Get access

Influenza vaccines for preventing coronary heart disease

  • Review
  • Intervention

Authors


Abstract

Background

Vaccination against influenza may reduce the risk of coronary heart disease. However the evidence is scarce and the size of the benefit is unknown.

Objectives

To assess the potential benefit of influenza vaccination for primary and secondary prevention of coronary heart disease.

Search methods

We searched the Cochrane Central Register of Controlled Trials, Issue 4 2007, MEDLINE (2005 to January 2008) and EMBASE (2005 to January 2008). Furthermore, we searched databases for recent or ongoing trials and reference lists of articles. Lastly, we contacted pharmaceutical companies for non published data or trials on influenza vaccination. No language restrictions were applied.

Selection criteria

Randomised clinical trials of influenza vaccination compared to placebo or no treatment in primary or secondary prevention with outcome on coronary heart disease.

Data collection and analysis

Data extraction and the assessment of quality was done with a predefined form by two review authors independently. We contacted investigators when data on the outcome were missing.

Main results

In the two included trials, 778 participants were randomised to vaccination or placebo. Only 39 participants died a cardiovascular death. In addition, only 35 participants had an acute myocardial infarction. Consequently, estimates of treatment effects were imprecise.

Authors' conclusions

Despite the significant effect noted in the studies, we concluded that there are not enough data to evaluate the effect of vaccination on coronary heart disease.

摘要

流感疫苗對避免心臟冠狀動脈疾病的影響

研究背景

流感疫苗也許能減低心臟冠狀動脈疾病的風險. 然而這方面的證據是十分缺乏的而且能夠獲得的好處也是未知的

研究目的

評估流感疫苗對於主要及次要避免心血管疾病的潛在好處

检索策略

我們搜尋了 Cochrane Central Register of Controlled Trials, Issue 4 2007, MEDLINE (2005 to January 2008) 和EMBASE (2005 to January 2008)資料庫. 此外 我們也搜尋了最近或是正在進行的試驗以及參考文獻表上的所列的文獻. 最後,我們聯絡的藥品製作公司尋求一些沒有被發布或是正在試驗中關於流感疫苗的一些資料.這些資料並沒有語言上的限制.

标准/纳入排除标准

以隨機臨床試驗(RCT)的方式來比較流感疫苗, 安慰劑,及沒有接受治療這三組在主要或次要避免心臟血管疾病上的結果

数据收集与分析

由兩位獨立的作者,藉由事先就定義好的表格,摘錄資料以及評估品質。當結果的數據有遺失時 我們會與研究者接觸.

主要结果

在這兩個的試驗中,778個受試者被隨機的分配到打疫苗或是安慰劑這兩組. 其中只有39個受試者死於心臟血管疾病. 此外, 僅有35個受試者有發生急性心肌梗塞.因此,估計的治療效果是不正確的

作者结论

在這些研究理, 除了顯著的效果外, 我們得到另一個結論是沒有足夠的資料來評估疫苗對於心血管疾病的效果.

アブストラクト

冠動脈疾患の予防のためのインフルエンザワクチン

背景

インフルエンザワクチンを接種することにより、冠動脈疾患のリスクが減少するようである。しかしエビデンスは少なく、利益の大きさは不明である。

目的

冠動脈疾患の一次予防と二次予防についてインフルエンザワクチンの利益の可能性を評価する。

検索戦略

Cochrane Central Register of Controlled Trials(2007年第4号)、MEDLINE(2005年~2008年1月)、EMBASE(2005年~2008年1月)を検索した。さらに、最近または実施中の試験のデータベースと論文の参考文献リストを検索した。最後に、インフルエンザワクチンに関する未発表データまたは試験について製薬企業に問い合わせた。言語に制約は設けなかった。

選択基準

冠動脈疾患をアウトカムとした一次予防または二次予防について、インフルエンザワクチンをプラセボまたは無治療の場合と比較しているランダム化臨床試験。

データ収集と分析

2名のレビューアが事前に設定した様式を用いて独自にデータを抽出し、質を評価した。アウトカムに関するデータが欠如している場合は試験責任医師に問い合わせた。

主な結果

2件の選択した試験において、778例の参加者がワクチン接種またはプラセボにランダム化された。心血管イベントによる死亡は39例のみであった。さらに、急性心筋梗塞を発症していたのは35例のみであった。したがって、治療効果の推定は不正確である。

著者の結論

上記の研究では有意な効果が認められたが、冠動脈疾患に対するワクチン接種の効果を評価するにはデータが不十分であると結論した。

訳注

監  訳: 澤村 匡史,2008.11.18

実施組織: 厚生労働省委託事業によりMindsが実施した。

ご注意 : この日本語訳は、臨床医、疫学研究者などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、Minds事務局までご連絡ください。Mindsでは最新版の日本語訳を掲載するよう努めておりますが、編集作業に伴うタイム・ラグが生じている場合もあります。ご利用に際しては、最新版(英語版)の内容をご確認ください。

Plain language summary

Influenza vaccines for preventing coronary heart disease

Vaccination against influenza may reduce the risk of coronary heart disease. All randomised trials comparing people receiving active vaccine with those receiving a placebo vaccine or no vaccine were searched. Two small trials were found, with a total of 778 participants. Only a small number of people suffered acute heart disease in these trials, so it is difficult to reach any conclusions about the effect of influenza vaccination for preventing heart disease.

概要

流感疫苗也許能降低心血管疾病的風險. 搜尋了所有比較活疫苗,使用安慰劑或是沒有使用疫苗的隨機臨床試驗後.我們找到了兩個小型試驗,共778受試者.在這些試驗裡,只有一小部份的人發生了急性心臟疾病. 所以疫苗對於避免心臟疾病的效果是很難去下任何結論的.

翻译注解

Ancillary