Get access

Blood pressure lowering efficacy of diuretics as second-line therapy for primary hypertension

  • Review
  • Intervention

Authors

  • Jenny MH Chen,

    Corresponding author
    1. University of British Columbia, Department of Anesthesiology, Pharmacology and Therapeutics, Vancouver, BC, Canada
    • Jenny MH Chen, Department of Anesthesiology, Pharmacology and Therapeutics, University of British Columbia, 2176 Health Sciences Mall, Vancouver, BC, V6T 1Z3, Canada. koko_jesse@hotmail.com.

    Search for more papers by this author
  • Balraj S Heran,

    1. Peninsula College of Medicine & Dentistry, University of Exeter, Peninsula Technology Assessment Group (PenTAG), Exeter, Devon, UK
    Search for more papers by this author
  • James M Wright

    1. University of British Columbia, Department of Anesthesiology, Pharmacology and Therapeutics, Vancouver, BC, Canada
    Search for more papers by this author

Abstract

Background

Diuretics are widely prescribed for hypertension not only as a first-line drug but also as a second-line drug. Therefore, it is essential to determine the effects of diuretics on blood pressure (BP), heart rate and withdrawals due to adverse effects (WDAEs) when given as a second-line drug.

Objectives

To quantify the additional reduction in systolic blood pressure (SBP) and diastolic blood pressure (DBP) of diuretic therapy as a second-line drug in patients with primary hypertension

Search methods

CENTRAL (The Cochrane Library 2008, Issue 2), MEDLINE (1966-July 2008), EMBASE (1988-July 2008) and bibliographic citations of articles and reviews were searched.

Selection criteria

Double-blind, randomized, controlled trials evaluating the BP lowering efficacy of a diuretic in combination therapy with another class of anti-hypertensive drugs compared with the respective monotherapy (without a diuretic) for a duration of 3 to 12 weeks in patients with primary hypertension.

Data collection and analysis

Two review authors independently extracted the data and assessed trial quality.

Main results

Fifty-three double-blind RCTs evaluating a thiazide in 15129 hypertensive patients (baseline BP of 156/101 mmHg) were included. Hydrochlorothiazide was the thiazide used in 49/53 (92%) of the included studies. The additional BP reduction caused by the thiazide as a second drug was estimated by comparing the difference in BP reduction between the combination and monotherapy groups. Thiazides as a second-line drug reduced BP by 6/3 and 8/4 mmHg at doses of 1 and 2 times the manufacturer's recommended starting dose respectively. The BP lowering effect was dose related. The effect was similar to that obtained when thiazides are used as a single agent. Only 3 double-blind RCTs evaluating loop diuretics were identified. These RCTs showed a BP lowering effect of a starting dose of about 6/3 mmHg.

Authors' conclusions

Thiazides when given as a second-line drug have a dose related effect to lower blood pressure that is similar to when they are added as a first-line drug. This means that the BP lowering effect of thiazides is additive. Loop diuretics appear to have a similar blood pressure lowering effect as thiazides at 1 times the recommended starting dose. Because of the short duration of the trials and lack of reporting of adverse events, this review does not provide a good estimate of the incidence of adverse effects of diuretics given as a second-line drug.

摘要

以利尿劑作為第二線治療對於原發性高血壓降壓之效果

研究背景

利尿劑廣泛被使用於治療高血壓,不僅作為第一線藥物,也可作為第二線藥物。所以當給作為第二線藥物時;應確認利尿藥的作用對於血壓(BP)、心率和因副作用造成不良反應 (WDAEs) 。

研究目的

對於利尿劑作為第二線藥物治療原發性高血壓的病人時,我們針對收縮壓(SBP)和舒張壓(DBP)的降低效果,作定量分析。

检索策略

搜尋CENTRAL(The Cochrane Library 2008, Issue 2), MEDLINE (1966–July 2008), EMBASE (1988–July 2008)和文章與回顧評論性的書目引證。

标准/纳入排除标准

使用雙盲,隨機化的,控制性試驗比較在原發性高血壓病人身上使用利尿劑合併其他種類抗高血壓藥物與單獨療法(沒有利尿劑)3個到12個星期期間血壓降低的效果。

数据收集与分析

二位評論者獨立地擷取資料,並分析試驗的品質。

主要结果

本篇文章包含五十三個雙盲隨機對照試驗,共評估使用thiazide在15129位高血壓患者 (基礎血壓為156/101 毫米汞柱)。在53個試驗中,49個 (92%) 試驗使用Hydrochlorothiazide。 Thiazide做為二線藥物所降低額外的血壓減少可藉由比較合併和單獨療法間血壓差異性來做評估。Thiazides作為二線藥物的藥量在製造商建議下,使用1和2倍劑量時,分別可降低血壓: 6/3和8/4毫米汞柱。降低血壓的效果與藥物劑量間是具相關性。當thiazides做為單一藥物時,可獲得相似的藥效。只有3個雙盲RCTs評估環利尿劑效用。這些RCTs顯示了在開始的藥量的作用下,血壓降低大約6/3mmHg。

作者结论

當給予Thiazides當作二線藥物時,具有劑量性相關的降血壓的作用;其療效與它們作為第一線藥物時相似。這表示thiazides降低血壓的作用是附加的。環利尿劑在建議起始劑量1倍下有相似的降血壓效果。由於這些試驗時間短和缺乏副作用的報告,這篇回顧性文章無法提供有關評估利尿劑在做為二線藥物時,副作用的發生率。

アブストラクト

原発性高血圧に対するセカンドライン治療としての利尿薬の降圧効果

背景

利尿薬は高血圧に対するファーストライン薬としてだけでなく、セカンドライン薬としても広く処方されている。そのためセカンドライン薬として投与した場合、利尿薬が血圧(BP)、心拍数、有害作用による薬剤中止(WDAE)に及ぼす影響を明らかにすることが肝要である。

目的

原発性高血圧の患者を対象にセカンドライン薬として用いた利尿薬療法によってさらに低下した収縮期血圧(SBP)および拡張期血圧(DBP)を定量化する。

検索戦略

CENTRAL(コクラン・ライブラリ2008年第2号)、MEDLINE(1966年~2008年7月)、EMBASE(1988年~2008年7月)ならびに論文および総説の引用参考文献を検索した。

選択基準

原発性高血圧の患者を対象に、別のクラスの降圧薬と利尿薬を併用した降圧効果を、各単剤治療(利尿薬を併用しない)効果と比較評価した3週間~12週間にわたる二重盲検ランダム化比較試験(RCT)。

データ収集と分析

2名のレビューアが独立にデータを抽出し、試験の質を評価した。

主な結果

高血圧患者15,129例(ベースライン血圧156/101mmHg)を対象に、サイアザイド系利尿薬を評価していた53件の二重盲検RCTを含めた。これらの53件の研究のうち49件(92%)で、サイアザイド系利尿薬としてヒドロクロロチアジドが使用されていた。併用治療群と単剤治療群との間で血圧低下量の差を比較することにより、第2の薬剤として用いたサイアザイド系によってさらに低下した血圧低下の値を推定した。セカンドライン薬として製造業者の推奨初回用量と同用量および2倍用量で用いたサイアザイド系はそれぞれ、血圧を6/3mmHgおよび8/4mmHg低下させた。降圧効果は用量に関係していた。効果は、サイアザイド系を単剤として用いた場合に得られる効果と同様であった。ループ利尿薬を評価していた二重盲検RCTが3件でのみ同定された。これらのRCTから、初回用量で約6/3mmHgの降圧効果が示された。

著者の結論

セカンドライン薬として投与された場合のサイアザイド系には、ファーストライン薬として追加された場合と同様の用量関連の降圧効果がある。このことは、サイアザイド系の降圧効果は相加的であることを意味する。ループ利尿薬には、推奨初回用量と同用量でサイアザイド系と同様の降圧効果があると考えられる。試験期間が短く、有害事象が報告されていなかったため、本レビューからは、セカンドライン薬として投与された利尿薬の有害作用の発現頻度の良好な推定値は示されなかった。

訳注

監  訳: 相原 守夫,2010.2.10

実施組織: 厚生労働省委託事業によりMindsが実施した。

ご注意 : この日本語訳は、臨床医、疫学研究者などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、Minds事務局までご連絡ください。Mindsでは最新版の日本語訳を掲載するよう努めておりますが、編集作業に伴うタイム・ラグが生じている場合もあります。ご利用に際しては、最新版(英語版)の内容をご確認ください。

Plain language summary

Diuretics effective in lowering blood pressure when given as a second drug

Diuretics are a good first-line treatment for high blood pressure (BP). Diuretics include loop diuretics and thiazides. We asked how much do diuretics reduce BP when used as the second drug to treat hypertension. We performed a search of the available scientific literature to find all trial evidence to assess this question. Fifty-six trials were found. Fifty-three trials involved thiazide diuretics (92% with the drug hydrochlorothiazide) and included a total of 15310 participants. Adding a thiazide to another anti-hypertensive drug further reduces the BP by an additional 6/3 mmHg when given at the starting dose and reduces BP by 8/4 mmHg at 2 times the starting dose. This is approximately the same effect as when the drugs are used alone. A good estimate of the harms associated with diuretics cannot be estimated in this review because of the lack of reporting and the short duration of the trials.

概要

利尿劑做為二線降血壓藥物時的降壓療效。利尿劑是治療高血壓的第一線用藥,利尿劑包括環利尿劑和thiazides。我們尋問當利尿劑作為第二種治療高血壓藥物時,可降低多少血壓?我們搜尋了可利用的科學文獻,查尋到所有可評估這個問題的試驗證據。共找到了56組試驗,其中53組試驗以thiazide利尿劑治療 (92%藥物是hydrochlorothiazide),共有15310位試驗者參與。結果發現:加入thiazide與另一抗高血壓藥物合併治療時,於藥物起始劑量可額外降低血壓6/3毫米汞柱;當給起始劑量2倍時可降低血壓8/4毫米汞柱;這與藥物單獨使用時效果相當。由於這些試驗時間短和缺乏副作用的報告,無法提供與利尿劑相關副作用之評估資訊。

翻译注解

Ancillary