Get access

Cholecystectomy for gallbladder polyp

  • Review
  • Intervention

Authors


Abstract

Background

The management of gallbladder polyps is controversial. Cholecystectomy has been recommended for gallbladder polyps larger than 10 mm because of the association with gallbladder cancer. Cholecystectomy has also been suggested for gallbladder polyps smaller than 10 mm in patients with biliary type of symptoms.

Objectives

The aim of this review is to compare the benefits (relief of symptoms, decreased incidence of gallbladder cancer) and harms (surgical morbidity) of cholecystectomy in patients with gallbladder polyp(s).

Search methods

We searched The Cochrane Hepato-Biliary Group Controlled Trials Register, the Cochrane Central Register of Controlled Trials (CENTRAL) in The Cochrane Library, MEDLINE, EMBASE, and Science Citation Index Expanded until July 2008 to identify the randomised trials.

Selection criteria

Only randomised clinical trials (irrespective of language, blinding, or publication status) comparing cholecystectomy and no cholecystectomy were considered for the review.

Data collection and analysis

We planned to collect the data on the characteristics, methodological quality, mortality, number of patients in whom symptoms were improved or cured from the one identified trial. We planned to analyse the data using the fixed-effect and the random-effects models using RevMan Analysis. For each outcome we planned to calculate the risk ratio (RR) with 95% confidence intervals based on intention-to-treat analysis.

Main results

We were unable to identify any randomised clinical trials comparing cholecystectomy versus no cholecystectomy in patients with a gallbladder polyp.

Authors' conclusions

There are no randomised trials comparing cholecystectomy versus no cholecystectomy in patients with gallbladder polyps. Randomised clinical trials with low bias -risk are necessary to address the question of whether cholecystectomy is indicated in gallbladder polyps smaller than10 mm.

摘要

背景

膽囊切除術治療膽囊息肉

人們對於膽囊息肉的治療存有爭議。一般建議對大於10mm的膽囊息肉實施膽囊切除術,因為這樣會引發膽囊癌。同時,針對膽道症狀的病人,小於10mm的膽囊息肉,也建議施行膽囊切除術。

目標

本次文獻回顧的目的在於比較膽囊切除術治療膽囊息肉病人的益處(緩解症狀、降低膽囊癌的發病率) 和害處 (手術發生率)。

搜尋策略

我們搜尋截至2008年7月The Cochrane HepatoBiliary Group Controlled Trials Register、Cochrane Library的Cochrane Central Register of Controlled Trials (CENTRAL),MEDLINE, EMBASE和Science Citation Index,以找出隨機試驗。

選擇標準

本次文獻回顧只考慮膽囊切除術和無膽囊切除術的隨機臨床試驗(不受語言,盲法或發表狀況的限制)。

資料收集與分析

我們計畫由一個已找出的試驗中收集有關試驗特性、方法學質量、死亡率、症狀有改善或治癒的病人人數等數據。我們使用有RevMan 以固定效果模式和隨機效果模式分析資料。 對每次結果,我們計畫以治療意向為基礎,計算風險比率(risk ratio,RR),95% CI。

主要結論

我們沒有找到膽囊切除術對照無膽囊切除術治療膽囊息肉病人的隨機臨床試驗。

作者結論

沒有膽囊切除術對照無膽囊切除術治療膽囊息肉病人的隨機臨床試驗。 需要偏誤風險低的隨機臨床試驗,以提出是否膽囊切除術能夠治療小於10mm的膽囊息肉。

翻譯人

此翻譯計畫由臺灣國家衛生研究院(National Health Research Institutes, Taiwan)統籌。

總結

隨機臨床試驗沒有提供膽囊息肉最佳治療方法的證據:人們對於膽囊息肉的處治存有爭議。人們建議對大於10mm的膽囊息肉實施膽囊切除手術,因為這樣會引發膽囊癌。膽囊切除術也建議治療有膽管疼痛症狀而膽囊息肉小於10mm的病人。 沒有膽囊切除術對照無膽囊切除術治療膽囊息肉病人的隨機臨床試驗。 需要偏誤風險低(系統誤差低的可能性)的隨機臨床試驗來評估膽囊切除術治療小於10mm的膽囊息肉的作用。 沒有膽囊切除術對照無膽囊切除術治療膽囊息肉病人的隨機臨床試驗。 需要偏誤風險低(系統誤差低的可能性)的隨機臨床試驗來評估膽囊切除術治療小於10mm的膽囊息肉的作用。

アブストラクト

胆嚢ポリープに対する胆嚢摘出術

背景

胆嚢ポリープの管理には賛否両論がある。胆嚢癌との関係で10mmを超える胆嚢ポリープについては胆嚢摘出術が推奨されている。胆道関連の症状のある患者には10mm未満の小さな胆嚢ポリープでも胆嚢摘出術が示唆されている。

目的

本レビューは、胆嚢ポリープのある患者を対象に胆嚢摘出術の利益(症状緩和、胆嚢癌の発現率の低下)と有害性(手術による合併症発症率)を比較することを目的とする。

検索戦略

ランダム化試験を同定するためにCochrane Hepato-Biliary Group Controlled Trials Register、コクラン・ライブラリのCochrane Central Register of Controlled Trials (CENTRAL)、MEDLINE、EMBASEおよびScience Citation Index Expandedを2008年7月まで検索した。

選択基準

(言語、盲検化または出版状況にかかわりなく)胆嚢摘出術施行令を胆嚢摘出術非施行例と比較したランダム化臨床試験のみをレビューのために検討した。

データ収集と分析

同定した1件の試験から、特性、方法論の質、死亡率、症状が改善または治癒した患者数に関するデータの収集を計画した。RevMan解析を用いた固定効果モデルおよびランダム効果モデルによるデータの解析を計画した。各アウトカムについて、ITT解析に基づいてリスク比(RR)と95%信頼区間の算出を計画した。

主な結果

胆嚢ポリープ患者を対象に胆嚢摘出術施行例と胆嚢摘出術非施行例を比較したランダム化臨床試験を同定することはできなかった。

著者の結論

胆嚢ポリープ患者を対象に胆嚢摘出術施行例と胆嚢摘出術非施行例を比較していたランダム化試験はなかった。10mm未満の小さな胆嚢ポリープに対して胆嚢摘出術が必要であるかどうかにの疑問を検討するために、バイアス・リスクの低いランダム化臨床試験が必要である。

訳注

監  訳: 吉田 雅博,2009.5.13

実施組織: 厚生労働省委託事業によりMindsが実施した。

ご注意 : この日本語訳は、臨床医、疫学研究者などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、Minds事務局までご連絡ください。Mindsでは最新版の日本語訳を掲載するよう努めておりますが、編集作業に伴うタイム・ラグが生じている場合もあります。ご利用に際しては、最新版(英語版)の内容をご確認ください。

Plain language summary

No evidence from randomised clinical trials for optimal treatment for gallbladder polyp

The management of gallbladder polyp is controversial. Removal of the gallbladder (cholecystectomy) for gallbladder polyps larger than 10 mm has been recommended because of the association between polyps larger than 10 mm and gallbladder cancer. Cholecystectomy is often recommended for patients with biliary type pain and polyps smaller than 10 mm. There has been no randomised clinical trial comparing cholecystectomy with observation for gallbladder polyps. Randomised clinical trials with low bias-risk (low likelihood of systematic error) are necessary to evaluate the role of cholecystectomy in gallbladder polyps smaller than 10 mm.

Get access to the full text of this article