Homeopathic medicines for adverse effects of cancer treatments

  • Comment
  • Review
  • Intervention

Authors


Abstract

Background

Homeopathic medicines are used by patients with cancer, often alongside conventional treatment. Cancer treatments can cause considerable morbidity and one of the reasons patients use homeopathic medicines is to help with adverse effects.

Objectives

Evaluate effectiveness and safety of homeopathic medicines used to prevent or treat adverse effects of cancer treatments.

Search methods

The following were searched up to November 2008: Cochrane PaPaS Trials Register; Cochrane Central Register of Controlled Trials (CENTRAL); MEDLINE; EMBASE; CINAHL; BNI; CancerLIT; AMED; CISCOM; Hom-Inform; SIGLE; National Research Register; Zetoc; www.controlled-trials.com; http://clinicaltrials.gov; Liga Medicorum Homeopathica Internationalis (LMHI, Liga) conference proceedings; reference lists of relevant studies were checked; and homeopathic manufacturers, leading researchers and practitioners were contacted.

Selection criteria

Randomised controlled trials (RCTs) of homeopathic medicines in participants with a clinical or histological diagnosis of cancer where the intervention was aimed at preventing or treating symptoms associated with cancer treatments. All age groups, and all stages of disease were included.

Data collection and analysis

Two review authors independently assessed studies for inclusion and two review authors extracted data. Three review authors independently assessed trial quality using the Delphi List and the Cochrane Collaboration's tool for assessing risk of bias. Disagreements were resolved by consensus. Where available, data were extracted for analysis.

Main results

Eight controlled trials (seven placebo controlled and one trial against an active treatment) with a total of 664 participants met the inclusion criteria. Three studied adverse effects of radiotherapy, three studied adverse effects of chemotherapy and two studied menopausal symptoms associated with breast cancer treatment.

Two studies with low risk of bias demonstrated benefit: one with 254 participants demonstrated superiority of topical calendula over trolamine (a topical agent not containing corticosteroids) for prevention of radiotherapy-induced dermatitis, and another with 32 participants demonstrated superiority of Traumeel S (a proprietary complex homeopathic medicine) over placebo as a mouthwash for chemotherapy-induced stomatitis. Two other studies reported positive results, although the risk of bias was unclear, and four further studies reported negative results.

No serious adverse effects or interactions were reported attributable to the homeopathic medicines used.

Authors' conclusions

This review found preliminary data in support of the efficacy of topical calendula for prophylaxis of acute dermatitis during radiotherapy and Traumeel S mouthwash in the treatment of chemotherapy-induced stomatitis. These trials need replicating. There is no convincing evidence for the efficacy of homeopathic medicines for other adverse effects of cancer treatments. Further research is required.

アブストラクト

癌治療による有害作用に対するホメオパシー医療

背景

ホメオパシー医療は癌患者に従来の治療と併用して用いられる。癌治療は無視できないほどの治療に伴う死亡率の原因になっている可能性があり、患者がホメオパシー医療を用いる理由の一つは、有害作用に効果的であるとされる。

目的

癌治療の有害作用を予防または治療するために用いられるホメオパシー医療の有効性と安全性の評価。

検索戦略

以下を2008年11月まで調査した。Cochrane PaPaS Trials Register, Cochrane Central Register of Controlled Trials (CENTRAL), MEDLINE, EMBASE, CINAHL, BNI, CancerLIT, AMED, CISCOM, Hom-Inform, SIGLE, National Research Register; Zetoc; www.controlled-trials.com; http://clinicaltrials.gov; Liga Medicorum Homeopathica Internationalis (LMHI, Liga) conference proceedings、関連する調査の参考文献をチェックし、ホメオパシー医療者、第一線の研究者および医師にコンタクトを取った。

選択基準

臨床または組織学的に癌と診断された参加者を対象に、癌治療に伴う症状の予防または治療を目的とした介入としてホメオパシー医療を用いたランダム化比較試験。あらゆる年代、あらゆる病状の患者を含む。

データ収集と分析

2名のレビュー著者が独立して選択試験を評価し、2名のレビュー著者がデータを抽出した。3名のレビュー著者が独立してDelphi Listおよびコクラン共同計画のバイアスのリスク評価ツールを用い、試験の質を評価した。意見の相違点は合意により解決した。可能な限りデータを分析用に抽出した。

主な結果

比較試験8件(プラセボ比較試験7件と実薬治療試験1件、参加総数664名)が選択基準に合致した。3件が放射線治療の有害作用について、3件が化学治療の有害作用について、残る2件が乳癌治療に関連する更年期症状について試験した。

バイアスのリスクの低い試験2件が利益を立証した。参加者数254名の試験で、放射線治療誘発皮膚炎の予防において局所カレンジュラがトロラミン(副腎皮質ステロイドを含まない局所薬)より優れていることが証明され、参加者数32名の試験では、化学治療誘発口内炎に対する洗口液としてプラセボよりトラウミールS (複合所有ホメオパシー)がより優れていることが証明された。その他2件の試験では、バイアスのリスクは不明であるが肯定的な結果が報告され、4件の試験では否定的な結果が報告された。

用いられたホメオパシー医療に起因する有害作用や相互作用の報告はなかった。

著者の結論

本レビューは、放射線治療中の急性皮膚炎の予防に対する局所カレンジュラの有効性および化学治療誘発口内炎の治療におけるトラウミールSの有効性を支持する予備データを記したものである。これらの試験には再試験が必要である。癌治療のその他の有害作用に対するホメオパシー医療の有効性を確証するエビデンスはない。さらなる研究が必要である。

摘要

顺势疗法药物治疗癌症治疗中的不良反应

研究背景

在使用传统治疗的同时,很多癌症患者还会使用顺势疗法药物。癌症治疗可以引起相当大的不良反应的发生率,而病人使用顺势疗法药物的原因之一是治疗不良反应。

研究目的

本篇综述旨在评估顺势疗法药物对于预防或治疗癌症治疗中的不良反应的有效性和安全性。

检索策略

以下的数据库检索截止到2008年11月:Cochrane PaPaS试验注册库;Cochrane临床试验注册库(CENTRAL);MEDLINE;EMBASE;CINAHL;BNI;CancerLIT;AMED;CISCOM;Hom-Inform;SIGLE;国家研究登记;Zetoc;www.controlled-trials.com;http://clinicaltrials.gov;Liga Medicorum Homeopathica Internationalis (LMHI, Liga) conference proceedings;相关研究的参考文献列表也进行检索;也与顺势疗法制造商,主要研究人员和执业医师进行了联系。

标准/纳入排除标准

使用顺势疗法药物的随机对照试验(RCTs),受试者需临床或组织学诊断为癌症,并且干预的目的是预防或治疗癌症治疗相关的症状。所有的年龄组和所有的疾病阶段都被纳入。

数据收集与分析

两位综述作者独立评估纳入试验,两位综述作者提取数据。三位综述作者使用Delphi列表和Cochrane偏倚风险评估工具独立评估试验质量。其间出现的分歧均通过协商解决。对有效数据进行提取并分析。

主要结果

根据纳入标准共纳入八项对照试验(七项为安慰剂对照,一项是与一个积极治疗对比),涉及共664名受试者。三项研究涉及了放疗带来的不良反应,三项研究涉及了化疗带来的不良反应,两项研究涉及了与乳腺癌治疗有关的更年期症状。

两项低风险偏倚的研究证明了益处:一项涉及254名受试者的研究证明了局部使用金盏花软膏对比三乙醇胺(一种不含糖皮质激素的局部剂)预防放射性皮炎的好处,另一项涉及32名受试者的研究证明了Traumeel S(一种复杂的顺势疗法药物)对比安慰剂用作漱口水来治疗化疗所致口腔炎的好处。两项其他的研究报告了积极的结果,但是偏倚风险不能确定,其他四项研究报告了消极的结果。

没有报告严重的不良反应是由于使用了顺势疗法药物。

作者结论

本综述的初步数据支持了局部使用金盏花软膏预防放疗中的急性皮炎和Traumeel S漱口水治疗化疗所致的口腔炎的效果。这些试验仍需要重复进行。没有确切的证据证明顺势疗法药物对于癌症治疗中其他不良反应的治疗效果。未来需要进一步的研究。

Plain language summary

Homeopathic medicines for adverse effects of cancer treatments

Homeopathic medicines are used by many patients with cancer, usually alongside conventional treatment. Cancer treatments can cause adverse effects, and one of the reasons patients use homeopathic medicines is to help with these symptoms. This review looked at whether these medicines could help patients with problems caused by cancer treatments. Eight studies with a total of 664 participants were included in this review. Three studied adverse effects of radiotherapy, three studied adverse effects of chemotherapy and two studied menopausal symptoms associated with breast cancer treatment. Two studies with low risk of bias demonstrated benefit: one with 254 participants demonstrated benefits from calendula ointment in the prevention of radiotherapy-induced dermatitis, and another with 32 participants demonstrated benefits from Traumeel S (a complex homeopathic medicine) over placebo as a mouthwash for chemotherapy-induced stomatitis. These trials need replicating. Two other studies reported positive results, although the risk of bias was unclear, and four further studies reported negative results. The homeopathic medicines used in all eight studies did not seem to cause any serious adverse effects or interact with conventional treatment. No cancer treatments were modified or stopped because of the homeopathic interventions.

平易な要約

癌治療による有害作用に対するホメオパシー医療

ホメオパシー医療は通常、多くの癌患者に従来の治療と併用して用いられる。癌治療は有害作用を引き起こす。その患者がホメオパシー医療を用いる理由の一つに、これらの症状に有効であることがあげられる。本レビューは、この医療が癌治療によって引き起こされる症状に有効であるかを検証したものである。8件の試験(参加者数664名)が選択された。3件が放射線治療の有害作用について、3件が化学治療の有害作用について、残る2件が乳癌治療に関連する更年期症状について試験した。バイアスのリスクの低い試験2件が利益性を立証した。参加者数254名の試験で、放射線治療誘発皮膚炎の予防においてカレンジュラ軟膏の利益性が証明され、参加者数32名の試験では、化学治療誘発口内炎に対する洗口液としてプラセボよりトラウミールS (複合ホメオパシー)のほうが利益があることが証明された。これらの試験には再試験が必要である。その他2件の試験では、バイアスのリスクは不明であるが肯定的な結果が報告され、4件の試験では否定的な結果が報告された。8件の試験すべてにおいてホメオパシー医療が重篤な有害作用を引き起こしたり、従来の治療と相互作用したりすることはないように思われる。ホメオパシー医療が原因で変更したり、中止したりした癌治療はなかった。

訳注

《実施組織》厚生労働省「「統合医療」に係る情報発信等推進事業」(eJIM:http://www.ejim.ncgg.go.jp/)[2015.12.30]
《注意》この日本語訳は、臨床医、疫学研究者などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、eJIM事務局までご連絡ください。なお、2013年6月からコクラン・ライブラリーのNew review, Updated reviewとも日単位で更新されています。eJIMでは最新版の日本語訳を掲載するよう努めておりますが、タイム・ラグが生じている場合もあります。ご利用に際しては、最新版(英語版)の内容をご確認ください。

Резюме на простом языке

Гомеопатические средства при неблагоприятных эффектах лечения рака

Многие пациенты с раком используют гомеопатические средства наряду с традиционной терапией. Лечение рака может вызывать неблагоприятные эффекты, и одной из причин применения гомеопатических средств является желание пациентов справиться с этими симптомами. В этом обзоре изучили, могут ли эти средства помочь пациентам с проблемами, вызванными лечением рака. В этот обзор были включены 8 исследований, в которых приняли участие 664 человека. Три исследования были посвящены неблагоприятным эффектам лучевой терапии, три исследования – химиотерапии и два исследования – симптомам менопаузы, связанным с лечением рака молочной железы. В двух исследованиях с низким риском смещения показали пользу: в одном исследовании с 254 участниками была показана польза при применении мази календулы в профилактике дерматита, вызываемого лучевой терапией; в другом исследовании с 32 участниками была продемонстрирована польза при применении Траумель С (комплексное гомеопатическое средство) по сравнению с плацебо, в качестве средства для полосканий рта при стоматите, вызванном химиотерапией. Эти клинические испытания необходимо повторить. В двух других исследованиях сообщали о положительных результатах, хотя риск смещения был неясным. В четырех дальнейших исследованиях сообщали об отрицательных результатах. Гомеопатические средства, применявшиеся во всех восьми исследованиях, не вызвали каких-либо серьезных неблагоприятных эффектов или взаимодействия с традиционным лечением. Ни одно из лечений рака не было изменено или прекращено из-за гомеопатических вмешательств.

Заметки по переводу

Перевод: Кукушкин Михаил Евгеньевич. Редактирование: Юдина Екатерина Викторовна. Координация проекта по переводу на русский язык: Cochrane Russia - Кокрейн Россия (филиал Северного Кокрейновского Центра на базе Казанского федерального университета). По вопросам, связанным с этим переводом, пожалуйста, обращайтесь к нам по адресу: lezign@gmail.com

概要

顺势疗法药物治疗癌症治疗中的不良反应

在使用传统治疗的同时,很多癌症患者还会使用顺势疗法药物。癌症治疗会导致不良反应,使用顺势疗法药物的一个原因就是它们可以治疗这些症状。本综述研究了这些药物是否能帮助病人解决癌症治疗带来的问题。这篇综述共纳入八项研究,涉及共664名受试者。三项研究涉及了放疗带来的不良反应,三项研究涉及了化疗带来的不良反应,两项研究涉及了与乳腺癌治疗有关的更年期症状。两项低风险偏倚的研究证明了益处:一项涉及254名受试者的研究证明了金盏花软膏预防放射性皮炎的好处,另一项涉及32名受试者的研究证明了Traumeel S(一种复杂的顺势疗法药物)对比安慰剂用作漱口水来治疗化疗所致口腔炎的好处。这些试验还需要重复进行。两项其他的研究报告了积极的结果,虽然偏倚风险不能确定;其他四项研究报告了消极的结果。这八项研究中使用的顺势疗法药物似乎都没有导致任何的不良反应或与传统治疗的交互作用。没有癌症治疗因为顺势疗法的干预而改变病程或停止治疗。

翻译注解

译者:刘雪寒;审校:鲁春丽。北京中医药大学循证医学中心。2017年12月5日

Ancillary