Intervention Review

Calorie controlled diet for chronic asthma

  1. Jing Cheng1,*,
  2. Tao Pan2

Editorial Group: Cochrane Airways Group

Published Online: 22 APR 2003

Assessed as up-to-date: 30 APR 2006

DOI: 10.1002/14651858.CD004674.pub2


How to Cite

Cheng J, Pan T. Calorie controlled diet for chronic asthma. Cochrane Database of Systematic Reviews 2003, Issue 2. Art. No.: CD004674. DOI: 10.1002/14651858.CD004674.pub2.

Author Information

  1. 1

    Guangdong College of Pharmacy, Clinical Department, Guangzhou , China

  2. 2

    West China Hospital of Sichuan University, Gastroenterology, Chengdu, Sichuan, China

*Jing Cheng, Clinical Department, Guangdong College of Pharmacy, Guangzhou , 510224, China. chengjing1137@126.com.

Publication History

  1. Publication Status: Edited (no change to conclusions)
  2. Published Online: 22 APR 2003

SEARCH

 

Abstract

  1. Top of page
  2. Abstract
  3. Plain language summary
  4. アブストラクト
  5. 摘要

Background

The prevalence of asthma has increased in recent years. Epidemiological studies suggest a correlation between the onset of asthma and dietary nonallergic factors especially high calorie diet. These can be regarded as other potentially important risk factors.

Objectives

To observe the effect of dietary calorie reduction on chronic asthma in adults or children.

Search methods

We searched the Cochrane Airways Group Specialised Register of trials using prespecified terms. We assessed bibliographies from included studies, and contacted authors of known studies for additional information about published and unpublished trials. Date of most recent search: May 2006

Selection criteria

Randomised-controlled trials of dietary calorie reduction were included.

Data collection and analysis

Three authors assessed each study independently. Disagreement was resolved by consensus. Quality assessment was performed independently.

Main results

One trial of fair methodological quality with a total of 38 patients suffering from chronic asthma was included. There were significant increases in FEV1 and FVC in the active treatment group compared with control. No data pertaining serious adverse effects were reported from the interventions.

Authors' conclusions

There is currently a very small amount of evidence assessing the effects of dietary interventions intended as part of a wide-ranging weight-loss programme. Whilst we are unable to recommend these strategies as concomitant interventions with drug-based therapy for the specific management of asthma, dietary interventions such as weight-loss programmes may provide benefits in specific patients. However, the impact of a calorie-controlled diet on the signs and symptoms of asthma in the general asthmatic population is yet to be established.

 

Plain language summary

  1. Top of page
  2. Abstract
  3. Plain language summary
  4. アブストラクト
  5. 摘要

Calorie-controlled diets for chronic asthma

It is thought that high calorie diets may contribute to the development of asthma. Theoretically, reducing the amount of calorie consumed as part of a diet may help to alleviate the symptoms of asthma. This review was limited by the small size of the studies and the obese population of asthma patients recruited to the study. No firm conclusions can be drawn regarding the effects of dietary manipulation, and more research is required.

 

アブストラクト

  1. Top of page
  2. Abstract
  3. Plain language summary
  4. アブストラクト
  5. 摘要

慢性喘息のためのカロリー制限食

背景

近年、喘息の有病率は増加している。疫学調査によれば、喘息の発症と特に高カロリー食のようなアレルギーとは無関係の食事性要因との関係が示唆されている。これらは重要なその他の潜在的リスクファクターとみなすことができる。

目的

成人または小児において食事のカロリー低下が慢性喘息に及ぼす効果を観察する。

検索戦略

あらかじめ特定した用語を用いてCochrane Airways Group trials registerを検索した。選択した研究の参考文献を評価し、既知の研究論文の著者に他に発表済み試験あるいは未発表の試験に関し、その後追加された情報がないかを問い合わせた。最新の検索日は2004年5月であった。

選択基準

食事のカロリー低下のランダム化比較試験を選択した。

データ収集と分析

3名のレビューアが別々に、各研究を評価した。不一致があれば合意により解決した。品質評価は別々に行った。

主な結果

今回のレビューでは、慢性喘息に苦しむ患者38例を対象とした平均的な質の試験手法を用いた1件の試験が含まれた。食事治療群におけるFEV1およびFVCは、プラセボ群に比して、有意な増加があった。介入による重篤な有害作用に関するデータの報告はなかった。

著者の結論

現時点では、広範囲にわたる体重減量プログラムの一環として意図された食事介入の効果を評価するエビデンスは非常に少ない。このような治療戦略を特定の喘息管理のための薬物治療との併用介入として推奨することはできないが、体重減量プログラムなどの食事介入は特定の患者に利益をもたらすと思われる。しかし、一般の喘息患者集団における喘息の徴候や症状へのカロリー制限食の効果はまだ確立されていない。

訳注

監  訳: 2006.6.23

実施組織: 厚生労働省委託事業によりMindsが実施した。

ご注意 : この日本語訳は、臨床医、疫学研究者などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、Minds事務局までご連絡ください。Mindsでは最新版の日本語訳を掲載するよう努めておりますが、編集作業に伴うタイム・ラグが生じている場合もあります。ご利用に際しては、最新版(英語版)の内容をご確認ください。

 

摘要

  1. Top of page
  2. Abstract
  3. Plain language summary
  4. アブストラクト
  5. 摘要

背景

藉由控制飲食熱量來治療慢性氣喘

近年來,氣喘的流行程度有越趨增加的趨勢。流行病學的研究推測,氣喘的發作和飲食中非過敏因子(特別是高熱量食物)有某種程度的相關性,因此這些飲食中非過敏因子可以被視為潛在的重要危險因子。

目標

本研究的主要目的在於觀察飲食中熱量減少對於幼童或成人慢性氣喘的影響。

搜尋策略

我們利用一些預先設定的項目來搜尋Cochrane Airways Group Specialised Register中的試驗。我們由納入的試驗來評估一些參考資料,並且聯繫一些已知研究的作者以取得其他已公開或未公開的試驗資料。檢索至2006年5月。

選擇標準

本研究納入了設計有降低飲食中熱量控制組的隨機性對照試驗。

資料收集與分析

有三個研究人員分別針對每一個試驗進行評估,意見上的差異則利用共識來進行調整。不同研究之間的品質評估也是分別獨立進行。

主要結論

研究納入一個以38名患有慢性氣喘的患者為對向、且研究方法品質良好的試驗。相對於對照組來說,主動治療組的第一秒用力吐氣量(FEV1)和用力呼吸量(FVC)有明顯的增加;此外,目前並沒有數據顯示介入治療會產生嚴重的副作用。

作者結論

目前評估飲食介入(Dietary interventions)作為眾多體重控制課程一部份的影響的證據非常少;雖然我們尚無法在藥物治療外建議病人同時接受飲食介入以作為氣喘的特殊處理,飲食介入作為減重計畫對特定病人確實有益。然而,針對一般的氣喘患者,飲食熱量控制對氣喘的徵兆或症狀所造成的影響尚未確定。

翻譯人

此翻譯計畫由臺灣國家衛生研究院(National Health Research Institutes, Taiwan)統籌。

總結

目前能證明降低熱量的攝取能改善氣喘的證據十分有限,還需進行更進一步的研究。一般認為,高熱量飲食可能會使得氣喘發作;理論上,降低飲食所攝取的熱量能緩和氣喘症狀。由於這篇文獻回顧的研究對象數目不足、研究中納入具有肥胖特性氣喘患者,而限制其研究結果;對於飲食控制對氣喘的影響,目前沒有一個強而有力結論,仍需更多的研究來證實。