Endometriosis: an overview of Cochrane Reviews

  • Review
  • Overview

Authors


Abstract

Background

This overview reports on interventions for pain relief and for subfertility in pre-menopausal women with clinically diagnosed endometriosis.

Objectives

The objective of this overview was to summarise the evidence from Cochrane systematic reviews on treatment options for women with pain or subfertility associated with endometriosis.

Methods

Published Cochrane systematic reviews reporting pain or fertility outcomes in women with clinically diagnosed endometriosis were eligible for inclusion in the overview. We also identified Cochrane reviews in preparation (protocols and titles) for future inclusion. The reviews, protocols and titles were identified by searching the Cochrane Database of Systematic Reviews and Archie (the Cochrane information management system) in March 2014.

Pain-related outcomes of the overview were pain relief, clinical improvement or resolution and pain recurrence. Fertility-related outcomes were live birth, clinical pregnancy, ongoing pregnancy, miscarriage and adverse events.

Selection of systematic reviews, data extraction and quality assessment were undertaken in duplicate. Review quality was assessed using the AMSTAR tool. The quality of the evidence for each outcome was assessed using GRADE methods. Review findings were summarised in the text and the data for each outcome were reported in 'Additional tables'.

Main results

Seventeen systematic reviews published in The Cochrane Library were included. All the reviews were high quality. The quality of the evidence for specific comparisons ranged from very low to moderate. Limitations in the evidence included risk of bias in the primary studies, inconsistency between the studies, and imprecision in effect estimates.

Pain relief (14 reviews)

Gonadotrophin-releasing hormone (GnRH) analogues

One systematic review reported low quality evidence of an overall benefit for GnRH analogues compared with placebo or no treatment.

Ovulation suppression

Five systematic reviews reported on medical treatment using ovulation suppression. There was moderate quality evidence that the levonorgestrel-releasing intrauterine system (LNG-IUD) was more effective than expectant management, and very low quality evidence that danazol was more effective than placebo. There was no consistent evidence of a difference in effectiveness between oral contraceptives and goserelin, estrogen plus progestogen and placebo, or progestogens and placebo, though in all cases the relevant evidence was of low or very low quality.

Non-steroidal anti-inflammatory drugs (NSAIDS)

A review of NSAIDs reported inconclusive evidence of a benefit in symptom relief compared with placebo.

Surgical interventions

There were two reviews of surgical interventions. One reported moderate quality evidence of a benefit in pain relief following laparoscopic surgery compared to diagnostic laparoscopy only. The other reported very low quality evidence that recurrence rates of endometriomata were lower after excisional surgery than after ablative surgery.

Post-surgical medical interventions

Two reviews reported on post-surgical medical interventions. Neither found evidence of an effect on pain outcomes, though in both cases the evidence was of low or very low quality.

Alternative medicine

There were two systematic reviews of alternative medicine. One reported evidence of a benefit from auricular acupuncture compared to Chinese herbal medicine, and the other reported no evidence of a difference between Chinese herbal medicine and danazol. In both cases the evidence was of low or very low quality.

Anti-TNF-α drugs

One review found no evidence of a difference in effectiveness between anti-TNF-α drugs and placebo. However, the evidence was of low quality.

Reviews reporting fertility outcomes (8 reviews)

Medical interventions

Four reviews reported on medical interventions for improving fertility in women with endometriosis. One compared three months of GnRH agonists with a control in women undergoing assisted reproduction and found very low quality evidence of an increase in clinical pregnancies in the treatment group. There was no evidence of a difference in effectiveness between the interventions in the other three reviews, which compared GnRH agonists versus antagonists, ovulation suppression versus placebo or no treatment, and pre-surgical medical therapy versus surgery alone. In all cases the evidence was of low or very low quality.

Surgical interventions

Three reviews reported on surgical interventions. There was moderate quality evidence that both live births or ongoing pregnancy rates and clinical pregnancy rates were higher after laparoscopic surgery than after diagnostic laparoscopy alone. There was low quality evidence of no difference in effectiveness between surgery and expectant management for endometrioma. One review found low quality evidence that excisional surgery resulted in higher clinical pregnancy rates than drainage or ablation of endometriomata.

Post-surgical interventions

Two reviews reported on post-surgical medical interventions. They found no evidence of an effect on clinical pregnancy rates. The evidence was of low or very low quality.

Alternative medicine

A review of Chinese herbal medicine in comparison with gestrinone found no evidence of a difference between the groups in clinical pregnancy rates. However, the evidence was of low quality.

Adverse events

Reviews of GnRH analogues and of danazol reported that the interventions were associated with higher rates of adverse effects than placebo; and depot progestagens were associated with higher rates of adverse events than other treatments. Chinese herbal medicine was associated with fewer side effects than gestrinone or danazol.

Three reviews reported miscarriage as an outcome. No difference was found between surgical and diagnostic laparoscopy, between GnRH agonists and antagonists, or between aspiration of endometrioma and expectant management. However, in all cases the quality of the evidence was of low quality.

Authors' conclusions

For women with pain and endometriosis, suppression of menstrual cycles with gonadotrophin-releasing hormone (GnRH) analogues, the levonorgestrel-releasing intrauterine system (LNG-IUD) and danazol were beneficial interventions. Laparoscopic treatment of endometriosis and excision of endometriomata were also associated with improvements in pain. The evidence on NSAIDs was inconclusive. There was no evidence of benefit with post-surgical medical treatment.

In women with endometriosis undergoing assisted reproduction, three months of treatment with GnRH agonist improved pregnancy rates. Excisional surgery improved spontaneous pregnancy rates in the nine to 12 months after surgery compared to ablative surgery. Laparoscopic surgery improved live birth and pregnancy rates compared to diagnostic laparoscopy alone. There was no evidence that medical treatment improved clinical pregnancy rates.

Evidence on harms was scanty, but GnRH analogues, danazol and depot progestagens were associated with higher rates than other interventions.

摘要

子宮內膜異位症:縱觀考科藍文獻回顧

背景

本次文獻回顧針對臨床診斷為子宮內膜異位症 (endometriosis) 的停經前女性,探究緩解疼痛及治療低生育力 (subfertility) 的相關介入。

目的

本次文獻回顧的目的旨在概述來自考科藍系統性文獻回顧的證據,探討子宮內膜異位症女性患者的疼痛或低生育力治療選擇。

方法

本次文獻回顧納入已發表的考科藍系統性文獻回顧,探討臨床診斷為子宮內膜異位症的女性患者,其疼痛或生育力結果。我們也找尋籌備中的考科藍文獻回顧 (試驗計畫書與標題),以備未來將其納入文獻回顧。我們於2014年3月搜尋考科藍系統性回顧暨檔案檢索系統 (Cochrane Database of Systematic Reviews and Archie) (考科藍資訊管理系統),找尋文獻回顧、試驗計畫書和標題。

文獻回顧的疼痛相關結果為疼痛緩解、臨床改善或治癒,以及疼痛復發。生育力相關結果則為活產、臨床懷孕 (clinical pregnancy)、持續懷孕 (ongoing pregnancy)、流產和不良事件。

以一式兩份的方式選擇系統性文獻回顧、萃取資料和評估品質。利用AMSTAR工具評估文獻回顧的品質,並採用GRADE方法評估各項結果的證據品質。回顧結果匯整摘述於內文,並以「附表」的方式呈現各項結果的數據。

主要結果

我們納入17篇發表於考科藍圖書館的系統性文獻回顧,所有文獻回顧均具有高品質。具體比較的證據品質範圍介於極低至中等之間,證據的限制包括原始試驗的偏差風險、各試驗之間的不一致性,以及效果估計不夠精確。

緩解疼痛 (14篇文獻回顧)

促性腺激素釋放素 (Gonadotrophin-releasing hormone, GnRH) 類似物

有1篇系統性文獻回顧指出,相對於安慰劑或無治療組,GnRH 的整體效益證據品質偏低。

抑制排卵

有5篇系統性文獻回顧探討抑制排卵作用的內科治療。「levonorgestrel 子宮內投藥系統 (levonorgestrel-releasing intrauterine system, LNG-IUD) 療效優於預期處置 (expectant management)」的證據品質中等;「danazol優於安慰劑」的證據品質極低。關於口服避孕藥和goserelin、雌激素 (estrogen) 加黃體素 (progestonge) 和安慰劑,或黃體素和安慰劑的療效差異比較,所得到的證據並不一致,雖然所有相關證據的品質均偏低或極低。

非類固醇類消炎劑 (Non-steroidal anti-inflammatory drug, NSAID)

關於NSAID的文獻回顧指出,相對於安慰劑,並無明確證據顯示NSAID可有效緩解症狀。

外科手術介入

有2篇關於外科手術介入的文獻回顧,其中1篇文獻回顧指出,相較於僅進行診斷性腹腔鏡檢查 (laparoscopy),「腹腔鏡外科手術後可緩解疼痛」的證據品質中等;另1篇文獻回顧指出相較於分離手術 (ablative surgery),切除手術 (excisional surgery) 後子宮內膜異位瘤 (endometriomata) 的復發率較低,但證據品質極低。

手術後內科介入

有2篇文獻回顧提出關於手術後內科介入的報告,並未發現對疼痛結果具有影響,雖然2篇文獻回顧所收集的證據品質偏低或極低。

另類醫學

有2篇關於另類醫學的系統性文獻回顧,其中1篇提出耳針 (auricular acupuncture) 的療效優於中草藥 (Chinese herbal medicine) 的證據,另1篇則指出並無證據顯示中草藥和danazol的療效具有差異。2篇文獻回顧所收集的證據品質偏低或極低。

抗α腫瘤壞死因子藥物 (Anti-TNF-α drug)

有1篇文獻回顧發現,並無證據顯示抗α腫瘤壞死因子藥物的療效,與安慰劑不同。不過此篇文獻回顧所收集的證據品質偏低。

生育力結果的文獻回顧 (8篇文獻回顧)

內科介入

有4篇文獻回顧提出以內科介入,改善子宮內膜異位症患者生育力的相關報告。有1篇文獻回顧針對接受人工協助生殖 (assisted reproduction) 的女性,比較3個月的GnRH促效劑組和對照組,結果發現治療組的臨床懷孕率增加,但證據品質極低。其他3篇文獻回顧,並未發現這些介入具有療效差異,上述文獻回顧比較GnRH促效劑和拮抗劑、排卵抑制和安慰劑或無治療介入,以及手術前內科治療與單獨使用外科手術等介入方式。所有文獻回顧收集的證據品質均偏低或極低。

外科手術介入

有3篇文獻回顧提出關於外科介入的報告。相較於單獨使用診斷性腹腔鏡檢查,進行腹腔鏡手術後患者的活產或持續懷孕率與臨床懷孕率均較高,此項證據品質中等。外科手術和預期處置對子宮內膜異位瘤的療效並無差異,此項證據品質偏低。有1篇文獻回顧發現,相較於子宮內膜異位瘤引流或分離手術,切除手術後的臨床懷孕率較高,此項證據品質低。

手術後介入

有2篇文獻回顧報告外科手術後的內科介入。研究者並未發現對臨床懷孕率有影響的證據,此項證據品質偏低或極低。

另類醫學

有1篇文獻回顧比較中草藥與gestrinone,並未發現2個治療組的臨床懷孕率有差異,不過此項證據品質偏低。

不良作用

GnRH類似物和danazol的文獻回顧指出,這些介入的不良作用發生率高於安慰劑;持續型黃體素 (depot progestagen) 的不良事件發生率高於其他治療。中草藥的副作用比gestrinone或danazol少。

有3篇文獻回顧以流產為結果。外科手術和診斷性腹腔鏡檢查、GnRH促效劑和拮抗劑,或子宮內膜瘤抽吸術和預期處置的流產發生率,並無組間差異。不過所有的證據品質皆偏低。

作者結論

對於有經痛和子宮內膜異位症的女性患者,使用促性腺激素釋放素 (Gonadotrophin-releasing hormone, GnRH) 類似物、levonorgestrel 子宮內投藥系統 (levonorgestrel-releasing intrauterine system, LNG-IUD)和danazol抑制月經週期,可能是有效的治療方法。以腹腔鏡手術治療子宮內膜異位症並切除子宮內膜瘤,也可以改善疼痛症狀。NSAID的證據比較不明確,並無證據顯示手術後的內科治療具有療效。

對於進行人工協助生殖的子宮內膜異位症女性患者,接受3個月的GnRH促效劑治療可以提高懷孕率。相對於分離手術,切除手術將可提高手術後9至12個月內的自然懷孕率。相較於僅使用診斷性內視鏡檢查,內視鏡手術可提高活產和懷孕率。並無證據顯示內科治療能提高臨床懷孕率。

雖然極為欠缺傷害的相關證據,但GnRH類似物、danazol和持續型黃體素的不良作用發生率,高於其他介入。

譯註


翻譯者:臺北醫學大學實證醫學研究中心
本翻譯計畫由衛生福利部補助經費,臺北醫學大學實證醫學研究中心、台灣實證醫學學會及東亞考科藍聯盟(EACA)統籌執行。

アブストラクト

子宮内膜症:コクランレビューの概要

背景

この概要では、臨床的に子宮内膜症と診断された閉経前の女性の疼痛緩和および低妊孕性に対する介入について報告する。

目的

この概要の目的は、子宮内膜症に起因する疼痛を有する女性または低妊孕性の女性に対する治療の選択肢について、コクランシステマティックレビューから得られたエビデンスを要約することであった。

方法

発表されたコクランシステマティックレビューは、臨床的に子宮内膜症と診断された女性における疼痛アウトカムまたは妊孕性能アウトカムを報告しており、この概要に含めるのに適格であった。今後の選択に備えて準備中(プロトコルとタイトル)のコクランレビューを確認した。そのレビュー、プロトコル、タイトルは2014年3月にCochrane Database of Systematic Reviews and Archie (the Cochrane information management system)を検索する事によって確認された。

この概要の疼痛関連アウトカムは疼痛緩和、臨床的改善または症状消失、そして痛みの再発であった。妊孕性関連アウトカムは生児出生、臨床的に確認された妊娠、妊娠の継続、流産、そして有害事象であった。

システマティックレビューの選択、データの抽出と質的評価は繰り返して試みた。レビューの質はAMSTAR ツールを使って評価した。個々のアウトカムに対するエビデンスの質はGRADE 法を用いて評価した。。レビューの結果は、本文中に要約され、個々のアウトカムについてのデータは’Additional tables’の中で報告された。

主な結果

The Cochrane Libraryで公表された17件のシステマティックレビューを含めたを含めた。すべてのレビューは質が高かった。個々の比較に関するエビデンスの質は非常に低いから中等度までの範囲であった。エビデンスの限界には、予備試験におけるバイアスのリスク、研究間の不一致、および効果の推定値における不正確さが含まれた。

疼痛緩和(14件のレビュー)

ゴナドトロピン放出ホルモン(GnRH)アナログ

プラセボまたは無治療と比較して、GnRHアナログの全体的有益性に関する質の低いエビデンスが1件のシステマティックレビューによって報告された。

排卵抑制

5件のシステマティックレビューは、排卵抑制剤を使用した内科的治療について報告した。レボノルゲストレル放出子宮内システム(LNG-IUD)は待機的管理に比較してより有効であるという中等度の質のエビデンスが存在し、ダナゾールはプラセボに比較してよりも有効であるという非常に質の低いエビデンスが認められた。経口避妊薬とゴセレリン、エストロゲン+プロゲストーゲンとプラセボ、またはプロゲストーゲンとプラセボとの間の有効性の差について一貫したエビデンスは存在しない。とはいえ、すべての症例で関連のあるエビデンスは質が低いか非常に質が低かった。

非ステロイド抗炎症薬(NSAIDs)

NSAIDsについてのレビューでは プラセボと比較して症状緩和の有益性について結論に到達しないエビデンスが報告された。

外科的介入

外科的介入に関する2件のレビューが存在した。1件のレビューでは、診断的腹腔鏡検査単独と比較した腹腔鏡下手術後の疼痛緩和の有益性の中等度の質のエビデンスが報告された。もう1件では、切除術後の子宮内膜腫の再発率がアブレーション後より低いという非常に質の低いエビデンスが報告された。

手術後の内科的介入

2件のレビューでは、手術後の内科的介入について報告された。2件の症例ともエビデンスは質が低いか非常に質が低かったが、どちらも疼痛アウトカムに対する効果を示すエビデンスは認められなかった。

代替医療

代替医療の2件のシステマティックレビューが存在した。1件のレビューでは漢方薬と比較して耳介の鍼治療からの有益性を示すエビデンスが、もう1件では漢方薬とダナゾールとの間の差を示すエビデンスは無いと報告された。2件の症例においてエビデンスは質が低いか非常に質が低かった。

抗TNF-α薬

1件のレビューでは、抗TNF-α薬とプラセボとの間の有効性における差についてのエビデンスは認められなかった。しかしながらそのエビデンスは質が低かった。

妊孕性能アウトカムについて報告しているレビュー(8件のレビュー)

内科的介入

4件のレビューでは、子宮内膜症の女性の妊孕性能の改善に関する内科的介入に関して報告された。1件のレビューでは、生殖補助医療を受けている女性においてGnRHアゴニストを3カ月間対照と比較し、治療群における臨床妊娠の増加の非常に質の低いエビデンスが認められた。その他の3件のレビューにおける介入の有効性の差を示すエビデンスが存在しなかった。その3件の介入とは、GnRHアゴニストとアンタゴニスト、排卵抑制とプラセボまたは無治療、術前の内科的療法と手術単独の比較であったすべてのケースにおいてエビデンスの質は低いか非常に質が低かった。

外科的介入

3件のレビューでは、外科的介入に関する報告があった。生児出生率または継続妊娠率および臨床妊娠率は共に診断的腹腔鏡検査単独後よりも腹腔鏡下手術の後の方がより高いという中程度の質のエビデンスがあった。子宮内膜症に関して手術と待機的管理との間には有効性に差が無いという質の低いエビデンスが存在した。1件のレビューでは、切除術は結果的にドレナージまたは子宮内膜腫のアブレーションより高い臨床妊娠率になるという質の低いエビデンスが認められた。

術後介入

2件のレビューでは、手術後の内科的介入について報告された。それらのレビューでは、臨床妊娠率に対する効果を示すエビデンスは認められなかった。そのエビデンスの質は低いか非常に低かった。

代替医療

ゲストリノンと比較した漢方薬の1件のレビューでは、臨床妊娠率におけるグループ間の差を示すエビデンスが認められなかったしかしながらそのエビデンスは質が低かった。

有害事象

GnRHアナログのレビューとダナゾールのレビューでは、その介入によってプラセボに比較して有害事象がより高率になり;プロゲステロン徐放性製剤では他の治療法に比較して有害事象がより高率になることが報告された。漢方薬はゲストリノンやダナゾールに比較してより副作用が少なかった。

3件のレビューではアウトカムとして流産が報告された。手術と診断的腹腔鏡検査との間、GnRHアゴニストとアンタゴニストとの間、または子宮内膜腫の吸引と待機的管理との間の差は認められなかった。しかしながらすべての症例でエビデンスの質は低かった。

著者の結論

疼痛および子宮内膜症を有する女性にとってゴナドトロピン放出ホルモン(GnRH)アナログ、レボノルゲストレル放出子宮内システム(LNG-IUD)、およびダナゾールによる月経周期の抑制は有益な介入であった。子宮内膜症の腹腔鏡検査治療と子宮内膜腫切除術によっても疼痛が改善する。NSAIDsのエビデンスは決定的なものではなかった。手術後の内科的有益性を示すエビデンスは認められなかった。

生殖補助医療を受けている子宮内膜症の女性において、GnRHアゴニストを用いた3カ月の治療によって妊娠率が改善された。切除術はアブレーションと比較して、術後9カ月から1カ月の自然妊娠率を改善した。腹腔鏡下手術は診断的腹腔鏡術のみの場合と比較して、生児出生率および妊娠率を改善した。内科的治療が臨床的妊娠率を改善したというエビデンスは存在しなかった。

有害性のエビデンスはわずかだが、GnRHアナログ、ダナゾール、プロゲステロン徐放剤は他の介入に比較してより高い割合になった。

訳注

《実施組織》厚生労働省「「統合医療」に係る情報発信等推進事業」(eJIM:http://www.ejim.ncgg.go.jp/)[2016.8.9]
《注意》この日本語訳は、臨床医、疫学研究者などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、eJIM事務局までご連絡ください。なお、2013年6月からコクラン・ライブラリーのNew review, Updated reviewとも日単位で更新されています。eJIMでは最新版の日本語訳を掲載するよう努めておりますが、タイム・ラグが生じている場合もあります。ご利用に際しては、最新版(英語版)の内容をご確認ください。

Plain language summary

Endometriosis: an overview of Cochrane Reviews

Background

Cochrane review authors examined the evidence on endometriosis from Cochrane systematic reviews published in The Cochrane Library. We aimed to summarise the evidence on treatment options that are available to women with pain or subfertility, or both, associated with clinically diagnosed endometriosis.

Study characteristics

We included 17 Cochrane systematic reviews. Fourteen reported measures of pain relief and eight reported fertility outcomes. All the reviews were high quality. The quality of the evidence for specific comparisons and outcomes ranged from very low to moderate, due to limitations in the primary studies, inconsistency between the studies and imprecision in the findings.

Key results

A number of interventions appeared effective in alleviating pain in women with endometriosis. These were gonadotrophin-releasing hormone (GnRH) analogues when compared with placebo, the levonorgestrel-releasing intrauterine system (LNG-IUD) compared with expectant management, danazol compared with placebo, and progestagens and anti-progestagens compared with placebo. Laparoscopic surgical interventions also appeared to be effective for pain.

In women with endometriosis undergoing assisted reproduction, three months of treatment with GnRH agonist improved pregnancy rates. Excisional surgery improved spontaneous pregnancy rates in the nine to 12 months after surgery compared to ablative surgery. Laparoscopic surgery improved live birth and pregnancy rates compared to diagnostic laparoscopy alone. There was no evidence that medical treatment improved clinical pregnancy rates.

Evidence on harms was scanty but GnRH analogues and danazol were associated with higher rates of adverse effects than placebo, and depot progestagens were associated with higher rates than other treatments.

淺顯易懂的口語結論

子宮內膜異位症:縱觀考科藍文獻回顧

背景

考科藍文獻回顧作者依據考科藍圖書館所發表的考科藍系統性文獻回顧,檢視子宮內膜異位症的證據。我們的目的在於摘述經臨床診斷患有子宮內膜異位症,並因此出現經痛或低生育力或兩者的女性可利用的治療選擇。

試驗特色

我們納入17篇考科藍系統性文獻回顧,其中有14篇文獻回顧提及疼痛緩解的狀況,有8篇文獻回顧報告生育力的結果。所有的文獻回顧品質皆高,但受限於原始試驗、各試驗間的不一致性,以及結果不夠精確,具體比較和結果的證據品質,則介於極低至中等之間。

重要結果

某些介入顯然可有效緩和子宮內膜異位症女性患者的疼痛症狀,包括促性腺激素釋放素 (Gonadotrophin-releasing hormone, GnRH) 類似物 (相對於安慰劑)、levonorgestrel 子宮內投藥系統 (levonorgestrel-releasing intrauterine system, LNG-IUD) (相對於預期處置 [expectant management])、danazol (相對於安慰劑),以及黃體素和抗黃體素 (相對於安慰劑)。內視鏡手術介入顯然也可有效緩解經痛。

對於進行人工協助生殖的子宮內膜異位症女性患者,接受3個月的GnRH促效劑治療可以提高懷孕率。相對於分離手術,切除手術將可提高手術後9至12個月內的自然懷孕率。相較於僅使用診斷性內視鏡檢查,內視鏡手術可提高活產和懷孕率。並無證據顯示內科治療能提高臨床懷孕率。

雖然非常欠缺關於傷害的證據,但GnRH類似物和danazol的不良作用發生率高於安慰劑;而持續型黃體素的不良作用發生率,則高於其他介入。

譯註


翻譯者:臺北醫學大學實證醫學研究中心
本翻譯計畫由衛生福利部補助經費,臺北醫學大學實證醫學研究中心、台灣實證醫學學會及東亞考科藍聯盟(EACA)統籌執行。

平易な要約

子宮内膜症:コクランレビューの概要

背景

コクランレビューアーらは、The Cochrane Libraryで公表したコクランシステマティックレビューから得られた子宮内膜症のエビデンスについて検討した。我々は、臨床的に診断された子宮内膜症に関連して疼痛か低妊孕性、またはその両方を有する女性に利用出来る治療の選択肢のエビデンスを要約することを目的とした。

研究の特性

17件のコクランシステマティックレビューを含めた。14件のレビューは疼痛緩和の指標を、8件のレビューは妊孕性能アウトカムを報告した。すべてのレビューは質が高かった。予備試験の限界、その研究間の不一致、そして結果の不正確さによって、個々の比較とアウトカムに関するエビデンスの質は非常に低いから中等度までの範囲であった。

主な結果

多くの介入は、子宮内膜症の女性の疼痛緩和に有効であると考えられた。それらは、プラセボと比較した場合のゴナドトロピン放出ホルモン(GnRH)アナログ、待機的管理と比較したレボノルゲストレル放出子宮内システム(LNG-IUD)、プラセボと比較したダナゾール、そしてプラセボと比較したプロゲストーゲンと抗プロゲストーゲンであった。腹腔鏡下手術の介入も疼痛に有効であると考えられた。

生殖補助医療を受けている子宮内膜症の女性において、GnRHアゴニストを用いた3カ月の治療によって妊娠率が改善された。切除術はアブレーションと比較して、術後9カ月から1カ月の自然妊娠率を改善した。切除術はアブレーションと比較して、術後9カ月から1カ月の自然妊娠率を改善した。内科的治療が臨床的妊娠率を改善したというエビデンスは存在しなかった。

有害性を示すエビデンスはわずかであるが、GnRHアナログ、ダナゾールではプラセボと比較して有害作用の割合がより高く、プロゲステロン徐放剤では他の治療に比較してより有害作用の割合が高くなった。

訳注

《実施組織》厚生労働省「「統合医療」に係る情報発信等推進事業」(eJIM:http://www.ejim.ncgg.go.jp/)[2016.8.9]
《注意》この日本語訳は、臨床医、疫学研究者などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、eJIM事務局までご連絡ください。なお、2013年6月からコクラン・ライブラリーのNew review, Updated reviewとも日単位で更新されています。eJIMでは最新版の日本語訳を掲載するよう努めておりますが、タイム・ラグが生じている場合もあります。ご利用に際しては、最新版(英語版)の内容をご確認ください。

Ancillary