Acupuncture for stress urinary incontinence in adults

  • Review
  • Intervention

Authors

  • Yang Wang,

    Corresponding author
    1. Guang An Men Hospital, China Academy of Chinese Medical Sciences, Department of Acupuncture and Moxibustion, Beijing, China
    • Yang Wang, Department of Acupuncture and Moxibustion, Guang An Men Hospital, China Academy of Chinese Medical Sciences, No.5, Beixiange Street, Xuanwu District, Beijing, 100053, China. migofree@126.com.

    Search for more papers by this author
  • Liu Zhishun,

    1. Guang An Men Hospital, China Academy of Chinese Medical Sciences, Department of Acupuncture and Moxibustion, Beijing, China
    Search for more papers by this author
  • Weina Peng,

    1. Guang An Men Hospital, China Academy of Chinese Medical Sciences, Department of Acupuncture and Moxibustion, Beijing, China
    Search for more papers by this author
  • Jie Zhao,

    1. Chinese Medical Doctor Association, China Association of Chinese Medicine, Education Department of Guang An Men Hospital, China Academy of Chinese Medical Sciences, Beijing, Beijing, China
    Search for more papers by this author
  • Baoyan Liu

    1. China Academy of Traditional Chinese Medicine, Beijing, China
    Search for more papers by this author

Abstract

Background

The use of acupuncture for stress urinary incontinence is increasing in frequency, especially in Asian area. However, its effectiveness and side effects have not been evaluated.

Objectives

To assess the effectiveness and side effects of acupuncture for stress urinary incontinence in adults.

Search methods

We searched the Cochrane Incontinence Group Specialised Register (searched 28 January 2013), EMBASE, AMED, Chinese Biomedical Literature Database (CBM), Chinese Acupuncture Trials Register and China National Knowledge Infrastructure (CNKI) (all searched 20 February 2013). In addition, we searched the reference lists of relevant articles and contacted authors and trialists in the field.

Selection criteria

Randomised and quasi-randomised controlled trials of acupuncture interventions without other treatments for the management of stress urinary incontinence for adults.

Data collection and analysis

Two review authors independently assessed eligibility, trial quality and extracted data. We meta-analysed data where appropriate.

Main results

We identified 17 possibly eligible studies but only one small trial with 60 women met our inclusion criteria. The trial compared acupuncture versus midodrine, a drug for treating hypotension. The risk of bias was high as there was no concealment of randomised allocation, and there was no blinding of assessment of outcome. In addition, it was not possible to blind participants or health providers to the interventions. The statistical methods were not described.

More women improved in the acupuncture group (73% with acupuncture versus 33% with midodrine; risk ratio (RR) 2.20, 95% confidence interval (CI) 1.27 to 3.81) but the cure rates were low and not statistically significantly different (13% versus 7%; RR 2.00, 95% CI 0.40 to 10.11). There were adverse events in the drug group only.

Authors' conclusions

The effect of acupuncture for stress urinary incontinence for adults is uncertain. There is not enough evidence to determine whether acupuncture is more effective than drug treatment.

アブストラクト

成人の緊張性尿失禁に対する鍼療法

背景

緊張性尿失禁に対する鍼療法の使用頻度は、特にアジア地域で増加している。しかし、その有効性と副作用に対する評価はされていない。

目的

緊張性尿失禁に対する鍼療法の有効性と副作用について評価すること。

検索戦略

Cochrane Incontinence Group Specialised Register (2013年1月28日検索)、 EMBASE、AMED、Chinese Biomedical Literature Database (CBM)、 Chinese Acupuncture Trials Register and China National Knowledge Infrastructure (CNKI) (すべて2013年2月20日に検索)。更に、関連のある論文の参考文献リストを検索し、その分野の著者と試験実施者に連絡を取った。

選択基準

成人の緊張性尿失禁の治療における鍼療法に関するランダム化比較試験および準ランダム化比較試験で、他の治療法を伴わないもの。

データ収集と分析

2名のレビュー著者が独立して、適性と試験の質を評価し、データを抽出した。 適切な場合にデータのメタアナリシスを行った。

主な結果

17件の適性があるとされる研究を同定したが、女性60名の小規模の研究1件のみが組み入れ基準に適合した。研究は鍼療法と低血圧の治療薬であるミドドリンとを比較した。ランダム化の割り付けの隠蔽化がなく、アウトカム評価の盲検化が行われなかったため、バイアスのリスクが高かった。ランダム化の割り付けの隠蔽化がなく、アウトカム評価の盲検化が行われなかったため、バイアスのリスクが高かった。統計手法に関する記述はなかった。

鍼療法群ではより多くの女性が改善した(鍼療法73%vsミドドリン群33%、リスク比(RR)2.20、95%信頼区間(CI)1.27〜3.81)が、治癒率は低く、統計学的な有意差は認められなかった(13%vs7%、RR2.00、95%CI0.40〜10.11)。有害事象は薬剤群のみであった。

著者の結論

緊張性尿失禁の成人における鍼療法の効果は明らかではない。鍼療法が薬剤治療よりも効果的であると決定するエビデンスは十分ではない。

訳注

《実施組織》厚生労働省「「統合医療」に係る情報発信等推進事業」(eJIM:http://www.ejim.ncgg.go.jp/)[2016.1.9]
《注意》この日本語訳は、臨床医、疫学研究者などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、eJIM事務局までご連絡ください。なお、2013年6月からコクラン・ライブラリーのNew review, Updated reviewとも日単位で更新されています。eJIMでは最新版の日本語訳を掲載するよう努めておりますが、タイム・ラグが生じている場合もあります。ご利用に際しては、最新版(英語版)の内容をご確認ください。

Plain language summary

Acupuncture for stress urinary incontinence in adults

Stress urinary incontinence is a common disease among older people, especially women. The symptoms are leakage of urine when the person coughs, laughs or exercises. It affects social, psychological, physical and financial aspects of life. Acupuncture is used widely in Asian countries for this condition and frequency of use is increasing worldwide. From the viewpoint of traditional Chinese medicine, acupuncture could improve the symptoms of stress urinary incontinence by reinforcing qi (the vital substance constituting human body) and promoting recovery of the bladder's function. This review included only one small trial with 60 women. There was not enough evidence to assess the effects of acupuncture for stress urinary incontinence compared with drug treatment, and high-quality randomised controlled trials are needed.

平易な要約

成人の緊張性尿失禁に対する鍼療法

緊張性尿失禁は高齢者、特に女性の間で一般的な疾患である。症状は、咳や笑いの動作、運動で生じる尿漏れである。緊張性尿失禁は、生活の社会的、精神的、肉体的、経済的側面に影響がある。この症状に対する鍼療法はアジアの国々で広く用いられ、使用頻度は世界規模で増加している。中医学の観点では、鍼療法は気(肉体を構成する重要な要素)を増強し、膀胱の機能回復を促進することで、緊張性尿失禁の症状を改善するとされている。 本レビューは女性60名からなる小規模の試験1件のみを対象とした。薬剤治療と比較して、緊張性尿失禁に対する鍼療法の効果を評価するエビデンスは不十分であり、質の高いランダム化比較試験が必要である。

訳注

《実施組織》厚生労働省「「統合医療」に係る情報発信等推進事業」(eJIM:http://www.ejim.ncgg.go.jp/)[2016.1.9]
《注意》この日本語訳は、臨床医、疫学研究者などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、eJIM事務局までご連絡ください。なお、2013年6月からコクラン・ライブラリーのNew review, Updated reviewとも日単位で更新されています。eJIMでは最新版の日本語訳を掲載するよう努めておりますが、タイム・ラグが生じている場合もあります。ご利用に際しては、最新版(英語版)の内容をご確認ください。