for more papers by this author

Abstract

Background

Micronutrient status can affect cognitive function at all ages. Vitamin deficiencies could influence memory function and might contribute to age-associated cognitive impairment and dementia. Vitamin B6, comprising three chemically distinct compounds, pyridoxal, pyridoxamine, and pyridoxine, is involved in the regulation of mental function and mood. Vitamin B6 is also an essential homocysteine re-methylation cofactor, and deficiency is associated with an increase in blood homocysteine levels. Homocysteine is a risk factor for cerebrovascular disease and may also have directly toxic effects on neurons of the central nervous system. Neuropsychiatric disorders including seizures, migraine, chronic pain and depression have been linked to vitamin B6 deficiency. Epidemiological studies indicate that poor vitamin B6 status is common among older people. Hyperhomocysteinaemia has been suggested as a cause or mechanism in the development Alzheimer's disease and other forms of dementia. Supplementation with B vitamins including vitamin B6 has been shown to reduce blood homocysteine levels.

Objectives

To assess the efficacy of vitamin B6 supplementation in reducing the risk of developing cognitive impairment by older healthy people, or improving cognitive functioning of people with cognitive decline and dementia, whether or not vitamin B6 deficiency has been diagnosed.

Search methods

The Specialized Register of the Cochrane Dementia and Cognitive Improvement Group (CDCIG), The Cochrane Library, MEDLINE, EMBASE, PsycINFO, CINAHL and LILACS were searched on 16 March 2008 using the terms: B6, "B 6", B-6, pyridoxine, pyridoxamine, pyridoxal. The CDCIG Specialized Register contains records from all major health care databases (The Cochrane Library, MEDLINE, EMBASE, PsycINFO, CINAHL, LILACS) as well as from many trials databases and grey literature sources.

Selection criteria

All unconfounded, double-blind randomized controlled trials in which the intervention with vitamin B6 was compared with placebo for healthy older people or people with cognitive decline or dementia. The primary outcome of interest was the efficacy of vitamin B6 supplementation on cognitive function.

Data collection and analysis

The two reviewers independently evaluated all studies identified as possibly meeting the criteria for inclusion. One reviewer independently extracted the data. Studies were rated for their overall quality. The weighted mean differences between treatment and placebo groups, with 95% confidence intervals, were calculated for each outcome. Review Manager version 4.2 was used to analyse the variance.

Main results

No trials of vitamin B6 involving people with cognitive impairment or dementia were found.

The two trials included in the review (Bryan 2002; Deijen 1992) used a double-blind, randomized, placebo-controlled design and involved 109 healthy older people. One trial restricted enrolment to women and the other to men.

Vitamin B6 supplementation and healthy older women:

Bryan 2002, enrolled 211 healthy women from various age groups into a five-week study. The trial was of multifactorial design with folic acid, vitamin B12, vitamin B6 and placebo in its four arms. Twelve healthy women aged 65 to 92 years received 75 mg vitamin B6 orally per day and were compared with 21 healthy women who were allocated to placebo. No statistically significant benefits from vitamin B6 on mood or cognition were observed.

Vitamin B6 supplementation and healthy older men:

Deijen 1992, recruited 76 healthy men aged 70 to 79 years. They were divided into 38 matched pairs, one member of each pair randomly allocated to 20 mg of vitamin B6 (pyridoxine hydrochloride) per day for 12 weeks the other to placebo. No statistically significant differences between treatment and placebo were found in their effects on cognition or mood.

Effect of vitamin B6 supplementation on vitamin B6 status:

Deijen 1992, reported that 20 mg of pyridoxine hydrochloride per day for 12 weeks increased blood vitamin B6 activity as assessed as by plasma pyridoxal-5'-phosphate (WMD 238, 95%CI 211.58 to 264.42, P<0.00001) and erythrocyte enzyme asparate aminotransferase (WMD 0.43, 95%CI 0.30 to 0.56, P<0.00001)

Effect of vitamin B6 supplementation on blood homocysteine concentration:

Neither of the included trials measured homocysteine levels.

Drop-outs:

All participants allocated to vitamin B6 or placebo completed the trial protocol.

Adverse events:

No adverse effects were reported.

Effect of vitamin B6 on carer burden, care costs and institutionalization rate:

We found no trials in which these outcomes were assessed.

Authors' conclusions

This review found no evidence for short-term benefit from vitamin B6 in improving mood (depression, fatigue and tension symptoms) or cognitive functions. For the older people included in one of the two trials included in the review, oral vitamin B6 supplements improved biochemical indices of vitamin B6 status, but potential effects on blood homocysteine levels were not assessed in either study.

This review found evidence that there is scope for increasing some biochemical indices of vitamin B6 status among older people. More randomized controlled trials are needed to explore possible benefits from vitamin B6 supplementation for healthy older people and for those with cognitive impairment or dementia.

アブストラクト

認知機能に対するビタミンB6

背景

微量栄養素の状態は、いずれの年代でも認知機能に影響を与えることがある。ビタミン欠乏は記憶機能に影響を与えることがあり、加齢に伴う認知障害と認知症の原因であろうと考えられている。ビタミンB6は、ピリドキサル、ピリドキサミン、ピリドキシンという化学的に異なる3種類の化合物から構成されており、精神機能と気分の調整に関連している。ビタミンB6は必須のホモシステイン再メチル化補因子でもあり、欠乏をきたした際には血中ホモシステイン濃度が上昇する。ホモシステインは脳血管疾患の危険因子であるとともに、中枢神経系のニューロンに対して直接有害性作用をもたらすと考えられている。痙攣、片頭痛、慢性疼痛、うつ病などの神経精神障害には、ビタミンB6欠乏との関連性がある。疫学研究から、高齢者ではビタミンB6の状態が不良となる頻度が高いと示唆されている。高ホモシステイン血症は、アルツハイマー病および他の型の認知症が発現する原因または機序として示唆されている。ビタミンB6などのビタミンBを補充することにより、血中ホモシステイン濃度が低下すると示されている。

目的

健常高齢者での認知障害発現のリスク低減、あるいはビタミンB6欠乏が診断されているか否かに関わらず認知低下と認知症を有する患者での認知機能改善におけるビタミンB6補充の効果について評価すること。

検索戦略

2008年3月16日に、用語B6、”B6”、B-6、ピリドキサル、ピリドキサミン、ピリドキシンを用いてSpecialized Register of the Cochrane Dementia and Cognitive Improvement Group(CDCIG)、コクラン・ライブラリ、MEDLINE、EMBASE、PsycINFO、CINAHL、LILACSを検索した。CDCIG Specialized Registerは主要なすべての保健医療データベース(コクラン・ライブラリ、MEDLINE、EMBASE、PsycINFO、CINAHL、LILACS)ならびに多数の試験データベースおよび灰色文献の情報源からの記録を含んでいる。

選択基準

健常高齢者あるいは認知低下または認知症を有する患者を対象として、ビタミンB6投与とプラセボ投与が比較された、すべての交絡のない二重盲検ランダム化比較試験。一次アウトカムは、認知機能に対するビタミンB6補充の効果とした。

データ収集と分析

2名のレビューアが独立して、登録基準に適合する可能性があるとして抽出したすべての試験を評価した。1名のレビューアが独立してデータを抽出した。試験の全般的な質を評価した。アウトカムごとに、治療群とプラセボ群との加重平均差を95%信頼区間とともに算出した。分散分析には、レビューマネージャー・バージョン4.2を用いた。

主な結果

認知障害または認知症を有する患者を対象としたビタミンB6の試験は見出されなかった。

本レビューで抽出された2つの試験(Bryan 2002;Deijen 1992)では、二重盲検ランダム化プラセボ対照のデザインが用いられており、109名の健常高齢者が登録されていた。1件の試験では参加者が女性に限定されており、その他の試験では男性に限定されていた。

ビタミンB6補充と高齢健常女性に関して:

Bryan 2002では、様々な年齢群に属する211名の健常女性が5週間の試験に登録されている。この試験は多元的デザインで実施されており、葉酸、ビタミンB12、ビタミンB6、プラセボの4投与群が設定されている。65~92歳の健常女性12名にビタミンB6を75mg/日にて投与し、プラセボ群に割付けられた21名の健常女性と比較された。気分あるいは認知に対するビタミンB6の統計的に有意な効果は認められなかった。

ビタミンB6補充と高齢健常男性に関して:

Deijen 1992では、70~79歳の健常男性76名が登録された。マッチする38組に分けられ、各組の1名がビタミンB6(塩酸ピリドキシン)を20mg/日にて12週間投与する群、各組の他方がプラセボ群に割付けられた。認知または気分に対する効果から、治療群とプラセボ群との統計的有意差は見出されなかった。

ビタミンB6の血中濃度に対するビタミンB6補充の効果:

Deijen 1992では、血漿中ピリドキサル-5'-リン酸(WMD 238、95%CI 211.58~264.42、P<0.00001)および赤血球酵素アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ(WMD 0.43、95%CI 0.30~0.56、P<0.00001)から評価したところ、塩酸ピリドキシンを20mg/日にて12週間投与することにより、血中ビタミンB6活性が上昇すると報告されている。

血中ホモシステイン濃度に対するビタミンB6補充の効果:

抽出されたいずれの試験でも、ホモシステイン濃度は測定されていなかった。

脱落:

ビタミンB6群またはプラセボ群に割付けられた参加者全員が試験を終了した。

有害事象:

有害事象は報告されなかった。

介護負担、医療費、施設入居率に対するビタミンB6の効果:

これらアウトカムについて評価した試験は見出されなかった。

著者の結論

本レビューから、気分(抑うつ、疲労、緊張の各症状)または認知機能の改善がビタミンB6によって得られるという、短期間での効果を示すエビデンスは見出されなかった。本レビューで抽出された2件の試験のうち、いずれかに登録された高齢者では、ビタミンB6経口補充によるビタミンB6の状態に関する生化学指標の改善が得られているものの、いずれの試験でも血中ホモシステイン濃度に対する潜在的効果は評価されていない。

本レビューから、高齢者ではビタミンB6の状態に関するいくつかの生化学指標が上昇する機会が得られるとのエビデンスが見出されている。健常高齢者および認知障害または認知症を有する患者におけるビタミンB6補充の潜在的効果について調査するには、一層のランダム化比較試験を実施することが必要とされる。

訳注

《実施組織》厚生労働省「「統合医療」に係る情報発信等推進事業」(eJIM:http://www.ejim.ncgg.go.jp/)[2015.12.30]
《注意》この日本語訳は、臨床医、疫学研究者などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、eJIM事務局までご連絡ください。なお、2013年6月からコクラン・ライブラリーのNew review, Updated reviewとも日単位で更新されています。eJIMでは最新版の日本語訳を掲載するよう努めておりますが、タイム・ラグが生じている場合もあります。ご利用に際しては、最新版(英語版)の内容をご確認ください。

Plain language summary

No evidence of benefit from vitamin B6 supplementation on mood or cognition of older people with normal vitamin B6 status or with vitamin B6 deficiency

Micronutrient status can affect cognitive function at all ages. Vitamin deficiencies could influence memory function and might contribute to age-associated cognitive impairment and dementia. Vitamin B6 is involved in the regulation of mental function and mood and in the metabolism of homocysteine, a risk factor for vascular disease. Two trials of vitamin B6 supplements for healthy elderly people qualified for this review, with no beneficial effects on mood or mental function detectable. Homocysteine levels were not assessed. No ill effects of vitamin B6 were observed. No trials studying effects of vitamin B6 treatment for people with dementia or cognitive impairment were identified.

Laički sažetak

Nema dokaza o koristi vitamina B6 na raspoloženje ili kognitivnu funkciju kod starijih osoba s normalnom razinom vitamina B6 ili s nedostatkom vitamina B6.

Razina mikronutrijenata može utjecati na kognitivnu funkciju u bilo kojoj dobi. Nedostatci vitamina mogu utjecati na funkciju pamćenja i mogli bi doprinijeti kognitivnom poremećaju i demenciji povezanima s dobi. Vitamin B6 sudjeluje u regulaciji mentalne funkcije i raspoloženju te u metabolizmu homocisteina, rizičnog čimbenika za bolest krvnih žila. Dva su istraživanja nadoknade vitamina B6 kod zdravih starijih osoba bila prihvatljiva za ovaj pregled, a nisu otkrila korisne učinke na raspoloženje ili mentalnu funkciju. Razine homocisteina nisu se ocjenjivale. Nisu zabilježeni štetni učinci vitamina B6. Nisu nađena istraživanja koja ispituju učinke tretmana vitaminom B6 osoba s demencijom ili kognitivnim oštećenjem.

Bilješke prijevoda

Hrvatski Cochrane
Prevela: Katarina Vučić
Ovaj sažetak preveden je u okviru volonterskog projekta prevođenja Cochrane sažetaka. Uključite se u projekt i pomozite nam u prevođenju brojnih preostalih Cochrane sažetaka koji su još uvijek dostupni samo na engleskom jeziku. Kontakt: cochrane_croatia@mefst.hr

平易な要約

ビタミンB6が正常状態か欠乏状態にある高齢者の気分または認知に対するビタミンB6補充の効果についてのエビデンスはない

微量栄養素の状態は、いずれの年代でも認知機能に影響を与えることがある。ビタミン欠乏は記憶機能に影響を与えることがあり、加齢に伴う認知障害と認知症の原因であろうと考えられている。ビタミンB6は精神機能と気分の調節および血管疾患の危険因子であるホモシステインの代謝に関与している。健常高齢者にビタミンB6を補充する2つの試験は、本レビューに十分適格性を与えるものであったが、気分または精神機能に対する有益な効果は確認できなかった。ホモシステインのレベルは評価されなかった。ビタミンB6の有害作用は観察されなかった。認知症または認知障害の患者に対してビタミンB6治療の効果を対象とした試験は確認されなかった。

訳注

《実施組織》厚生労働省「「統合医療」に係る情報発信等推進事業」(eJIM:http://www.ejim.ncgg.go.jp/)[2015.12.30]
《注意》この日本語訳は、臨床医、疫学研究者などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、eJIM事務局までご連絡ください。なお、2013年6月からコクラン・ライブラリーのNew review, Updated reviewとも日単位で更新されています。eJIMでは最新版の日本語訳を掲載するよう努めておりますが、タイム・ラグが生じている場合もあります。ご利用に際しては、最新版(英語版)の内容をご確認ください。