Endoscopic balloon sphincter dilation (sphincteroplasty) versus sphincterotomy for common bile duct stones

  • Review
  • Intervention

Authors


Abstract

Background

Endoscopic balloon dilation was introduced as an alternative to endoscopic sphincterotomy to preserve the sphincter of Oddi and avoid undesirable effects due to an incompetent sphincter. Endoscopic balloon dilation has been largely abandoned by USA endoscopists due to increased risks of pancreatitis noted in one multicentre trial, but is still practiced in parts of Asia and Europe.

Objectives

To assess the beneficial and harmful effects of endoscopic balloon dilation versus endoscopic sphincterotomy in the management of common bile duct stones.

Search methods

We searched The Cochrane Hepato-Biliary Group Controlled Trials Register, the Cochrane Central Register of Controlled Trials (CENTRAL) in The Cochrane Library, MEDLINE, and EMBASE until January 2004. We hand searched Gastrointestinal Endoscopy (1983 to 2002), read through bibliographies of all included randomised clinical trials, and contacted all primary authors regarding missed randomised trials.

Selection criteria

Randomised clinical trials comparing endoscopic balloon dilation versus endoscopic sphincterotomy in removal of common bile duct stones irrespective of publication status, language, or blinding.

Data collection and analysis

Data collection was done by two independent authors for decisions on study inclusion, data abstraction, and quality assessment. When there was a non-resolvable discrepancy, the third author made the final decision. Analysis was run with RevMan Analysis.

Main results

Fifteen randomised trials met our inclusion criteria (1768 participants). Less than half of the trials reported adequate methods of randomisation and only two trials used blinded outcome assessment. Endoscopic balloon dilation is statistically less successful for stone removal (relative risk (RR) 0.90, 95% confidence interval (CI) 0.84 to 0.97, random-effects), requires higher rates of mechanical lithotripsy (RR 1.34, 95% CI 1.08 to 1.66, random-effects), and carries a higher risk of pancreatitis (RR 1.98, 95 CI 1.35 to 2.90, fixed-effect). Conversely, endoscopic balloon dilation has statistically significant lower rates of bleeding. Endoscopic balloon dilation leads to significantly less short-term infection and long-term infection. There was no statistically significant difference with regards to mortality, perforation, or total short-term complications between endoscopic balloon dilation and endoscopic sphincterotomy.

Authors' conclusions

Endoscopic balloon dilation is slightly less successful than endoscopic sphincterotomy in stone extraction and more risky regarding pancreatitis. However, endoscopic balloon dilation seems to have a clinical role in patients who have coagulopathy, who are at risk for infection, and possibly in those who are older.

摘要

背景

比較內視鏡下取石氣球擴張法 (括約肌成形術)和括約肌切開術針對總膽管結石之治療

內視鏡下取石氣球擴張法為內視鏡下括約肌切開術的替代選擇以保護歐迪氏括約肌,避免由於括約肌機能不全造成的不良影響。由於一項多中心對照試驗提到該方法會增加胰臟炎的風險,所以美國內視鏡醫生非常反對使用,但是,亞洲和歐洲的部分地區仍然還是使用這種方法。

目標

評估內視鏡下取石氣球擴張法對比內視鏡下乳頭括約肌切開術用於治療總膽管結石的利弊。

搜尋策略

我們研究至2004年1月以前The Cochrane Library的The Cochrane HepatoBiliary Group Controlled Trials Register, the Cochrane Central Register of Controlled Trials (CENTRAL), MEDLINE和 EMBASE等資料庫。 我們手動搜索胃腸內視鏡檢查法 (1983年−2002年), 流覽所有包含的隨機臨床試驗的目錄,聯繫所有被忽略的隨機試驗的原始作者。

選擇標準

比較內視鏡下取石氣球擴張法和內視鏡下乳頭括約肌切開術用於移除總膽管結石的隨機臨床試驗,不受發表狀態,語言或盲法的限制。

資料收集與分析

2位作者獨立收集資料,決定研究是否被收錄,提取資料,評估品質。 如果出現不可解決的矛盾,第3位作者將會做出最終決定。 使用RevMan 完成分析。

主要結論

共有15個隨機試驗符合我們的收錄標準 (1768受試者)。 不到一半的試驗有記錄充足的隨機化方法,只有兩個試驗使用盲法評估結果。內視鏡下取石氣球擴張法明顯不能成功移除膽石 (相對風險度(RR) 0.90, 95% 信賴區間 (CI) 0.84 0.97, 隨機效果),需要使用機械碎石術的機率更高(RR 1.34, 95% CI 1.08 1.66, 隨機效果), 引起胰臟炎的風險更大 (RR 1.98, 95 CI 1.35 2.90, 固定效果)。相反,內視鏡下取石氣球擴張法具有統計學意義上明顯較低的出血率。內視鏡下取石氣球擴張法使得短期和長期感染明顯較低。內視鏡下取石氣球擴張法和內視鏡下乳頭括約肌切開術在死亡率,穿孔,總體短期併發症方面沒有顯著差異。

作者結論

內視鏡下取石氣球擴張法不如內視鏡下乳頭括約肌切開術能夠順利移除總膽管結石,引起胰臟炎的風險較高。 但是對於凝血病,存在感染風險,或是老年病人來說,採用內視鏡下取石氣球擴張法具有臨床角色。

翻譯人

此翻譯計畫由臺灣國家衛生研究院(National Health Research Institutes, Taiwan)統籌。

總結

內視鏡下取石氣球擴張法不如內視鏡下乳頭括約肌切開術能夠順利移除總膽管結石。內視鏡下取石氣球擴張法不如內視鏡下乳頭括約肌切開術能夠順利移除膽石,引起胰臟炎的風險較高。但是對於凝血病,存在感染風險,或是老年病人來說,採用內視鏡下取石氣球擴張法具有臨床角色。

アブストラクト

総胆管結石に対する内視鏡下括約筋バルーン拡張術(括約筋形成術)と括約筋切開術の比較

背景

内視鏡下バルーン拡張術は、オッディ括約筋を温存し括約筋の機能不全による望ましくない影響を避けるために、内視鏡下括約筋切開術に代わるものとして導入された。内視鏡下バルーン拡張術は、ある多施設共同試験において膵炎リスクが上昇したことが指摘されたため、米国の内視鏡専門医によってほとんど放棄されているが、アジアと欧州では依然として使用されている。

目的

総胆管結石の管理において内視鏡下バルーン拡張術と内視鏡下括約筋切開術の利益と弊害を比較評価する。

検索戦略

コクラン・ライブラリにおけるCochrane Hepato-Biliary Group Controlled Trials Register、Cochrane Central Register of Controlled Trials(CENTRAL)、MEDLINEおよびEMBASEを 2004年1月まで検索した。Gastrointestinal Endoscopy(1983年~2002年)をハンドサーチし、レビューに含めたすべてのランダム化臨床試験の書誌事項を通読し、見落としたランダム化試験に関してすべての筆頭著者に問い合わせた。

選択基準

発表状況、言語、盲験化に関係なく、総胆管結石摘出における内視鏡下バルーン拡張術と内視鏡下括約筋切開術を比較しているランダム化臨床試験。

データ収集と分析

研究をレビューに含めるかどうかの決定、データの抽出、品質の評価について、2名のレビューアが別々にデータ収集を行った。解決できない不一致がある場合には3人目のレビューアが最終決定を下した。解析はRevMan Analysisによって行った。

主な結果

15件のランダム化試験が本レビューの選択基準を満たした(参加者1768例)。適切なランダム化を報告した試験は半分に満たず、アウトカム評価に盲験化を使用した試験は2件のみであった。 内視鏡下バルーン拡張術は結石摘出の成功率が統計的に低く(相対リスク(RR)0.90、95%信頼区間(CI)0.84~0.97)、機械的砕石術を必要とする割合が高く(RR 1.34、95vCI 1.08~1.66)、膵炎リスクが高かった(RR 1.96、95 CI 1.34~2.89)。逆に、出血の割合は内視鏡下バルーン拡張術のほうが統計的に有意に低かった。固定効果モデルを適応すると、内視鏡下バルーン拡張術は短期感染も長期感染も有意に少ない。死亡率、穿孔、全短期合併症に関しては、統計的有意差はなかった。

著者の結論

結石摘出における内視鏡下バルーン拡張術は内視鏡括約筋切開術よりも成功率がやや低く、膵炎リスクが高かった。しかしながら、内視鏡下バルーン拡張術は、凝固障害のある患者、感染リスクのある患者、またおそらく高齢患者に対して臨床的な役割を有するように思われる。

訳注

監  訳: 2006.12.27

実施組織: 厚生労働省委託事業によりMindsが実施した。

ご注意 : この日本語訳は、臨床医、疫学研究者などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、Minds事務局までご連絡ください。Mindsでは最新版の日本語訳を掲載するよう努めておりますが、編集作業に伴うタイム・ラグが生じている場合もあります。ご利用に際しては、最新版(英語版)の内容をご確認ください。

Plain language summary

Endoscopic balloon dilation seems inferior to endoscopic sphincterotomy for common bile duct stone removal

Endoscopic balloon dilation is slightly less successful than endoscopic sphincterotomy in stone extraction and more risky in inducing pancreatitis. However, endoscopic balloon dilation seems to have a clinical role in patients who have a coagulopathy, who are at risk for infection, and possibly in those who are older.

Ancillary