Yizhi capsule for vascular dementia

  • Review
  • Intervention

Authors


Abstract

Background

Vascular dementia (VD) is a syndrome or diagnosis that has different causes and clinical manifestations relating to several different vascular mechanisms and changes in the brain. Some traditional Chinese herbal medicines were developed for treating VD. Yizhi capsule is one such herbal concoction which is reported to improve clinical symptoms significantly. The efficacy and adverse effects of Yizhi capsule need to be reviewed systematically and assessed critically to inform clinical practice and guide the continued search for new treatment regimens.

Objectives

To assess the effectiveness and possible adverse events of 'Yizhi capsule' in treating vascular dementia.

Search methods

The Cochrane Dementia and Cognitive Improvement Group's Specialised Register, The Cochrane Library, EMBASE, MEDLINE, PsycINFO, CONAHL, LILACS, clinical trial registries and grey literature sources were searched on 8 January 2009 using the terms yi-zhi, "yi zhi" and yizhi. In addition the review authors searched a variety of Chinese databases.

Selection criteria

Randomised, placebo controlled trials in which patients with vascular dementia were treated with 'Yizhi capsule' were included.

Data collection and analysis

Two authors independently assessed trial quality and extracted data. We telephoned study authors for missing information as to whether treatment allocation was randomised and other methodological details.

Main results

No studies were found that met the inclusion criteria. We identified nine references to trials which included the term 'Yizhi capsule' in the description of the interventions. Two study authors were contacted by telephone and we discovered that the allocation methods they had used were not actually randomised. Four references were describing the same study. Three studies were excluded because 'positive drugs' were used as a control.

Authors' conclusions

There is no evidence from randomised controlled trials to support or proscribe against the use of 'Yizhi capsule' as a treatment for vascular dementia.

アブストラクト

脳血管性認知症に対する益智カプセル

背景

脳血管性認知症(VD)は、幾つかの異なる血管性機序や脳内の変化に関係した異なる原因および臨床症状を有する症候群または診断名である。幾つかの伝統的な漢方療法が、VD治療のために開発された。ヤクチ包はこのような漢方調合薬のひとつであり、臨床症状を有意に改善することが報告されている。臨床診療に情報を提供し、新たな治療レジメンのための継続的検索の手引きとするために、ヤクチ包の有効性および有害作用をシステマティックにレビューし、厳密に評価する必要がある。

目的

脳血管性認知症の治療に際しての「益智カプセル」の有効性および起こりうる有害事象を評価する。

検索戦略

2009年1月8日に、用語yi-zhi、“yi zhi”およびyizhiを用いて、Cochrane Dementia and Cognitive Improvement Group's Specialised Register、コクラン・ライブラリ、EMBASE、MEDLINE、PsycINFO、CONAHL、LILACS、臨床試験登録および灰色文献情報源を検索した。加えて、レビューアはさまざまな中国のデータベースを検索した。

選択基準

脳血管性認知症の患者を「益智カプセル」で治療していたランダム化プラセボ比較試験を含めた。

データ収集と分析

2名のレビューアが独自に試験の質を評価し、データを抽出した。治療の割付けがランダム化されていたかどうかの欠けていた情報、その他方法論の詳細については、研究著者に電話で問い合わせた。

主な結果

選択基準に適合する研究は見出せなかった。介入の記述に「ヤクチ包」という用語を含む試験の参考文献9件を同定した。2件の研究著者に電話で問い合わせたところ、彼らが用いた割付け方法は実際にはランダム化したものではないことが分かった。4件の参考文献は同一の研究を記述したものであった。3件の研究は対照として「実薬」を用いていたため除外した。

著者の結論

ランダム化比較試験からは、脳血管性認知症に対する治療として「ヤクチ包」の使用を支持もしくは禁止するようなエビデンスはない。

訳注

監  訳: 大神 英一,2009.9.15

実施組織: 厚生労働省委託事業によりMindsが実施した。

ご注意 : この日本語訳は、臨床医、疫学研究者などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、Minds事務局までご連絡ください。Mindsでは最新版の日本語訳を掲載するよう努めておりますが、編集作業に伴うタイム・ラグが生じている場合もあります。ご利用に際しては、最新版(英語版)の内容をご確認ください。

Plain language summary

There is no evidence from randomised controlled trials for or against the use of 'Yizhi capsule' as a treatment for vascular dementia

Vascular dementia (VD) is a syndrome or diagnosis that has different causes and clinical manifestations relating to several different vascular mechanisms and changes in the brain. It influences a patient's quality of life seriously. 'Yizhi capsule' is believed to be effective in the treatment of vascular dementia for improving cognitive function. The review authors found no randomised placebo controlled trials that considered 'Yizhi capsule' for patients with vascular dementia. High quality, placebo controlled research is needed.