Get access

Interventions for fatigue and weight loss in adults with advanced progressive illness

  • Review
  • Overview

Authors

  • Cathy Payne,

    Corresponding author
    1. University of Ulster, All Ireland Institute of Hospice and Palliative Care, School of Health Sciences, Belfast, Northern Ireland, UK
    • Cathy Payne, All Ireland Institute of Hospice and Palliative Care, School of Health Sciences, University of Ulster, Belfast, Northern Ireland, UK. cpayne@olh.ie. c.payne@ulster.ac.uk.

    Search for more papers by this author
  • Philip J Wiffen,

    1. University of Oxford, Pain Research and Nuffield Department of Clinical Neurosciences (Nuffield Division of Anaesthetics), Oxford, Oxfordshire, UK
    Search for more papers by this author
  • Suzanne Martin

    1. University of Ulster, Faculty of Life and Health Sciences, Newtownabbey, Co. Antrim Northern Ireland, UK
    Search for more papers by this author

Abstract

Background

Fatigue and unintentional weight loss are two of the commonest symptoms experienced by people with advanced progressive illness. Appropriate interventions may bring considerable improvements in function and quality of life to seriously ill people and their families, reducing physical, psychological and spiritual distress.

Objectives

To conduct an overview of the evidence available on the efficacy of interventions used in the management of fatigue and/or unintentional weight loss in adults with advanced progressive illness by reviewing the evidence contained within Cochrane reviews.

Methods

We searched the Cochrane Database of Systematic Reviews (CDSR) for all systematic reviews evaluating any interventions for the management of fatigue and/or unintentional weight loss in adults with advanced progressive illness (The Cochrane Library 2010, Issue 8). We reviewed titles of interest by abstract. Where the relevance of a review remained unclear we reached a consensus regarding the relevance of the participant group and the outcome measures to the overview. Two overview authors extracted the data independently using a data extraction form. We used the measurement tool AMSTAR (Assessment of Multiple SysTemAtic Reviews) to assess the methodological quality of each systematic review.

Main results

We included 27 systematic reviews (302 studies with 31,833 participants) in the overview. None of the included systematic reviews reported quantitative data on the efficacy of interventions to manage fatigue or weight loss specific to people with advanced progressive illness. All of the included reviews apart from one were deemed of high methodological quality. For the remaining review we were unable to ascertain the methodological quality of the research strategy as it was described. None of the systematic reviews adequately described whether conflict of interests were present within the included studies.

Management of fatigue

Amyotrophic lateral sclerosis/motor neuron disease (ALS/MND) - we identified one systematic review (two studies and 52 participants); the intervention was exercise.

Cancer - we identified five systematic reviews (116 studies with 17,342 participants); the pharmacological interventions were eicosapentaenoic acid (EPA) and any drug therapy for the management of cancer-related fatigue and the non pharmacological interventions were exercise, interventions by breast care nurses and psychosocial interventions.

Chronic obstructive pulmonary disease (COPD) - we identified three systematic reviews (59 studies and 4048 participants); the interventions were self management education programmes, nutritional support and pulmonary rehabilitation.

Cystic fibrosis - we identified one systematic review (nine studies and 833 participants); the intervention was physical training.

Human immunodeficiency virus/acquired immune deficiency syndrome (HIV/AIDS) - we identified two systematic reviews (21 studies and 748 participants); the interventions were progressive resistive exercise and aerobic exercise.

Multiple sclerosis (MS) - we identified five systematic reviews (23 studies and 1502 participants); the pharmacological interventions were amantadine and carnitine. The non pharmacological interventions were diet, exercise and occupational therapy.

Mixed conditions in advanced stages of illness - we identified one systematic review (five studies and 453 participants); the intervention was medically assisted hydration.

Management of weight loss

ALS/MND - we identified one systematic review but no studies met the inclusion criteria for the systematic review; the intervention was enteral tube feeding.

Cancer - we identified three systematic reviews with a fourth systematic review also containing extractable data on cancer (66 studies and 5601 participants); the pharmacological interventions were megestrol acetate and eicosapentaenoic acid (EPA) (this systematic review is also included in the cancer fatigue section above). The non pharmacological interventions were enteral tube feeding and non invasive interventions for patients with lung cancer.

COPD - we identified one systematic review (59 studies and 4048 participants); the intervention was nutritional support. This systematic review is also included in the COPD fatigue section.

Cystic fibrosis - we identified two systematic reviews (three studies and 131 participants); the interventions were enteral tube feeding and oral calorie supplements.

HIV/AIDS - we identified four systematic reviews (42 studies and 2071 participants); the pharmacological intervention was anabolic steroids. The non pharmacological interventions were nutritional interventions, progressive resistive exercise and aerobic exercise. Both of the systematic reviews on exercise interventions were also included in the HIV/AIDS fatigue section.

MS - we found no systematic reviews which considered interventions to manage unintentional weight loss for people with a clinical diagnosis of multiple sclerosis at any stage of illness.

Mixed conditions in advanced stages of illness - we identified two systematic reviews (32 studies and 4826 participants); the interventions were megestrol acetate and medically assisted nutrition.

Authors' conclusions

There is a lack of robust evidence for interventions to manage fatigue and/or unintentional weight loss in the advanced stage of progressive illnesses such as advanced cancer, heart failure, lung failure, cystic fibrosis, multiple sclerosis, motor neuron disease, Parkinson's disease, dementia and AIDS. The evidence contained within this overview provides some insight into interventions which may prove of benefit within this population such as exercise, some pharmacological treatments and support for self management.

Researchers could improve the methodological quality of future studies by blinding of outcome assessors. Adopting uniform reporting mechanisms for fatigue and weight loss outcome measures would also allow the opportunity for meta-analysis of small studies.

Researchers could also improve the applicability of recommendations for interventions to manage fatigue and unintentional weight loss in advanced progressive illness by including subgroup analysis of this population within systematic reviews of applicable interventions.

More research is required to ascertain the best interventions to manage fatigue and/or weight loss in advanced illness. There is a need for standardised reporting of these symptoms and agreement amongst researchers of the minimum duration of studies and minimum percentage change in symptom experience that proves the benefits of an intervention. There are, however, challenges in providing meaningful outcome measurements against a background of deteriorating health through disease progression. Interventions to manage these symptoms must also be mindful of the impact on quality of life and should be focused on patient-orientated rather than purely disease-orientated experiences for patients. Systematic reviews and primary intervention studies should include the impact of the interventions on standardised validated quality of life measures.

アブストラクト

進行性疾患の成人の疲労および体重減少に対する介入

背景

疲労と予期せぬ体重減少は、進行性疾患患者の最も一般的な2大症状である。適切な治療介入は肉体的、精神的苦痛を和らげ、深刻な患者およびその家族の生活の機能や質に多大な改善をもたらす可能性がある。

目的

コクラン・レビューのエビデンスを検討し、進行性疾患患者における疲労および/または予期せぬ体重減少の管理に用いた治療介入の有効性に関して得られたエビデンスの概観

方法

Cochrane Database of Systematic Reviews (CDSR) 「The Cochrane Library2010年第8号」を用いて、進行性疾患の成人における疲労および/または予期せぬ体重減少の管理に対する治療介入を評価した系統的レビューをすべて調査した。抄録で対象となるタイトルを評価した。レビューの関連性が明らかでないものについては、参加群と概観の結果判定法の関連性に関して合意を得た。概説担当の著者2名はデータ抽出フォームを用い、データを独立して抽出した。レビュー方法に関する質の評価に、評価方法としてAMSTAR(Assessment of Multiple SysTemAtic Reviews)を使用した。

主な結果

今回の概説には27のシステマティック・レビュー(調査試験数302件、参加者数31,833例)を採択した。進行性疾患患者に特有の疲労や体重減少を管理する治療介入の有効性を定量的に表したデータの報告は、いずれのレビューにも見られなかった。1件を除いたレビュー方法はすべて質が高いものと判断した。その他のレビューについては、調査計画の方法に関する質が記述通りであったか確認することは不可能であった。対象とした試験内で、利益相反が調査に存在するかどうかを適切に記述しているシステマティック・レビューはなかった。

疲労管理

筋委縮性側索硬化症/運動ニューロン疾患(ALS/MND)の記述が1件のレビュー(2試験、参加者数52例)に見られた。治療介入は運動であった。

癌は5件のシステマティック・レビュレビュー(116試験、参加者数17,342例)に見られ、薬理学的治療介入は、癌に関連した疲労管理に用いたエイコサペンタエン酸(EPA)および薬剤治療で、非薬理学的治療介入は、運動、ブレストケアナースによる治療介入および心理社会的治療介入であった。

慢性閉塞性肺疾患(COPD)は3件のシステマティック・レビュー(59試験、参加者数4048例)で確認された。治療介入は自己管理教育プログラム、栄養補充、および肺リハビリテーションであった。

嚢胞性線維症は1件のシステマティック・レビュー(試験数9件、参加者数833例)に見られ、治療介入は身体トレーニングであった。

エイズ・ウィルス/後天性免疫不全症候群(HIV/AIDS)については2件のシステマティック・レビュー(試験数21件、参加者数748例)があり、治療介入は漸増抵抗運動および有酸素運動であった。

多発性硬化症(MS)は5件のシステマティック・レビュー(試験数23件、参加者数1502例)に見られ、薬理学的治療介入はアマンダジンおよびカルニチンであった。非薬理学的治療介入は食事療法、運動、作業療法であった。

進行性疾患の混合疾患については1件のレビュー(試験数5件、参加者数453例)に見られ、治療介入は医療用補助装置を使った水分補充であった。

体重減少の管理

ALS/MNDについては1件のシステマティック・レビューがあったが、レビューの対象基準に合う試験はなかった。治療介入は経腸チューブ栄養であった。

癌は3件のシステマティック・レビューに見られ、4件目には癌に関する抽出可能なデータが見られた。(試験数66件、参加者数5601例)薬理学的治療介入は酢酸メゲストロールおよびエイコサペンタエン酸(EPA)であった。(このレビューは上記の「疲労」の「癌」の項目にも含まれている)非薬理学的治療介入は経腸チューブ栄養で、肺癌患者には非侵襲的治療介入があった。

1件のシステマティック・レビュー(試験数59件、参加者数4048例)にCOPDが見られた。治療介入は栄養補充であった。このシステマティック・レビューは「疲労」の「COPD」の項目にも含まれている。

嚢胞性線維症は2件のシステマティック・レビュー(試験数3件、参加者数131例)に見られ、治療介入は経腸チューブ栄養および経口カロリーサプリメントであった。

HIV/AIDSは4件のシステマティック・レビュー(試験数42件、参加者数2071例)に見られ、薬理学的治療介入はタンパク同化ステロイドであった。非薬理学的治療介入は、栄養学的介入、漸増抵抗運動、有酸素運動であった。運動治療介入に関するシステマティック・レビューは共に、「疲労」の「HIV/AIDS」の項目にも含まれている。

MSについては、その臨床診断を受けた患者の、あらゆるステージでの予期せぬ体重減少をコントロールする治療介入について述べたシステマティック・レビューがなかった。

進行性疾患の混合疾患については2件のシステマティック・レビュー(試験数32件、参加者数4826例)があり、治療介入は酢酸メゲストロールおよび医療用補助装置を使った栄養摂取であった。

著者の結論

進行癌、心疾患、肺疾患、嚢胞性線維症、多発性硬化症、運動ニューロン疾患、パーキンソン病、認知症、AIDSなどの進行性疾患の末期における疲労および/または予期せぬ体重減少を管理する治療介入を、確実に証明するエビデンスは不足している。この概観のエビデンスは、運動、薬物学的治療、自己管理のサポートなど、患者での有効性が証明される可能性のある治療介入に対して、見解を提供するものである。

アウトカムの評価者を盲検化することにより、今後の調査方法の質を改善できる可能性がある。また疲労および体重減少のアウトカム指標を統一した報告方法を採用することにより、小規模研究のメタアナリシスが実施できる可能性がある。

また適応可能な治療介入のシステマティック・レビューで対象とした患者のサブグループを解析することにより、進行性疾患の疲労および予期せぬ体重減少を維持する治療介入の推奨に関する適応可能性が改善される可能性がある。

進行性疾患の疲労および/または体重減少を管理する最良の治療介入を確認するには、さらなる調査が必要である。これら症状を報告する方法を標準化し、また治療介入の利益を証明するための研究の最低実施期間および症状の最小変化率に関して研究者の間で統一させることが必要である。しかし、疾患進行で健康状態が悪化する状況では、有意義なアウトカムの評価結果を得ることは困難である。これら症状を管理する治療介入はまた、生活の質に対する影響を十分考慮していなければならず、単なる疾患重視の認識よりも患者重視の認識に焦点を置くべきである。システマティック・レビューおよび一次治療介入の研究には、標準化し、組み入れられた生活の質の評価に及ぼす治療介入の効果について対象とするべきである。

訳注

《実施組織》厚生労働省「「統合医療」に係る情報発信等推進事業」(eJIM:http://www.ejim.ncgg.go.jp/)[2016.7.11]
《注意》この日本語訳は、臨床医、疫学研究者などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、eJIM事務局までご連絡ください。なお、2013年6月からコクラン・ライブラリーのNew review, Updated reviewとも日単位で更新されています。eJIMでは最新版の日本語訳を掲載するよう努めておりますが、タイム・ラグが生じている場合もあります。ご利用に際しては、最新版(英語版)の内容をご確認ください。

Plain language summary

Managing weight loss and fatigue in advanced illness

Fatigue and unintentional weight loss are two of the commonest symptoms experienced by people with advanced progressive illness and can be of great concern to those affected and of even greater concern to formal and informal caregivers. No robust information currently exists on optimal interventions to manage fatigue and/or weight loss in any advanced progressive illness. This overview presents what we know from research held within Cochrane systematic reviews on treatments to manage these symptoms in non curative illnesses such as advanced cancer, heart failure, lung failure, cystic fibrosis, multiple sclerosis, motor neuron disease, Parkinson's disease, dementia and acquired immune deficiency syndrome (AIDS).

The treatment approaches for managing fatigue were pharmacological treatments including eicosapentaenoic acid (EPA), amantadine, carnitine and non pharmacological interventions including exercise and physical training, medically assisted hydration, psychosocial interventions including self management education programmes, occupational therapy and professional support services and dietary interventions including nutritional support. The treatment approaches for managing weight loss were pharmacological treatments including eicosapentaenoic acid (EPA), megestrol acetate and anabolic steroids and non pharmacological interventions including nutritional support, progressive resistive exercise and aerobic exercise.

More research is required to determine which interventions help to manage these symptoms for those who are living with advanced illness. Researchers need to consider how they can reduce the variability of study design and outcome measurements to allow for meaningful comparisons across future studies.

平易な要約

進行性疾患における体重減少および疲労の管理

疲労と予期せぬ体重減少は、進行性疾患患者の最も一般的な2大症状であり、患者にとってはもちろん、正規非正規を問わずその介護者にとっても大きな関心事である。現在のところ、進行性疾患における疲労や予期せぬ体重減少を管理する最適な治療介入に関する確かな情報はない。今回の概観では、進行癌、心疾患、肺疾患、嚢胞性線維症、多発性硬化症、運動ニューロン疾患、パーキンソン病、認知症、後天性免疫不全症候群(AIDS)などの完治の望めない疾患の症状管理する治療に関するシステマティック・レビューの調査から得られた知識について述べたものである。

疲労を管理する治療介入アプローチには、エイコサペンタエン酸(EPA)、アマンタジン、カルニチンなどの薬理学的治療介入と、運動、身体トレーニング、医学的補助装置を使った水分補充や自己管理教育プログラム、作業療法や専門的なサポートサービスなどの心理社会的治療介入および栄養補充などの食事治療介入のような非薬理学的治療介入があった。体重減少を管理する治療介入アプローチには、エイコサペンタエン酸(EPA)、酢酸メゲストロール、タンパク同化ステロイドなどの薬理学的治療介入と、栄養補充、漸増抵抗運動および有酸素運動などの非薬理学的治療介入があった。

進行性疾患患者のこれらの症状を管理する治療の助けとなる治療介入を確認するには、さらなる研究が必要である。これからの研究の比較検討を意義深いものにするために、研究デザインやアウトカム測定のばらつきをなくすよう考慮する必要がある。

訳注

《実施組織》厚生労働省「「統合医療」に係る情報発信等推進事業」(eJIM:http://www.ejim.ncgg.go.jp/)[2016.7.11]
《注意》この日本語訳は、臨床医、疫学研究者などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、eJIM事務局までご連絡ください。なお、2013年6月からコクラン・ライブラリーのNew review, Updated reviewとも日単位で更新されています。eJIMでは最新版の日本語訳を掲載するよう努めておりますが、タイム・ラグが生じている場合もあります。ご利用に際しては、最新版(英語版)の内容をご確認ください。

Ancillary